人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「早く行きなさい」と言う係員の指示に従い、もう必死に40番ゲートに向かい猛ダッシュ!
しかしここの搭乗ゲートは良くある、通路の両側に奇数、偶数の数に分かれて左右に並んでいると言う搭乗ゲートではないのです。通路の片側に数字の順番に搭乗ゲートが並んでいると言う空港なんです。しかもテキサスの広さを誇示するかのようにゲート間がゆったり間隔を置いて並んでいると言う代物。普通なら「あ~、ゆったりしていいターミナルだな~。」と言う感想を持つのですが、こんな急いでいる時は無駄に広くゆったりした空間が恨めしい。

とにかく人を掻き分け、左右に避けながらがむしゃらなひとりマラソンの始まりです。しかし、あまりにも長い40番ゲートへの道のり。どんなに走っても走ってもなかなか番号が進んでいかない。相当走ったと思ったのに、まだ20番代。40番ゲートははるかかなた。老骨に鞭打って走る私は息絶え絶え。苦しい!でも止まるわけには行かない。う~~、死ぬ!くそっ、心臓麻痺で死にそうだ。死んだら訴えてやる。死んだら訴えられないか。とか考えながら闇雲に走る。しかし、私の足の速度は落ちていく。せっかくダラスに着きながら後ちょっとでと言うところで乗り遅れてしまうか。ふと顔を上げると・・・・・・近道が!
この空港は一直線ではなく弧を描いて曲がっているのである。つまり弧に沿って進むと長い距離を行かなければならない。ところがそこにその弧を突っ切る半径の線のような直線の近道があるのであった。私は神の救いかと思い導かれるようにそちらの方向に進んでいった。そこを出ると33番くらいのゲートでいくつかのゲートを飛ばした格好になった。あと7番ゲート!しかし、その7番ゲート分も汗まみれで息が切れている私には欲しいものがすぐそばにあるのに届かないと言った感じなのでした。最後の力を絞って、やっとゲートにたどり着くと、
「では、スタインバイの人の名前をこれから呼びます」と言うアナウンスが!間一髪、スタンバイの人に席を奪われずに済みました。
ロス行きの飛行機に乗り込むと、完全に満席でした。ちょっと遅れていたら私の席は本当になかったですね。

とにかく私はロス行きに乗れましたが、荷物はと思った時、多分あれだけの短時間では荷物はこの飛行機には積めなかっただろうと思いました。荷物は遅くなってもとにかく日本について、航空会社が何とか自宅まで届けてくれるだろうと思い、気を回さないようにしました。

いずれにせよあの緊急事態を乗り越え、このロス行きの飛行機に乗れたことが大事で、あとはロスから日本への便に乗るだけ。ここまでくれば大丈夫だろうと思いながらも、油断は出来ないだろうと思いました。

ロスへの飛行機は何の問題なく、スムーズに飛行を続け、ロスに到着しました。フライトアテンダントの乗り継ぎのアナウンスがありました。また、ダラスのようにとんでもなくとおいゲートだったらどうしようとはらはらしながら到着ゲートと出発ゲートの番号を耳に全神経を集中して聞き入りました。
「この飛行機はゲート40番に到着します。(う、やな予感。ダラスの40と同じ)そのあといろいろな目的地とその出発ゲートをアナウンス。そして私の乗る飛行機の番が。
「次に東京へお向かいの人は・・・・・」

 ドキドキ  



「ゲート番号・・・・」



頼む、近くであってくれ!



「ゲート番号は41番です」


 へっ!?

そう、東京へのフライトは到着ゲートの向かい側でした。なんか拍子抜け。これがダラスでのゲートだったらな~と悔しさがこみ上げてきました。

d0000995_21461947.jpg


おわり
by Marrrsan | 2008-01-21 21:44 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(16)

1時間も遅れてルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港を(長すぎるぞ、この名前)飛び立った飛行機は順調にダラスフォートワース空港へ向かいました。しかし飛行は順調でも私の予定はめちゃくちゃになる可能性が大となっていました。しかし、私個人の力ではどうする事も出来ず、もどかしいばかり。1時間遅れでも、何とか奇跡が起きて、次の便に乗れるとかそんな事が起きないかと願っていました。そう、次の便も少し遅れて何とか間に合う、そんな事態を夢想していました。そんな時、パイロットからこの飛行機の飛行状況などを告げるアナウンスが機内に流れました。
「出発が機会の不具合で遅れて済みませんでした。きちんと正常なものと交換しましたので安心してください。・・・・・・・・・・・・・・・(高度とか温度とかの情報)です。」まあ、そんな情報はこんなときはどうでもいいことでした。しかし次のアナウンスが奇跡を!?

d0000995_722713.jpg


「この飛行機はダラスフォートワース空港に午前9時ごろ到着します。」
「えっ!」

私は頭が混乱。私の算数の計算が(1-1=0)あわないではないか。
スケジュールでは6時45分に出発、到着時刻が8時22分ということになっている。1時間の遅れなので、7時45分の出発なら当然到着時刻は9時22分ではないか?
なんだかわからないが22分短縮になるらしい。

「やったー!」
30分あればぎりぎりでも何とか乗り継ぎは可能である。
あー、神はやはり私を見捨てなかった。日ごろの行いがいい人はやはり違いますね。
私はひとまずリラックス。とにかく次のフライトに乗れれば、すべて問題はない。

1時間ちょっとのフライトはあっという間です。飲み物を頂き、空のカップの収集が終わるや、着陸態勢に入りますときた。その後到着ゲートについての案内がアナウンスされました。
そう、この到着ゲートが大事です。なんと言っても、アメリカン航空だけでもターミナルが4つもあって、他のターミナルに移動するには、スカイリンクと言うモノレールに乗ら無くてはならないのである。2,3階分くらいの長いエレベーターに乗ってスカイリンク乗り場に行くだけでも相当の時間のロスになります。私は神に祈るように「どうか同じターミナルでありますように」と願っていました。アナウンスはちょっと聞きずらくゲート番号は聞き取れませんでした。しかし、ゲートはD。この飛行機の到着ゲートもDでした。同じターミナルだと言う事がわかって私は一安心。
やはり、神は見捨てていない。いい子になります。

そして飛行機はなんと予定よりも早くダラスフォートワース空港に到着しました。
「あっ、すごい。これは9時前に飛行場にタッチダウンだ。」こんなときは1分2分がとても大事。
私は不運に起きた幸運に感謝。私は更に更に神に感謝を・・・・・・・・。

d0000995_73096.jpg






と思っていら。飛行機が滑走路で立ち往生。ちょっと走行したら、動かなくなりました。こんな切羽詰っているときに何でだ。やはり神は私を見捨てていたのか!
 
「あ”~~~!!」 

と悲鳴にならない悲鳴を心の中であげました。

すると私の願いが届いたのか、飛行機が動き出しました。
「あ~、やはり神は見捨てていなかった」
後は早くゲートについて飛行機を降り、ロス行きの飛行機に乗るばかり・・・・・。

と思う私の浅はかさ。

このダラスフォートワース空港は非常に大きな飛行場なのです。
ターミナルが恐ろしく遠い。
これが私のターミナルかと思うと素通りしていく。今度こそはと思うとまたしても素通り。
このターミナルではなかったのか。
そんな事でやっとアメリカン航空のターミナルDに着いたのはなんと到着してから13分後!13分は普通ならそれほど気になりませんが、乗り継ぎに乗れるか乗れないかという必死の時には非常に長いものです。ゲートに着いたのが9時10分ごろ。あと20分はある。何とか間に合うか?

ところがここでも神の試練が。
実は私は飛行機の最後尾付近に座っていて、私の後ろには一人の乗客がいるだけと言う状態でした。つまり多くの人が通路をふさぎ、私は最後近くまで飛行機を降りられない!こんな時に限って飛行機のドアが開くのが遅い。乗客の降りる速度が遅い。私はあせる心を落ち着かせながらも時計と睨めっこ。早くさっさと降りてくれ~。

やっと何とか、ゲートの外に出られました。残り時間17分ほど。ここで乗り遅れたら非常に悔しい。乗り継ぎのゲート番号を聞き取れ無かったので、ゲートの外にいる係員の人に聞く。
「ロス行きの便は何番ゲートでしょう」
「え~と、ロスは・・・・・40番ゲートです。」

ひぃえ~!! 40番!


悲鳴のわけは、私の到着したゲートはD16。なんとD40までは24ゲートがあるのです。

つづく
by Marrrsan | 2008-01-20 06:01 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)

まず、今回のフライトに関する事情を簡単に説明しておきます。

今回、友人も日本に行く事になりました。普通は夏場だけなのですが、日本での個展も見てみたいと言う事で決定しました。
まずは私と同じフライトを予約しようとしましたが、私のルートではあまり安くありません。
私が日程を変更し同じフライトにしようとしましたが、格安のチケットだったので変更不可。
そこで、ロスのいつもお世話になっているエージェントに、とにかく格安のフライトを聞くと
飛び切り安いフライトが。これはもうこのフライトを利用したほうがいいと、これに決定しました。

こうして、私たちは同じ日に、別々の飛行機で日本へ向かう事になったのです。成田には1時間半ほどの違いで到着する事になります。先に着く友人が成田で私の到着を待つと言う段取りです。

こうして、友人は1日早くロスへと旅立っていきました。(雨のエアポート参照)

私は翌日17日早朝にニューオーリンズを発ち、乗り継ぎを重ねて日本へ行くことになりました。
6時45分発の飛行機ということで、4時起きをして5時にはタクシーに乗りました。
ご覧のようにアパートの前はまだ真っ暗、街路灯が点いてます。
d0000995_4304741.jpg


早朝と言うこともあって、何の問題も無くスムーズに20分ほどで空港に到着しました。
チェックインをすませ、搭乗ゲートに向かいます。荷物の検査も何の問題も無く通過しました。
すべて順調に何事も無く進んでいきます。あとは飛行機に乗るだけ。私は搭乗ゲートの近くの椅子に腰を下ろし、静かに搭乗するときを待っていました。

d0000995_505284.jpg

そろそろ搭乗を開始するだろうと言う時間に、アナウンスが!
飛行機の機械に問題があるらしく、いまテクニシャンが調べていて10分ほど遅れるかもしれませんと言う事でした。

私は実は日本まで2回の乗継があるのでした。一つはダラス・フォートワース空港そして、ロサンゼルス空港です。それぞれの空港での待ち時間は1時間ちょっとしかありません。普通に1時間あれば問題なく乗り継ぎが可能で待ち時間が短くてむしろ歓迎と言ったところ。
しかし、遅延があったりすると乗り継ぎに問題が生じます。それでも10分、15分の遅れは大したことはなく、私は別段きにしてませんでした。

10分経ちましたが、何の変化もありません。搭乗が開始される気配はまったくなし!
そしてどんどん時間が経過していきます。30分を経過した頃、私は絶望的になりました。30分遅れて着いてもまだ30分あるような気がしますが、飛行機は空港にタッチダウンしてもゲートに着くまでタクシーイングというゲートまでの地上での走行があります。そしてドアが開いてでるまでにさらに時間がかかります。そして私の席はよりによって後ろのほう。さらに次の乗り換えの便の搭乗ゲートが近ければいいのですが遠かったら最悪。更に事態を悪化させるであろう事はダラスフォートワースにはアメリカ航空はABCDと4つもターミナルがあります。別のターミナルだったら更に絶望的です。私がダラス・フォートワースで次の便に乗り遅れることは必至。

そして絶望的な事態が!
ついにニューオーリンズから搭乗する飛行機は1時間の遅れとなってしまったのです。乗り換え時間が1時間ちょっとなのに1時間の遅延ということは、算数に弱い私が単純に計算しても1-1=0で、乗り継ぎ便には乗れないということが決定した事ではありませんか。
問題は日本に先につく友人に連絡の術がないと言う事でした。乗り遅れると言う事よりも、事態を友人に伝えられないと言うもどかしさがありました。

つづく
by Marrrsan | 2008-01-19 05:11 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(10)

まずはご報告まで

日本に帰ってまいりました。
今日は疲れているので、ご報告まで。
by Marrrsan | 2008-01-18 22:38 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(10)

雨のエアポート

d0000995_13405531.jpg

 空港の写真を撮り忘れたので、話題とは関係ない写真ですみません


昨日の夜半から降り出した雨は、午後遅くまで続いていました。
そんな中、私は友人を空港まで送って行かなければなりませんでした。
幸い、雨足も大したこともなくなってきました。雨の日にインターステイトをドライプするのはあまり好まないのでとかったと思っていたら、途中からまたしても激しい雨に見舞われました。
メガネを忘れたので、はっきり標識も雨で見えず、空港へ行く道に曲がる場所を間違えてしましました。最近は空港への道を運転する事はあまり無かったので、どのあたりでどう曲がるかとかはっきり覚えていない事も原因です。しかし、なんとか空港の近辺の事情はおぼろげに記憶にあったので、遠回りでしたがたどり着けました。時間を早めに出てきた事が良かったとつくづく思いました。
by Marrrsan | 2008-01-17 13:43 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)

続・お拾い物特集

変わったものを拾いました。
奇妙奇天烈で知人たちに見せたら、みな非常に興味を持ちました。
これです。

d0000995_1031995.jpg

d0000995_10439.jpgd0000995_1044837.jpg













かなり、前衛的な彫刻なのでしょうかねぇ?
22インチの高さで14センチの幅があります。陶器製?でかなり重いものです。
何かに役に立つもののようで、まったく役立たずの品物。(まるで私のよう)
すぐに知り合いに売れましたから、役に立ったものかもしれません。

こんなものもありました。

d0000995_10105533.jpg


電気靴磨き機?そんなところですね。


そして、読書用にスタンドランプも見つけました。

d0000995_10123785.jpg


そばにはなんと新しそうな、ペーパーバックが26冊もありました。

d0000995_10203610.jpg


ランプの下でたっぷり読書が出来ます。「ちょっとシニアチック」なさむさんは音読をするということですから、さむさんにはもってこいの品物。しかも音読を録音すると言う事ですから
昨日のデジタルボイスレコーダーを使えばまさに完璧。「さむさん音読録音セット」が出来上がります。
by Marrrsan | 2008-01-16 10:25 | ・掘り出し物 | Trackback | Comments(4)

近所の人が引っ越すと言うので、大量の仕入れ物が出ました。
リサイクルしたいと申し出ると好きなだけもって行って結構ですとの返事。
ここ数日その家に行ったり来たり。
このブログに載せきれないほどの品物をいただきました。
そこでちょっとだけめぼしい物をご紹介します。

まずはこれ。
新品です。箱は開けてありましたが、一度も使っていません。
d0000995_12203863.jpg

何かと言うと、デジタルボイスレコーダーです。メモの変わりに声のメモが出来ます。
d0000995_12255251.jpg

デジタルなのでテープレコーダーのようにテープは必要ありません。PCにつないで、音声をこのブログなどにアップロードも出来ます。箱付きの新品なので説明書もソフトのCDもついています。これはいいものを拾いました。





と思っていたら、もっといいものが。
これです。
d0000995_12264397.jpg

カシオのコンパクトテレビです。
最初、電池を入れて電源をオンにしたら、声は聞こえど画像が映らない。壊れたから捨てたのかと思っていたら、本体横のスイッチに音声、映像が選べるのでした。映像にすると、ご覧のように問題なく映ります。





これと一緒に捨ててあったのが、これ。
そうデジタルカメラです。
d0000995_12312561.jpg

フジフィルムのFine Pixというカメラで型式が古いものですが、カメラ自体はあまり使わなかったらしく、新品のようです。2メガピクセルですが十分使い物になります。PCとの接続ケーブルも付いてます。





なんとさらに、さらにこんなものまでも!
なんとコンパクトプリンターまでもが捨ててありました。
これも壊れてはいません。しっかり作動します。
d0000995_12363572.jpg

スナップ写真をプリントするにはもってこいのプリンター。

ユダヤ人は金持ちが多いから、こんなものどんどん捨ててしまうのですね。
おかげでこちらは大いに助かります。もっと高価なものを捨ててください。
by Marrrsan | 2008-01-15 12:41 | ・掘り出し物 | Trackback | Comments(6)

フリーマーケット

天気もよかったので、ミシシッピー川を渡って、またフリーマーケットに行ってきました。今回はミシシッピー大橋での写真撮影はしませんでした。(苦笑い)

d0000995_12443654.jpg


天気のいい割には、ディーラーの数が普段より少ないようでした。屋根付きのスペースががら空きでした。客の数も少ないような気がしました。

d0000995_12472647.jpg


いろんなものを売っていますが、こんなものも!!

d0000995_12482666.jpg


日本刀!?
偽物ですが、こんなものが人気があるのでしょうか?
で、何をするのでしょう。飾り物?それとも強盗!(ニューオーリンズはアメリカの殺人の首都です)
by Marrrsan | 2008-01-14 12:57 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(4)

ダーリーンの個展

d0000995_11405866.jpg


ダーリーンのことは依然から友人のパムより聞いてはいましたが、彼女に実際に会ったのは去年の春、ロヨラ大学に於いてでした。ダーリーンも私と同様に、ロヨラ大学の版画教室を借りて作品の製作をしているアーティストです。
彼女はカナダのバンクーバー出身で、今はアメリカ人の夫とニューオーリンズにいます。とても親切で人懐っこい人で、すぐにいい友達になりました。

彼女の個展があると聞き、それでは行かねばならぬと行ってきました。
このギャラリーはまだ新しく、昨年の9月にオープンしたばかりとの事。ご覧のように普通の家屋をギャラリーに改造したもので、普通の家に作品が飾ってあるような感じです。

d0000995_1149957.jpg


私が訪れたのはオープニングセレモニーの始まるちょっと前だったので、人もまだそう多くは来ていなく、いろいろ彼女と言葉を交わす事も出来ました。彼女の夫はミュージシャンらしくギャラリーの一角で友人と音楽を奏でていました。
ダーリーンの作品は主に銅版画で、今回の個展には銅版画とモノタイプを組み合わせたものを中心に展示してありました。

これがダーリーンです。

d0000995_1154793.jpg



"natural Abstraction; Gifts of Spirits"
Darlene Bigus Doheny

UPTOWN GALLERY
139 Broadway New Orleans

12pm to 6pm and by appointment
by Marrrsan | 2008-01-13 11:58 | ・アート | Trackback | Comments(4)

上州名物焼きまんじゅう

ヤフーに高崎経済新聞の記事が載ってました。

d0000995_9103897.jpg


な、何だこれは!005.gif

何のことはない、焼きまんじゅうです。
003.gif群馬県の伊勢崎市で毎年行われる行事らしいです。串でさした焼きまんじゅうを100人ががりで3回返して焼いたそうです。毎年その長さを競って、今年は全長53.2メートルで記録を更新したそうです。(だからどうしたと言われればそれまでですが・・・・。)001.gif
群馬県人として、焼きまんじゅうみると食べてみたくなりますね。味噌しょうゆだれの香ばしいにおいがただよってきそうです。
帰国したら、早速食べよう。043.gif060.gif
by Marrrsan | 2008-01-12 09:27 | ・料理または食い物 | Trackback | Comments(4)