人気ブログランキング |

2005年 08月 16日 ( 1 )

おぉ、スザンナ!

家の亡き父はいろいろなものを取っておく癖がありました。
時間が経つと、そういった何でもないものが、面白くまた懐かしくて
どうでも良いようなものですが、残しておいてくれてありがたいと思ったりします。

この間見つけたものがこれ。
d0000995_22573377.jpgd0000995_22575376.jpg










家で買った最初のテレビの使用説明書です。そんなものとってある家ってなかなかないでしょうね。さらにこの説明書の間に領収証が挟まっていました。この年になって初めて、最初のテレビがいくらしたのかを知りました。2回に分割して払ったようで、2枚の領収証があり、合計で50,000円ということでした。その最初の領収証の日付が昭和37年3月30日となっているので、家にテレビが入ったのはその頃だったのでしょう。もう一枚の日付は7月になっていました。夏の養蚕のあとで現金収入があったので、残金を払えたのだろうと、その頃の家の財政状態もなんとなくわかります。昭和37年の5万円はやはり高かったのでしょうね。

面白いと思ったのはこのテレビに『スザンナ』なんて名前がついていたということ。あまりスザンナらしくないテレビだと思うのですが、、、、。14インチのブラウン管テレビで今から思うとそんな小さな画面のテレビを一家で見ていたと言うのがうそのようですね。

d0000995_23162937.jpgこの説明書を見て驚いたのは、なんと別売りになるのですが、リモートコントロール(遠隔操作などという日本語が書いてあること自体時代を感じます。)をするための機械を取り付けることが出来たということ。昭和37年にリモコン装置があったということ時代チョット驚き。このテレビは当時の先端を切っていたのでしょうか?(ちなみに家にはリモコンはついていませんでした。)
しかしリモコンといっても、現在のようなリモコンではなくて、写真で見るようにコードでテレビと繋がっているリモコンのようですね。
どちらにしてもリモコン装置接続可能の機種だったとは家のスザンナはたいしたテレビだったのですね。
by Marrrsan | 2005-08-16 23:20 | ・こんなもの | Trackback | Comments(11)