人気ブログランキング |

2006年 06月 17日 ( 1 )

d0000995_17432115.jpg午前8時40分頃にマイアミのグレーハウンドのバスデポに到着しました。バスから降りるとムアッとする暑さ。ボストンで凍えていたのが一昔のよう。それまで来ていたセーターなど着ていられません。
とにかく2日間バスだったので体を休めたいのでまずは宿探しと言うことになります。地図で見るとこのデポからそうは遠くないところにYMCAがあるはずです。方向音痴の私ですから、しっかり方角を確認してから、YMCAのあるはずの方向へ歩いていきました。
まだ9時ごろとは言うもののやはり照りつける日差しは暑い。これでまだ2月の末である。セーターを脱いでも、厚手のシャツと厚手のズボンで歩き回ると少し歩いただけで汗がにじんでくる。そd0000995_17591146.jpgろそろYMCAがあっても良いような場所なのですが見当たらない。地図を見て確認すると道の名前からどうも方角を確認しておきながら、反対方向に進んでいたらしい。日照りの中をまた来た道を戻りだす。バスデポをやり過ごし進んでいくこと7,8分やっとYMCAの白い建物を見つける。はっきりした記憶ではないが、あまり大きくないホテル施設だけのYMCAだったように思う。早速フロントに行って今夜泊まりたいと言うと、チェックアウトタイムが11時ごろなのでそれまではチェックインできない。今満室で空きが出るかどうかも分からないというようなことを言われる。2時間近く時間がある。暑かったが時間つぶしに周りを歩き、バスデポで涼んでから再びYMCAに向かう。嬉しいことに丁度1つ空き部屋が有ると言うことで泊まれることになり一安心。                                                     
                               YMCAのレシート
部屋は白く塗ってあり明るく一応清潔な感じはしたのだが、ドアのノブが具合が悪く良くしまらないようだった。またちょっと大きな穴が鍵のあたりにあり外から覗けそう。さらにドアチェーンがなかった。ニューヨークのYMCAの一件があっただけに、ちょっと不安になる。しかし空き部屋はここだけと言うのでどうしょうもなかった。とにかく早速身体を洗いたい。共同のシャワー室に入りさっぱりし、数時間久しぶりのベッドで横になる。
目がさめると2時か3時ごろだったろうか。昼飯も食べていないしとにかく町へ出て行こうと思った。さていろいろ書きたいのだが実を言うとほとんどマイアミからはあまり記憶に残るようなことがなくはっきりしたことを覚えていない。日記にも簡単なことしか書いてないのでどう過ごしたか今となっては良く分からない。日記によると翌日にキーウエストに出かけるのでバスの時刻を確認のためバスデポに寄ったようだ。そして、どこでサンフランシスコやデンバーで別れたツアーのメンバーと再会している。彼らはキーウエストから帰って来ていてこれからニューオーリンズとかアトランタとかへ行くところだったように思う。

YMCAでは隣の部屋から音楽が鳴りうるさかった。文句をいえないので我慢していた。幸い夜がふけてくると少し静かになったと思う。それにしてもドアの鍵が少し不安だった。誰か忍び込んできてお金でも取られたらどうしようとか心配が募る。お金はベッドのしたかどこかに隠して寝たと思う。
幸い何事も起こらず、夜が明ける。
by Marrrsan | 2006-06-17 18:19 | ・懐古的旅行記 | Trackback | Comments(5)