人気ブログランキング |

さて命からがら(笑)検問所を逃れ、ロサンゼルスに戻ってきました。検問所を経験して強くなったのでしょうか、ロスのバスデポの周りを歩くのも怖がっていた私が今回は勇敢にもホテル探しにあたりを散策し始めたではありませんか。
バスデポから高層のビルにCecil Hotelと書いてある建物が目に付きましたが、なんか宿泊代は高そうな感じがしました。それでもまずはそこを目指し、(といっても3,4ブロックほどでしたでしょうか)危険の中に歩みだしていきました。
d0000995_21242543.jpg

ホテルの入り口に着きました。やはりお値段の高そうなエントランスにロビー。私のようなものが泊まる安ホテルではないなと思いました。
ではこの近所でもっと安いものはないかと、あちらこちらと歩き回りだしました。そうしていると段々このあたりを歩くのも平気になってきました。
やがて見かけがぼろそうなホテルがありました。ここなら安いだろうとまずは入っていって値段を聞くと、とても見かけからしたら高すぎるような値段を言われこれはダメだと思いました。更に歩き回りましたが手ごろなものがありません。しかしまたバスデポで夜を明かすわけにも行かず、歩いているうちに当たりも薄暗くなってきました。やはり夜は危険が増すかもしれません。
結局戻ってきたのはバスデポの近くのセシルホテル。高そうでしたが1泊くらいなら良いかと一大決心をしてフロントへと行きました。シングルを1泊というと。8ドルちょっとでした。「ええ~!安いじゃない!」聞き間違いかと思いました。ロビーもちょと豪華な感じのこのホテルがYMCAと変らないようなこんな値段でいいのか。私はもちろん即決で泊まることにしました。自分の部屋に行くとやはり狭くてそれなりの値段かなとは思いましたが、YMCAよりは雰囲気が良いので満足でした。
安くてそれなりに綺麗なので以降私は何度もロサンゼルスに行った時にはこのホテルのお世話になりました。少しづつ改装がなされ値段も上がっていきました。また最近かなり大掛かりの改装がなされ値段もぐっと上がったようです。ネットで探してみたらこんな内装の写真がありました。私が泊まった時にはこれほどではありませんが面影はあります。
d0000995_213925100.jpg

d0000995_21395797.jpg

その晩の宿も決まり更に落ち着いた気分になり、思い切って夜の街に出てみようかと大胆になりました。変な薄暗い小道に入らなければ大丈夫だろうと思いました。
でも結局そうは遠くへはさすがに行けず、バスデポくらいまででした。
バスデポに行くと二人のツアーメンバーに会いました。そこで彼らと明日どうするのかと聞くと
ディズニーランドへ行くというので、では私も一緒に行こうと言う事になりました。明日会う時間などを決めてホテルへと戻りました。
by Marrrsan | 2006-06-29 21:46 | ・懐古的旅行記 | Trackback | Comments(5)

一人ぽつんと小さな部屋に取り残された私の心細さといったらもう何とも言いようがありません。
バスも行ってしまったし、これからどうなるのだろうと不安が募りました。それとともに、いい気になって国境の町までついてきたことを後悔。そんな風に打ちひしがれていた時にドアが開き二人くらいだったでしょうか国境警備隊のような人が入ってきました。どうなるのだろうかとも産む寝はドキドキでした。
当時の私の英語力で彼らに上手く説明ができるのか?
とにかく、入国の時に知らない間に滞在期間が2日になっていたこと、団体ツアーできたので帰りの便のチケットは持っていて、何か問題があったらこの手紙を見せればいいといわれているということだけは何とか伝えようと思いました。
とにかく私は何も悪いことはしていないと言うことを主張すべきだと思い、堂々としていようと思いました。
どのような問答をしたかはっきり覚えてはいませんが、
基本的にはなぜ、滞在期間が2日しかないのにまだアメリカ国内に居るのかとか、何の目的で来ているのかとかそういったことを聞かれたと思います。
とにかく最後はその書類に電話番号が書いてあるのでそこに電話して確認をして欲しいといいました。

二人の男は私のパスポートとその書類を持ってまた部屋から出て行きました。
一応言うことは言ったので、後は彼らが電話をして確認が取れれば何とかなるだろうと
少し気が楽になりました。

しばらくして一人の男が戻ってきました。
どうも電話連絡をして一応話がついたようでした。男は書類とパスポートを私に返しました。問題のページを見ると滞在期間の日にちのFebruaryの部分が2本線で消されてその下にボールペンでMarchと付け加えられていました。
な、何たる簡単な訂正!
もし問題がなければ、私は新しいスタンプが押されて新たな日付が書かれるものだと思っていたのに。こんな簡単な訂正なら自分で勝手に書き換えるだけで良かったのか?
ちょっと拍子抜けの訂正でした。
男は次のバスが来る前建物の入り口にある部屋で待っていろと言い、そこへ案内しドアの近くにあった椅子を示しました。
何とか災難を乗り越えた感じで、ぐったり。次のバスまで数時間待ちました。
by Marrrsan | 2006-06-29 00:18 | ・懐古的旅行記 | Trackback | Comments(5)