人気ブログランキング |

電撃スパイ作戦 (The Champions) 

アメリカのテレビ番組は一シーズンに放送される新作の数は22から26本ほどです。このため日本で放送されるときは半年ほど新作が放送される空白が出来たりします。

d0000995_16365349.jpgこの作品「電撃スパイ作戦」は「スパイ大作戦」の穴埋め的な感じで放送されたので題名にもスパイ作戦という言葉が使われたように思います。しかし内容は「スパイ大作戦 (Mission; Impossible)」とはまったく関連もなければ内容も異なります。
製作もアメリカでなくこれはイギリスの作品です。

1968年から半年間に渡って放送されたこの番組、中学生だった私には主人公たちが超能力を持っているというSF的な設定により親しみを感じました。
主人公の3人はネメシスという諜報機関に属したスパイですが、ある指令のあとヒマラヤ山中に乗っていた飛行機が墜落し、そこで仙人のような人に助けられ超能力を授けられるという設定です。といってもお互いにテレパシーでコミュニケートできるとか透視、人並み以上のジャンプ力とか小さな音を聞き取れるとかでものすごい超能力というほどでもありません。全部でも30話ほどしか製作されていません。

関東地区ではフジテレビで月曜の10時から放送されました。この番組のあと番組が「夜のヒットスタジオ」だったと思います。このため今のフジの月9の時間帯に「スパイ大作戦」の新シリーズ(マーチン・ランドーにかわってレオナード・ニモイが参加)が翌年4月から放送され、しばらくこの月9は外国TV番組の時間帯でした。
トラックバックURL : https://marrrsan.exblog.jp/tb/2688715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lanova at 2006-02-15 13:47
スパイ大作戦は好きな番組でした。きっとこれもそのシリーズだと思って見ていたんじゃないでしょうか。
Commented by Marrrsan at 2006-02-15 15:47
●novaさん
松江方面でもこれは放送されていたんですね。
マイナーな感じの番組で覚えている人も少ないようです。
by Marrrsan | 2006-02-14 16:38 | ・懐古的TV | Trackback | Comments(2)