人気ブログランキング |

タイトルの言葉を聞いて矢沢永吉をまず思い浮かべる人は世代が若い。
われわれの世代だと「時間よとまれ!」と聞くと思い出すのは太田博之が主演した
NHKのドラマです。

d0000995_2126434.jpg「ふしぎな少年」は手塚治虫原作の漫画です。 原作があってテレビ化されたというよりテレビと漫画が同時進行だったようです。漫画は「少年ブック」の1961年5月号(5月号は4月に発売された)から連載され、テレビは4月から始まったようです。(あるサイトでは10月とあるが4月というのが正しいようです。)
話は偶然4次元の世界を通り抜けたことにより、時間を止めることができる能力を持つことが出来た少年サブたんの物語で、サブたんの言う「時間よとまれ!」というのはわれわれの世代の子供の間でははやったものでした。CGのない黎明期のテレビですから、テレビでは俳優たちが時間を止められている間はじっとしているのですが、子供ですから細かいところを見ていて、「あ、あの人少し動いた」とか言っては面白がっていたところもありました。
本当に時間を止められたら面白いだろうなと、いろいろな空想をはぐくませてくれた番組(漫画)でもありました。
d0000995_21344852.gif今回この文章を書くに当たり、インターネットで調べた結果、いくつか興味深いことがわかりました。

まず、テレビの「ふしぎな少年」の演出をしていたのが今は作家としても活躍している辻真先さんなのでした。彼は当時NHKの職員だったようです。この番組が終わる頃NHKを退職しています。手塚治虫の虫プロでの作品の脚本なども多く手がけているので、もしかしたら手塚治虫に引き抜かれたのでしょうか。「ふしぎな少年」の企画が持ち上がった経緯として、NHKの演出部の人が手塚のファンで、ある漫画に非常に興味を持っていてそのアイデアを膨らましてテレビ番組が出来ないかと手塚に話を持ちかけて「ふしぎな少年」ができたと言うことです。この演出部の人というのがおそらく辻真先だったのでしょうね。

d0000995_21453024.gifさてその辻真先が(話を持ちかけたのが辻と仮定してですが)好きだった手塚の作品というのが「新世界ルルー」という漫画なのです。「ふしぎな少年」をさかのぼること10年前の1951年に発表されたこの漫画は基本的な設定は「ふしぎな少年」と同じようです。ひょんなことから4次元の世界を通り抜けたロック(手塚作品に良く出てくるキャラクター)が時間を止める能力を授かり、いろいろな冒険をしていくというような話のようです。

また「ふしぎな少年」の脚本を担当した石山透は後に「時をかける少女」のNHK版「タイム・トラベラー」とその続編の脚本を担当していて、時間をテーマにしたSF作品に初期の頃からかかわっていたということになります。
by Marrrsan | 2005-08-09 21:53 | ・懐古的TV | Trackback(5) | Comments(5)

d0000995_111204.gifNHKラジオでも放送されていたそうですが、それは
ちょっと古すぎて私の記憶にはありません。
子役時代の渡辺篤史、ジュディ・オングがでていたフジテレビ版を
私はおぼろげに覚えています。

これを書くに当たり少し調べた結果、この番組のタイトルをまったく間違って
覚えていたことがわかりました。わたしは「おらあ、三太だ」というのが番組の
タイトルだとずうっと思っていたのですが、「三太物語」というのが正式な番組のタイトルだった
ようです。
「おらあ、三太だ」というのはどうも主題歌のタイトルのようです。
♪ おらあの 家は水車小屋~
という歌の出だしだけはなぜかよく覚えています。

テレビ版の放送は1961年ということなので、近所の家に行って見たのでしょう。
田舎の子供の話なので親近感もあってみていたのでしょうね。
内容とかははっきり覚えていなくて、とにかく渡辺篤史、ジュディ・オングという
子役の記憶が強く残っているだけ。
ほかに市村俊幸とか七尾怜子とか聞くと懐かしい名前の人が出ていたようです。
by Marrrsan | 2005-08-09 11:02 | ・懐古的TV | Trackback | Comments(6)