人気ブログランキング |

<   2014年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

d0000995_151256.jpg

肌寒い日曜日。日本には関係ないけど、西洋ではイースターサンデーだそうで、キリスト教の皆様、おめでとうござます。
アメリカのファミリー(?)からメッセージをもらい今日がイースターだと気づかされました。
今日あたり家族が集まって一緒に食事をするんだろうな~。

それはさておき、日曜なので尺八グループに行ってまいりました。駐車場が混んでいて、今日も町の文化祭でした。先週はそのため尺八はお休みでしたが、今日はやってました。部屋に入りしばらく練習をしているとおばさんが入ってきて、「●●さんいますか?」と尋ねていました。●●さんというのは今年からこの会の会長を務めている人です。●●さんはようこそとあいさつしていました。どうもこの尺八の会に入会を希望している人のようです。女性のメンバーが増えるのは歓迎でした。私はそちらを見ずに練習していたのですが、大きな声でしゃべる女の人の声は部屋の反対側にいる私のところまで響いてきます。ふと耳にした「▲●さん」と言うその人の
苗字になにかを感じそちらをよく見ました。ん、、、、あの横顔、、、。見覚えがあるような。
彼女の発する言葉のはしはしに記憶を呼び戻すものがありました。
ふと視線を私は彼女に向け、じっと見ました。
彼女は●●さんと話していてこちらには向いていませんでした。
どうも私の知っている人のようでしたが、私には自信がありませんでした。
しばらくじっと見ていると私の視線にきづいたのかその人も私の方を見ました。彼女もすぐには認知できなかったのか無反応でこちらを見ていました。そして数秒後、
「まーちゃん、まーちゃんじゃない?」と叫びました。
60歳の男に向かってまーちゃんはねえ。
尺八のメンバーも彼女が私を「まーちゃん」と呼んでちょっと驚いているようでした。

その人は小、中学校の同級生でしかも近所の幼友達でした。中学卒業後はほとんど会うことはなく、10年ほど前に同窓会で再会するまであったことはありませんでした。しかも私は彼女を見たとき誰だかわかりませんでした。しかし彼女はその時も「あら、まーちゃん」と子供のころの呼び名をすぐに呼んで私を認知できました。

彼女は先生になり、教頭、校長と登り詰め、ことし退職したので、暇な時間を趣味に費やそうと思い、尺八に興味があったので、公民館でサークルがあると聞き様子を見に来たのでした。それからは「まーちゃん、まーちゃん」と子供のころの名前を連呼され恥ずかしい思いをしました。でも彼女自身も「まさこ」なのでまーちゃんですよね~。ま、私は「まさこちゃん」と呼んでいましたが。
どうも私の人生に「まさこ」という名前の人は付きまとうようです。
by Marrrsan | 2014-04-20 15:26 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)

パートタイムファーマー

今日は午前中絵の制作に費やしましたが、ある畑に問題があり、私しか問題を解決する人がいないので、
仕方なしに出かけました。

その畑の隣も以前は桑畑だったのですが、その土地の持ち主はまったく手を加えないのでいつしか篠が生え放題に生え、畑の向こう側が見えないほどの篠の森になっていました。そして今年2月の大雪のためだったのでしょうか(実をいうと私はアメリカにいたので真実は知りません)、篠が枯れてほとんどの篠がわが実家の土地に倒れ掛かって来ていたのです。隣の家では何もしないので仕方なくとにかく道のところは整理しないと土地に入れないので、その片づけをやりました。2時間ほどの仕事でしたが、かなり疲れました。帰ろうと軽トラまでいき、乗り込むと鍵が、車の鍵がない。
そこで思い出したのはそうなんです、ズボンのポケットは穴が開いていたのです。 あの草ぼうぼうの畑で車の鍵を探し出すのは大変。でもとにかく探さなければなりません。自分がいたところを中心に探していると
幸運にも鍵が見つかりました。

でも、この仕事ですっかり体が疲れて何もする気になれず、ぐったり。寄る年波には勝てません。

by Marrrsan | 2014-04-19 23:07 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)

ヤクオフ

d0000995_225168.jpg


ヤクオフで面白いものを見つけ、つい購入してしまいました。
そう高くはなかったで、大丈夫かなとも思い、またその人から購入した他の人の評価はだいぶ良かったので買ったのですが、その品物が本日届きました。
わくわくしながら入っていた箱を開けました。それはペーパータオルにしっかりと包まれていました。
そしてそれをとると、素敵な姿が現れてきました。
し、しかしよく見ると

な、なんじゃ、こりゃ〜〜〜〜!

そして、試してみると、

えっ、え~~~~~っ

欠陥品だ〜。

くそう!突っ返してお金を返してもらいたいと思ったけど、ノークレーム、ノーリターン!
信じた私がバカだった。今までこんな経験をしたことはありません。
とんだ食わせ物を送ってこられました。
甘い言葉とうまい写真に惑わされた私。
高い授業料でした。

品物は何かって?
騙されたことが恥ずかしくてとても言えません。
by Marrrsan | 2014-04-18 22:06 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(4)

不安

d0000995_2226021.jpg

                 写真と内容は関係ありません。


今日の明け方、ぼんやりとした不安な夢を見たような気がしました。
夢の記憶はほとんどないのですが、私の人生について不安を掻き立てる夢で
半分目覚めた頭の中でいろいろ考えていました。

いま、いろいろな事が私の中に押し寄せてきて、どれも解決できない難しい問題に
なっているような気がしました。何も解決できないので、逃げてしまいたいという思いに
かられました。作品提出の締め切りが迫り、全然できていないので、もうそれは放り投げてしまいたい。もう、版画も絵画も投げ捨ててひっそりくらしたい。もうやっていく自信もの才能も今の
私にはないという思いが強く感じられました。楽しかった音楽でさえ、面倒でどうでもいい。
あれもこれも切り離して、どこかに逃げたいという、ネガティブな思いに私の考えは
縛られていました。非常に重苦しい感情のままベッドから起きました。
それでも時間がたつにつれ、ネガティブな思い少しは軽くなっていくようでした。
でも絵を捨ててしまおうという思いはかすかに残りました。自分の才能に全然自信が
持てなくなってしまったのです。
本当に私はこの道を歩いてきて良かったのか?

夕方、複雑な思いのまま散歩に出ました。
絵を捨てたい、でも来年4月まで予定が入っている。まずは、今月末までに作品を提出しなければ
ならない。そして、版画協会の広報として仕事もある。6月、8月、11月と展覧会の予定がすでに
入っている。そして来年4月の個展。しなければならないことが、、、、。私の作品は時間がかかるので、もうすでにパニック状態。

そう考えていると、それならとにかく来年4月まで頑張ってみようじゃないかというポジティブな思いが突然浮かびました。悩んでいる暇があったら、制作に時間をかけてとにかく来年4月まで突っ走ってみようという思いでいっぱいになり、次第に不安な気持ちは薄れていくようでした。
by Marrrsan | 2014-04-17 22:26 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(4)

新しい人々

d0000995_21544592.jpg


今日はカルチャー教室に男性が初参加する日でした。
私はどんな人が来るだろうかと興味がありました。普通に考えれば、平日の午前中のクラスに出られるのは
仕事を退職した人でご老人だろうと予想していました。
そうしたら何と、なんと!!



予想は大外れ!!!!
若い超イケメンの人でした~。


と言えるようなサプライズは起こらず、予想どうりの人のよさそうな感じのおじいさんでした。
5人のおばさんに囲まれ、うれしそうにも見えたかな?
とにかく頑張ってました。

夕方は町の公民館での英語のサークル。
実はマンネリ化して来ていて、あまり気が進まなかったのですが、
それでも惰性で出ました。私も入れても6人ほどで、7時15分の段階で
ALTの先生は誰もいず、やっぱり来なければよかったかな~と少し後悔。
すると2人のALTと一人の若い日本人(にみえた)が部屋に遅れて入ってきました。
その人はALTの友人だといいました。そして2人のALTをカリフォルニアのバークレーで
知り合った友人だという事がわかりました。
彼は厳密には中国人の両親を持つアメリカ人で小学校までニューハンプシャーで
育ち、そのあと13年間上海のインターナショナル スクールで学びそこを卒業後バークレー大学で
コンピューターサイエンスを学んだそうで、英語は彼にとって母国語。さらに中国語、日本語まで
できるトライリンガルの人でした。
彼は日本語を日本アニメを通して学んだといってました。そしてバークレーでは日本語を副専攻にして日本語を学び、本当に普通に完璧に近い日本語も話せました。
という事で以外にも楽しい時間を英語会話のサークルでも過ごせて幸せでした。
by Marrrsan | 2014-04-16 21:57 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)

あしたのために

いよいよ明日はカルチャー教室の色鉛筆入門クラスの第2回目です。
予定では都合で休講していた生徒一人と、明日から参加する新人の男性の
二人が増えて6人になる予定。誰も休まなければですが。
そのための準備にあれこれとして時間に追われ、なんとか終わりました。
あとは明日は明日の風に任せます。
そうそう風と言えば風邪もよくなっているといいのですが。

下の作品は2年目の生徒の課題に出した作品で私がサンプル用に仕上げて描いたもの。

d0000995_2254332.jpg

by Marrrsan | 2014-04-15 22:55 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)

忙しい日

d0000995_2035260.jpg


血圧の薬が切れるので、朝早く尺八の練習の前に医者に行きました。
ほとんど待つことなく、すぐに診察。血圧を測ると 160-100でした。でもわたしが家で測ると130-82だったんだけどね~。血圧って医者で測ると高くなるとはいうものの、ちょっと高くなりすぎ?あるいはうちの血圧計が壊れてる??

医者が早く終わったので尺八の始まるまで時間があったのでゆっくりとF市の公民館へ向かいました。たまたま今日はコーラスのクラスがあるので、遅くいくと駐車場に車を置くところがなくなってしまうので、早く着くのは
そう悪くはないと思いました。
今日は尺八の金古流本曲「雲井獅子」の1行だけを練習しました。普段やる童謡、民謡、歌謡曲などと違い、尺八本来の吹き方を使った曲で「ナエシ」とか「スル」とか特別な吹き方が出てきて
いつもの5つの穴を抑えるだけの演奏とは違い難しいです。しかし、尺八本来の演奏の仕方を習うのはとても面白いと思いました。今までの曲だとリコーダーを吹いているのと大して異ならないような気がしていたので。

尺八の練習が終わると急いで家に帰りました。パソコンの出張修理人が来るからです。形態を家に忘れていたので、家に帰って携帯をみるとすでに修理の人から電話があったようでした。
急いで昼飯を作り食べていると、修理人から電話があり、午後1時に来てもらうように言いました。
時間通りに修理人はやって来て、修理に取り掛かりました。呼ばれていくと、なんと無くなっていたWEBカメラはカメラを保護する紙を取り除いていなくてカメラのレンズが隠れていたという事でした。まさに初歩的な修理工場でのミス。そしてバッテリーは新しいものを取り付けていただきました。こんな簡単なことなのにごたごたに巻き込まれいい迷惑でした。修理工場でしっかり点検すればよかった問題です。きつく富士通にも苦情の手紙を出そうかと迷っています。

さて、携帯には実は2つの留守電が入っていて、修理人からともう一つあったのです。
それはカルチャー教室からのものでした。なにか一瞬悪い知らせだろうかと不安になりました。
1回目に出たけれど、面白くなかったので辞めるとか、先生がつまらないので辞めたいとかそんな苦情が
来ていたとかいう知らせかと・・・・
恐る恐るカルチャー教室に電話をすると、新しい人が次回から参加するので準備をよろしくといういい知らせでした。
by Marrrsan | 2014-04-14 20:35 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)

13と7

本日は母の7回忌そして義兄の13回忌をまとめてやりました。
d0000995_8412935.jpg


坊さんに拝んでもらい、そのあと墓地にお墓参り。そして食事会。

d0000995_8425365.jpg
d0000995_843572.jpg


風邪気味というのに食欲旺盛。一番食べていたかも。(爆)
by Marrrsan | 2014-04-13 18:40 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)

不調

どうも風邪をひきかかっているらしく、体調不良。
これにて失礼。

by Marrrsan | 2014-04-12 21:42 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)

PC修理その2

さて、昨日PCの修理問題について書きました。一応訪問修理人を派遣して
修理させるという事に落ち着き私もほっと一息。

そして今朝のこと。
PCを起動させて、下の方のを見るとそこには電池のアイコンがあり、ふつうは充電中になっていたり、プラグのアイコンで電源がつながっているという風に
なっているのですが、そこに赤い×のマークが。昨日の段階では設定などに集中してあまり注意してみてなかったので気づきませんでした。そこにポインターを持っていくと「バッテリーが検出できません」という表示が出ました。
「えっ、バッテリーがないという事?」私はバッテリーが空になっているのかと思いました。しかしなぜ?昨日は割と長い時間設定などの作業をしていたので十分充電ができるほどだったのにおかしいと思い、電源コードを抜いてみました。するとPCも止まってしまいました。
という事は修理工場でバッテリーを抜いた?
私はノートパソコンを裏返してみてびっくり!!!

d0000995_1157542.jpg


写真のようにバッテリーが入っていたところに、カバーもついてない状態でした。これではバッテリーは検出されないのは当たり前。
修理工場でしっかり確認しなかったのでしょうか。
カメラの部分は確かにみをとすかもしれないけど、PCの裏に空の部分があれば修理工場で気づかないのは怠慢。怒りがこみ上げ、販売店と工場に怒りの電話をしました。そしたら電話も「しばらくお待ちください」というと音楽が受話器から聞こえてきたかと思ったら、切れました。電話まで切られて(?)さらに怒りが。血圧が上がったでしょうね。今折り返しの電話を待っている状態。
ぷんぷん。
by Marrrsan | 2014-04-10 11:57 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)