人気ブログランキング |

2005年 08月 31日 ( 1 )

genovaさんがこのところ昔の外国テレビ番組の事を書きまくっているので(いずれ書こうと思っていたものをいくつか先を越された)、このあたりでわたしも外国TV番組を取り上げてみようと思います。たった13回しか放送されなかったので覚えている人は少ないと思うこの作品「コロネットブルーの謎」をまず取り上げます
私の記憶が正しければ、この作品はNHKで「プリズナーNo.6」の後番組として放送された番組です。プリズナーNo6の方が放送が後だったようです。若い頃のキャンディス・バーゲンがゲストとして第12回に登場しているのですが、テレビの番組欄で新人で売り出し中のバーゲンがゲストとか書いてあり、バーゲンといえばバーゲンセールしか知らなかった私は誰だ、キャンディス・バーゲンってという感じだった。しかし、これでキャンディス・バーゲンの名前を記憶しました。

d0000995_1663857.jpgさてこの作品はミステリー仕立てのとても興味をひく設定になっていました。
ある若い男が車ごとニューヨークの港に突き落とされ、助けられた時にまったく記憶を失っていて、覚えているのは「コロネットブルー」という言葉だけというところから物語は始まります。この言葉を手がかりに、自分が誰かなのか、何故自分が車ごと突き落とされたのか(つまり殺され様としていた)を突き止めていくという筋立てで、謎の解明をしながらも、命を狙われ危険な目にあう主人公にはらはらどきどきする作品です。

この作品は1965年に制作されましたが、アメリカで放送されたのは1967年の夏でした。CBSは13話のエピソードを発注しましたが、この作品がインテレクチャル過ぎて一般の人には向かないと判断し、お蔵入りにしてしまったのです。アメリカでは夏のシーズンは再放送かどうでも良いような作品を穴埋め的に放送します。この「コロネットブルーの謎」はそんな運命になっていた作品でした。
何の期待もされず、穴埋め的に放送が開始されたところ、批評家からは高い評価を受け、口コミでこの作品の面白さが広がり、思いがけずヒット作品となってしまいました。
すでにキャンセルされたシリーズでしたが、視聴者の評判にCBSは続きを作ることを決断したのですが、主演のフランク・コンバースはすでにほかの作品の主演が決定していて、残念ながら続きは作られませんでした。

このため「コロネットブルー」が何を意味する言葉なのか、主人公は何者なのかというのは永遠に明かされることなくまさに謎のまま終わってしまった作品でした。

この作品の主題歌も印象的なもので、「Coronet Blue~, Coronet Blue~」と繰り返される唄の部分のメロディーは記憶にあります。下のアドレスのHPの下のほうにあるTheme tuneというところをクリックするとオープニングの語りとテーマ曲を聞く事が出来ます。
http://epguides.com/CoronetBlue/

コロネットブルーの謎が判明(謎を知りたい人だけクリック)
by Marrrsan | 2005-08-31 16:10 | ・懐古的TV | Trackback | Comments(7)