人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

アパートの前でのガレージセールだけでは、なかなか整理がつかないので、ミシシッピー川の対岸のウエストバンクにあるフリーマーケットに行くことにしました。

27度近くある夏のような日差しの日でした。これで本当に12月?
d0000995_804526.jpg

朝7時頃からやっているというものの、9時半ごろにつきましたがテーブルに空きが多くて、これはあまり期待できないなと思いながら荷物を降ろしました。
d0000995_8027.jpg

ところが、意外にも荷物を降ろし始めるやいなや、ほかのディーラーが次々と寄ってきて品物を取り出すやいなや買っていくではありませんか。まともに荷物を出し終えていないのに、あちらからこちらから、これはいくらだ、これをもらうと目の回るような忙しさ。
ほかのディーラーは常連で、我々が新参者なので珍しがってということと、ほかのディーラーより格段値段が安いということが原因のようでした。
嵐のような30分が過ぎ、やっと落ち着いて荷を整理整頓。と言っても目ぼしいものはすでになくなっていました。
Rをフリーマーケットに残し、私はスタジオに向かいました。

ミシシッピー川にかかる橋を渡るとき、その景色をデジカメに撮りたいと思い、すばやくカメラを取り出す。運転中にもかかわらず車が少ないことをいいことに数枚撮影。何気なく、ふと後ろ見ると、パトカーが!!パトカーの前を走るのはなんとなくいやなものだ。よく見ると車の上のライトがちかちかしている。しかしサイレンとか鳴らしていないので別に気にもせず走り続ける。
車線を変えてもまだついてくる。橋を降り一般の道に。まだついてくる!するとやっとパトカーはのサイレンを鳴らし車を止めるようにわたしに合図をした。どっき!しかし、別に何か悪いことをしたはずはないし、しかし不安。
車を止めて警官が近づくのを待つ。割合若い白人の優しそうな警官でした。
「なぜ止めたか説明は後でするから、まず免許と保険と車の登録の証明書を出しなさい」
という。それらを渡すと、
「橋の上で運転中に撮影をしていただろう」と聞く。
走っている車の中の様子を見ていたと言うか見えたのが不思議だったが、事実なので「はい」と答えた。「何の目的で撮影をしていた?」と質問してきた。「いい景色なので、ブログに載せようかと・・・」
「あのような大きな橋の上で撮影すると言う行為はしてはいけないことだ」と言う。
「9・11以来、政府はテロリストの警戒に非常に敏感になっている。あのような大きな橋の上で写真やビデオ撮影をしている者は、爆発物を仕掛けるための下調べを行っていると思われても仕方がない。」と説明される。
警官は私の差し出したものを持って自分のパトカーに戻って何事かしていた。
私は罰金をとられたり、免許を取り上げられると思い、罰金はどれくらいなんだろうと不安になっていた。
やがて、警官は戻ってくると、もう二度と橋の上で撮影はしないようにと言い、免許を返し、罰金もなく済みました。私は「写真は削除しなくてはいけませんか?」と訊くと別にかまわないと言われました。ひとまず、丸く収まり一安心。


そしてこれが問題の写真!!

d0000995_9175014.jpg

d0000995_9182663.jpg


別に写真自体はなんともない写真なんですがね~。
by Marrrsan | 2007-12-03 08:26 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(4)

パンプキンパイ

サンクスギビングのときに作ろうと、そろえてあったパンプキンパイの材料があったので本日作ることにしました。
缶詰のパンプキンに、砂糖、シナモンなどを加えて混ぜ合わせます。

d0000995_82753.jpg


エバポレイトミルクを加えるとこんなに滑らかに。

d0000995_835226.jpg


そして、パイシェルに流し込みます。
d0000995_852398.jpg

かなり深いパイシェルですが、溢れんばかりのパンプキンのフィリングでした。
そして焼き上がり。

d0000995_871354.jpg


コーヒーとともに、3時のおやつにいただきました。
もちろんおいしかったです。
d0000995_881557.jpg

by Marrrsan | 2007-12-02 08:11 | ・料理または食い物 | Trackback | Comments(2)

The Manor

d0000995_11565357.jpg


しばらく前に、この1ドルのDVDをドラッグストアーで見つけました。
さっそく鑑賞しようとDVDプレーヤー/レコーダーに入れたら、「このDVDは再生が不能です」
というようなメッセージが現れて、再生できませんでした。ああ、1ドル損をしたと思いました。

その後でイタリアから安いDVDを買いました。ところがこのDVDも家のプレーヤー(日本で)に入れると、「再生不能」と出ました。こちらのDVDは安いとは言うものの1ドルではないので憤慨しました。アメリカで持っているDVDプレーヤー/レコーダーと日本でもっているものは偶然にも同じ会社のものでした。(ブランドは異なる名前だが製造は同じ)日本では再生専門のDVDも持っているので、試しにこちらのプレーヤーではどうだろうかと入れたら、
なんと問題なく再生できました。プレーヤー/レコーダーの方はある録画形式は再生できないとわかりました。そういえばJPGの写真も見られません。

The Manor に話を戻すと、今回そのことを思い出してそれではPCで見られるのではないかと思いました。早速PCに入れると思ったとおり再生できました。

この作品は1999年のチェコの映画ですが、すべて英語で会話はされています。アメリカ、イギリス、チェコと国際的な俳優人です。(ピーター・オトゥール以外は知られていない人が多いけど)
ほとんど内容を知らないまま、買ったのでどんな映画だろうと期待してみました。

オープニングのシーンは、雪の降る森の中を馬車が走っていくというドラキュラのお城に行くホラー映画のような始まり方です。狼が雪の中を走っていたり、これは完全にホラー映画だと思いました。
しかし、話の進み方を見るとホラーではなく探偵もののようです。
森の中の大邸宅で使用人の若い男が階段から落ちて死んでいた、という事件に一人の探偵が調査に送られてきます。邸宅にはその女主人、その娘、娘の家庭教師、女のコックとメイドというすべて女性でした。探偵が一人一人尋問していくと使用人の男がどうして死んだか、みんなの話がちょっと違っています。そして、主人も3ヶ月前に同じ階段から落ちて死んだという事実が新しくわかります。

最初にホラーと思ったのは大違いでした。これはコメディ仕立ての殺人事件の話しで、次はどうなると興味をそそり、楽しめる映画でした。原作が舞台劇のため邸宅内での会話劇的な映画です。ただ、私個人としては、最後にもう一ひねり欲しかったと思います。
by Marrrsan | 2007-12-01 12:38 | ・DVD/映画 | Trackback | Comments(0)