人気ブログランキング |

2007年 01月 31日 ( 1 )

d0000995_2231555.jpgユーロスターを降りて、A のアパートに行くために地下鉄に乗るために切符を買おうとしたら、すでにAが数枚の切符を買っていて、これを使うようにと私に渡した。私はA切符代を払おうとするとパリに滞在中は私の招待だ、金は心配するなと言われる。結局私はパリでは一銭も自分のお金を払いませんでした。

昼時だったのでAのアパートに行く前にAの行きつけのレストランに行きました。女性がシェフをしている小さなレストランでした。ボリュームがありましたが、かなりおなかが空いていたのでほとんど平らげましたが、さすがにデザートまでは全部食べられませんでした。

アパートは4階でしたがエレベーターがついていない古い建物でした。しかし階段は緩やかで上りやすく、それほどは大変ではありませんでした。工夫されて作られていたのですね。写真はアパートの窓です。お土産に私のリトグラフをあげると喜んでいました。実はすでに一枚AはNYのギャラリーで買って持っていました。朝早く起きたのと3時間の列車の乗車で疲れていたので3時間ほどここで休みました。

冬の事で日が早く沈むのであたりは薄暗くなり始めていました。しばらく近所を歩き回ってから、知っている日本レストランがあると言うので、そこへ行きました。かなり混んでいましたが、ほどなく二人分の席が取れ、案内されました。何を食べたかは覚えていませんが、注文して出された物は純日本食ではありませんでした。A は従業員を良く知っているらしく親しげに話し掛けていました。

さてその後地下鉄でまずルーブル美術館のあると事へ行って見ました。もちろんもう既に閉まっていましたが、夜のルーブルも普段は見られないので良かったですね。
その後エッフェル塔が良く見える高台へ向かい遠くにイルミネーションに照らされた夜のエッフェル塔はまた格別の美しさでしばらくそこにたたずんでいました。
また明日、明るい時に連れてきてあげると言い、その日はそれでパリ観光は終わりました。
by marrrsan | 2007-01-31 22:52 | ・懐古的旅行記 | Trackback | Comments(4)