人気ブログランキング |

日暮し 「春夏秋冬」

d0000995_1092059.jpg
70年代半ばから後半にかけてよくレコードを買いました。ミーハー的なところがある私ですが、半面大ヒットした作品よりマイナーな人やグループも好きで、一旦その人やグループを好きになると彼等のアルバムなど買い集めたものでした。
若き日の私が集めたレコードを紹介する「懐かしのレコードコレクション」と言うカテゴリーを本日より追加します。

まずその第1弾として「日暮し」と言うグループを紹介します。
日暮しは1972年にレコードデビューした男性2人、女性1人の3人組のフォークグループで「日本的なオリジナリティを持つグループ」というのが目標だったといいます。

リーダーの武田清一はこのグループを結成する前はRCサクセションに所属していました。脱退後ストロベリー・クリームと言うグループを経て72年に
この日暮しを結成しました。日暮の曲はほとんどが武田の手によって作詞、作曲されています。
もう一人の男性、中村幸男はギター担当で作曲もいくつか担当しています。
紅一点のボーカル榊原尚美は透明感のある伸びやかな声で、曲によって別人のように聞こえたりします。コンサートなのではキーボートや立笛も
担当していたようです。彼女は後にソロになり杉村尚美と言う名前で「サンセットメモリー」という曲をヒットさせました。

1970年半ばから後半にかけて私はNHKの夕方の音楽リクエスト番組をよく聞いていてその番組で始めてこのグループの存在を知りました。
そのときかかった曲の詩の内容やボーカルの声に惹かれるものがありました。
グループ名を記憶してレコード屋へ行きましたがマイナーなグループだったのでレコードを見つけることは出来ませんでした。
やっとのことで見つけ、手に入れたのが彼等の72年のデビューから77年までの作品を集めたベストアルバムこの「春夏秋冬」です。
このアルバムの収録曲は以下です。

A面                                  B面
    まちぼうけ~佐渡を恋うる詩                    別れの詩
    春が来たら                              街を押し流せ
    陽炎                                  冬の夜
    マッチ箱の中の春                          あなたは何処にいるんですか
    風の音が聞きたい                          心の弦をふるわせて
    雪がどんどん                             花一輪 パート2

発売元・日本コロンビア 1977
トラックバックURL : https://marrrsan.exblog.jp/tb/237081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lanova at 2005-04-18 16:46
日暮し…懐かしいですね。この頃NSPなんていうグループもも歌ってましたよね。
Commented by Marrrsan at 2005-04-18 18:09
novaさん日暮ご存知でしたか?
知っている人はほとんどいないのではと思っていたのですが。
NSP確かNew Sadistic Pink とかいうのでしたよね。
「さようなら」とか言う曲だけ覚えています。
Commented by lanova at 2005-04-19 00:07
知ってますよ~。日暮しの曲では「いにしえ」をかすかに覚えている程度ですが…NSPはどっかの高専の学生で構成されてて、ヤマハのポプコンで登場してきたグループだったと記憶しています。「夕暮れ時は寂しそう」好きでしたよ。
Commented by Marrrsan at 2005-04-19 10:11
私の従兄弟がやはり高専だったのでこのグループのこと応援していました。そうでした、「夕暮れ時は寂しそう」というのが一番のヒットだったでしょうね。
そう、日暮しは「いにしえ」が唯一のヒット曲でした。この曲をきっかけに知られていくのではと思っていたのですがだめでしたね。
Commented by waki_fabre at 2006-06-18 10:52 x
一年遅れのコメントです。「日暮し」大好きなのですが、周りには知っている人がいなくて、良さもなかなか・・・さりげなくて目立たないからなんでしょうか。春夏秋冬、記憶の果実はとくに好きなアルバムです。ちなみに、群馬生まれの巳年です(笑)
Commented by Marrrsan at 2006-06-18 18:17
●waki-fabreさん
はじめまして。
日暮しファンに見つけてもらえるとは嬉しいですね。グループの存在さえ知れない人が多いですよね。
更に群馬生まれも同じですか。巳年と言うことは私より1つ上・・・・なんて言はないですよね。
Commented at 2006-06-19 07:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Marrrsan at 2006-06-20 09:04
●waki-fabreさん
ぜひお願いしたいです。聞きたいと思うと、また聞いている人がいると思うともう、自分も聞きたくていてもたってもいられなくなってましたから。
ありがとうございます。
発売から27,8年経ちやっと利くことができると思うと・・・・・・(泣く)。
Commented by 743 at 2012-04-11 22:19 x
夏の絵の中へ、秋の扉、日傘、冬の夜、風の
音が聞きたい、春が来たら、手紙を書きました
雪がどんどん・・・最高だお
Commented by Marrrsan at 2012-04-11 22:45 x
●743さん
同感です。いまでもMP3プレーヤーで仕事をしながら
毎日のように聞いてます。特に最後の2枚のアルバム
「ありふれた出来事」と「記憶の果実」は最高です。
ところでありふれた出来事を忌野清四郎がカバーしているのは
知っていますか。詩は変えていますが。
Commented by 743 at 2012-04-12 05:14 x
わたしは尚美さんの隣町に住んでいます
最近「ゴールデンスターワイドデラックス日暮し」
のLPを買って3日に一回位聴いています。泣ける・・・
こんなの聴いたら他の曲なんてどうでもよくなります。
Commented by 743 at 2012-04-12 05:30 x
「尚美」の全曲をYOUTUBEで聴けるといいですね。
日暮しの曲に出会えない不幸な人が多数いますから。
日暮しの曲抜きでは音楽を聴くこと自身が味気が
ないですから。
「風の音が聞きたい」は本当に味わい深い
「手紙を書きました」の旅情的なメロディー
も最高 もおー春ですねー
叙情的な名曲が勢揃いですねこのバンドは。
ただファーストとセカンドにはつまらない曲
も多かったのが玉のキズ
でもいい曲は100点満点ですね。
他のフォークとは一線を画してると言える
Commented by Marrrsan at 2012-04-12 10:35 x
●743さんx2
隣町と言うのがなんとも良いですね、同じ街でなく・・・。
LPということはレコードプレーヤーをお持ちなんですね。リーダーの
武田さんはアナログに固執しているところがあるそうですが、
レコードで聴いてもらえるのは嬉しいんじゃないでしょうか。 

ファンの人がYoutubeにのせてくれるといいんですが(他人任せ)。日暮し、杉村尚美の曲はすべて持っているので私がすれば
いいのでしょうが何せ時間が無くてね。
日暮しは日本的なフォークを目指していたとか。だからデビュー曲の「まちぼうけ」のような曲が出来たんでしょうね。続編みたいな「魯を漕げ」もいいですね。
そのつまらないと思う曲も聴いているとその味わいが分かります。
Commented by 743 at 2012-10-10 22:34 x
私は尚美さんから、年賀状をもらいました
(家族の写真付き)
誕生日も「隣」 わたし2月6日だから。
なんか人恋しくなって自宅のすぐ近く
までわざわざ行ったことがあります。
わたしは女性と縁がなく、一番縁があったのが、尚美さんです。
とっても女性らしい優しくて弱い方でした。
今の時期秋の扉を聞いて、号泣したくなります。
秋をテーマとした曲の中では、最高の部類
に入ると思います。
もっと、多くの人に聞いてもらいたいです。
Commented by Marrrsan at 2012-10-11 13:16
●743さん
秋の扉はグリコのCMに使われていたので
多くの人に当時は聞かれていたのでしょうか?
CMには日暮しも出ていたと聞いたことがあります。
残念ながら私の記憶にはありません。
尚美さんとは同じ年に生まれてます。私の方が1月と5日早く
生まれてます。尚美さんの行った大学受かっていたので、入学していればそこで会えたかも。
Commented at 2013-02-07 08:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 極楽 at 2015-10-19 20:13 x
ついに『ありふれた出来事』と『記憶の果実』がCDで発売されますよ。
diskunionのウェブで「日暮し」で検索してください。直接のアドレスはコメントに入れると送信できませんでした。
Commented by Marrrsan at 2015-10-19 22:34
●極楽さん 情報ありがとうございます。早速調べてみます。
by Marrrsan | 2005-04-18 11:16 | 日暮し | Trackback | Comments(18)