人気ブログランキング |

2007年 01月 30日 ( 2 )

d0000995_18262265.jpg

ユーロスターの駅はウォータールー駅にあり、 J のフラットからはそう遠くはありませんでした。外国へ行く列車の駅と言うことで、ユーロスターの駅の周りはちょっと空港のような雰囲気もありました。Eメールを送れる端末機などもいくつかありました。
改札口に行くにはエスカレーターで下へ降りなければなりません。ウォータールー駅自体が階段を上っていくので、ユーロスターは実は1階だったのかもしれませんね。

8時23分のユーロスターに乗る予定だったので、8時に A と駅で待ち合わせしました。ちょっと早く着きましたが、もう A は駅にいました。一緒にエスカレーターで1階に下り、改札を通り抜けます。空港のように金属探知機を通ったように思います。
出発まで時間があったので、構内のカフェでモーニングコーヒーを飲んで時間をつぶしました。
席は指定席だったように覚えています。が空いていたので問題はないだろうと隣同士の席に腰を下ろしました。ゆったりとして乗りごこちのいいシートでした。やがてユーロスターはスムーズに走り出しました。アナウンスが英語行われ、次にフランス語でされました。さすが2国間を走る列車だと思いました。これがフランス側に入るとフランス語が先に流され、次に英語になりました。
窓からの景色もイギリスを走っている間は霧が深くあまり景色が見えませんでしたが、トンネルを抜けてフランス側に入ると晴れ渡った青空でのんびりとした田園風景が見られました。
時刻表によると8時23分に出発して12時23分にパリに着くと言うので4時間かかるのかと思いましたが、1時間の時差があるので3時間でロンドンからパリに到着したと言うことになります。
イギリスからフランスに着たので、イミグレーションか何かが駅にあるのかと思っていたら、何もなく普通に駅を出ることが出来ました。なんとなく拍子抜けした感じでした。
by marrrsan | 2007-01-30 18:33 | ・懐古的旅行記 | Trackback | Comments(5)

お知らせ

受け付け終了しました。ありがとうございました。

朗報!
審査の上、受け付ける場合があります。希望者はコメント欄を非公開にしてメールアドレスをお知らせください。
by marrrsan | 2007-01-30 00:43 | ・エトセトラ | Trackback | Comments(2)