人気ブログランキング |

2007年 02月 06日 ( 1 )

d0000995_1620364.jpgロンドンに来たからには、やはり劇場でショーを見たいものだと思いました。
ミュージカルが好きなので、どんなものがあるかと調べてみると
「チキチキバンバン」や「フルモンティ」がありました。「チキチキバンバン」は興味があり
見たいと思ったのですが、ロンドンで始まったばかりで評判が分からず
ちょっとためらいました。それで「フルモンティ」にしようとチケットを買いに行きましたが
不評だったのでしょうか、予定より早く興行が終わっていました。
さてどうしたものかと、劇場のあるあたりを巡ると「レ・ミゼラブル」「マンマミーヤ」などが
公演されていました。レミズは日本で2回見たので、あまり乗り気はしませんでしたが
「マンマミーヤ」にして、その日のチケットを買いました。
帰りがけに、ある劇場に気付きました。そこはアガサ・クリスティーの「マウストラップ」を
やっている劇場でした。どうもその日のチケットがあるようでした。ロンドンに行ったらこれを
見たかったんだと言う希望を思い出しました。推理者の演劇で、一番長くやっているものでは
ないでしょうか。こちらにすればよかったと後悔しました。

その日の午後、 J がぜひあわせたい人がいると言うのでロイヤル・アカデミーで待ち合わせをしました。その人は芸術に興味もあるので作品をいくつか持ってくれば買うかもしれないといわれました。しかし、先日の事もあるので J に作品について何とかしてもらう気はなく、またポとフォリオを持って歩き回るのは面倒くさかったので持って行きませんでした。
ロイヤル・アカデミーに行くと J が待っていました。作品を持ってきたかと聞きました。持ってこないというと、何故持ってこなかったのだ、作品を売るチャンスなのにと責めるように言いました。
約束の時間になりました。 J の友人は現われません。15分ほどして J が心配になり公衆電話でその友人に電話しました。いないので家は出ているようでした。携帯を持っていることを思い出し、携帯に電話しました。すると何処何処まできているから、後何分で行けるということ。
そして30分待ちました。まだ J の友人は現われません。携帯に電話しましたが、通じないと言うことでした。しかし、来ると言ったので必ず来ると思い待ちました。結局2時間くらい待っていましたが、J の友人は現われませんでした。作品を持ってこなくて正解だったと思いました。しかし、またしても何か出来た2時間を無駄にしてしまいました。
私の印象では J と約束したけど面倒くさくなって止めてしまったようでした。 つまり J は友人と思っているけれど、その人にとっては J はさほど重要な関係にある人ではなかったようです。

「マンマミーヤ」は期待していなかっただけに、案外楽しめました。観客も最後には歌い踊っていました。
by marrrsan | 2007-02-06 14:40 | ・懐古的旅行記 | Trackback | Comments(5)