人気ブログランキング |

2010年 06月 04日 ( 2 )

W受賞!

d0000995_2017924.jpg


版画フォーラム2010の審査結果が本日届きました。その結果は・・・・・・・・。

埼玉県教育委員会議長賞受賞!
 
でも、私ではありません。
実はニューオーリンズの友人、Kuniさんから預かってきた作品があるのですが、それが受賞されました。この受賞のおかげで、彼女の作品は版画フォーラム展のあと、東京のギャラリーで展示されます。さらにそのあと仙覚万葉ゆかりの里版画展で展示されます。わざわざアメリカから持ってきた甲斐があってよかったと思います。さっそく、メールで連絡しておきました。




私は落選。・・・・・しました。
でも、再展示には選ばれたようで、版画フォーラム展のあと日本料理店の「喜楽」という店に展示されると言うことです。日本料理店かぁ、私の作品にはあまり合わない感じだなぁ。








しかぁし~!

落選は1点で、もう1点応募したのでそちらの1点が見事

受賞
しました。
でも大した賞じゃないんですけどね。
副賞に期待します。
by Marrrsan | 2010-06-04 20:40 | ・アート | Trackback | Comments(8)


            タイ語訳付きのオープニングとテーマソング A Place in Time   


以前レンタル屋で見かけたアメリカのテレビ番組のThe 4400。
99円で借りられるレンタルショップを見つけたので、思い切って借りることにしました。
割と面白いのではまってしまいました。レンタルではシーズン4で完結していると言うので借りたのですが、
実際にはまだ続く予定でしたが、キャンセルされた番組のようです。
これはネットワークの作品ではなく、ケーブルチャンネルのために作られた番組です。

設定が非常に面白くどんどん次を見たくなります。(ちょっとそれほどでもないエピソードもありますが)
簡単に言うと最近の番組のヒーローズとXファイルを足して2で割ったような作品です。(ただし、ヒーローズの方があとから出た番組なので、この4400を真似したのではと思われます。

この作品の設定はこうなってます。
過去60年間の間に、4400人の人々が未知の光により、誘拐されていきます。
そして、60年後のある日突然大きな光る球体がアメリカのシアトル市近郊の湖に宇宙から飛来します。
そしてその中から誘拐されていた4400人の人々が現れます。彼らは誘拐されていた間の記憶はなく、
また誘拐された時から歳をとっていません。この4400人の人々のほとんどはある特殊能力を持っていました。いったい誰が何のために誘拐し、そして一度に全員を帰還させたのか。
第1シーズンの最後にはその答えは与えられます。
この特殊能力を持った人々と言うのがヒーローズ的で、4400人の人々を追跡調査する男女のエージェント
が主な主人公ですがこのところがXファイルっぽいですね。家族の絆と言ったものも盛り込んいて、単なるSF作品でないところが私には良かったところですね。
d0000995_032014.jpg


シーズン4の最後のエピソードはかなりこれで終わりという感じの出来上がりですが、キャンセルされなければさらに続けていける終わり方でもあります。番組がキャンセルされたあと2冊の小説が出版され、この本で4400は完全な結末を迎えていると言うことです。

なお、シーズン4のエピソード11には日本のコメディアンのくりーむしちゅうの2人がエキストラでこの作品に出演しています。
by Marrrsan | 2010-06-04 00:34 | ・DVD/映画 | Trackback | Comments(2)