人気ブログランキング |

2007年 05月 12日 ( 1 )

My stones

d0000995_2255367.jpg


これが私の商売道具。
石で~す。

もちろんただの石ではなく、リトグラフ用の石版です。石の種類はライムストーン。
ライムストーンなんて英語だとなんかいい響きでしょう。
日本語では石灰石です。

あまり混ざりけのない良い石灰石は、ドイツのバイエルン地方で取れます。
取れましたというほうがいいかな。だんだん良質のものは少なくなっているようです。

私のものも大きさは左の石が27 x 38 cm で、厚さが7.5cm あります。重さはなんと
20kg を超え、この前の帰国の時に日本に持ち帰ったのですが頑丈なスーツケースに
これ1個で重量オーバーでした。でもこれだけの厚みの一枚のリトの石版は日本で買うと
輸入品ですから7~10万くらいするのではないでしょうか。私は10数年前知人から1万円くらいで譲ってもらいました。かなりお得だったですね。アメリカでも3~4万はするでしょうから。
ですから重量オーバーの超過料金を払っても損にはなりません。しかし、なんと言っても重いことが運ぶのには大変です。もう一つアメリカにあるのですがこれよりも大きく重さも当然もっと重くて、持って帰りたいのは山々ですが運搬を考えると躊躇してしまいます。

右側の石は前に石のリトをやっていた人から、譲り受けたものです。
左のものより大きく 46 x 46 cm あります。 しかしこの石自体の厚さは3.5cm しかなく
これではプレスにかけた時容易に割れてしまう可能性があります。それで厚さをもたせるためにほかの石が石版の下に貼り付けてあります。
d0000995_22223062.jpg

こうして何とか 5cm の厚さがあります。
これはまったくべつの種類の石が貼り付けてありますが、薄い石灰石同士を貼り付けて厚さを持たせたものがアメリカでは売っています。これだと裏表の両面つかえることになります。

とにかく石のリトグラフは石の重さで大変ですね。
大きな石となると人の力では持ち上がらず、簡単なフォークリフトが必要なくらいです。
そんなこともあって今は金属板のリトグラフが盛んです。
長年石を使ってやっているので、私はあの石の肌触り、リト鉛筆と石の触れ合う時の手に伝わってくる石版独特の感覚と言うものが好きです。
by marrrsan | 2007-05-12 22:29 | ・エトセトラ | Trackback | Comments(10)