人気ブログランキング |

みずち

d0000995_214385.jpg

公演のあったかぶら文化ホール

突然観劇づいてます。
昨日に続いて今日も観劇できるとは感激←(オヤジギャグ)
見に行ってきたのはこれ。
d0000995_211888.jpg

文科系のインターハイと言われる全国高等学校総合文化祭が今年は群馬で開かれているのです。その文化祭でなんと無謀にも高校生がオペラに挑戦したのです。オペラはこれがこの文化祭では初めてのこと。

この「みずち」というオペラは7,8年前に国民文化祭が群馬で開催された時に、特別に依頼して制作したオペラでした。これを今回群馬県内で選抜された生徒たちにより、上演されたのです。歌手もオーケストラのメンバーもすべて高校生です。

オペラと言っても高校生だからと期待はしていませんでした。
しかし、思ったよりはいい公演になってました。特に合唱の部分やかなり歌の上手い生徒も
参加していて感心しました。
高校生にしてはかなり良い方だと思いました。ただ主役の男の子がちょっとね~。歌もそれほど上手くなく、なんで主役に抜擢されたのかと思ってしましました。

d0000995_21113926.jpg

トラックバックURL : https://marrrsan.exblog.jp/tb/8416381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lanova at 2008-08-09 07:51
う~ん、高校生の舞台配役にもポリティカルなものがあるんでしょうかねえ。オペラは日本語だったんですか?ここのところ芸術づいてますね。あ、そっか、ま~さん、芸術家だものね!
Commented by marrrsan at 2008-08-09 09:12
●lanovaさん
配役に疑いを持ってしまいますね。どこかの「お坊ちゃん」で
お金で役を得たとか・・・・・。
日本で作られた日本の話ですから日本語です。
自然と人間の共存をテーマにしたまさに現代の社会の問題を
扱ったものですね。
Commented by genova1991 at 2008-08-09 11:05
みずちとはどういう意味でしょう?
最後の写真の3つの山と関係あるのでしょうか?
高校生がオペラを上演するという意気込みにはビックリですが、主演がムムム?というのは残念でしたね。
Commented by Marrrsan at 2008-08-09 21:34
●genovaさん
「みずち」とは水霊とか水の神様のようなものです。ゲゲゲの鬼太郎では敵役として出てくるそうです。

このオペラでの話は・・・
日照りに悩むある村の若者がみずちに雨を降らせて欲しいと
頼みに旅にでます。そして、みずちが悪い部族に捕らえられていると知り
加勢してくれる人々と救出に出陣します。そして無事に救出して
村には水が潤い緑に包まれると言う話ですね。
by Marrrsan | 2008-08-08 21:12 | ・音楽 | Trackback | Comments(4)