今世間を騒がしている「ピアノ・マン」。
「彼がずぶぬれの姿でイギリスの海岸で発見され、記憶を喪失していて身元が分からない」というヘッドラインを聞いたとき、私の頭に浮かんだのは「アナスターシャ」の話です。日本ではあまり知られていない話なのでしょうか。わたしも「アナスターシャ」の話を知ったのはエーミイ・アービングが主演したTV映画がきっかけでした。実はもっと以前にイングリッド・バーグマン、ユル・ブリンナーで映画化されていました。日本題では「追憶」というそうです。しかしこの映画はほとんどフィクションです。それに対しTV映画はかなり事実に基ずいてアナスターシャの話を描いています。
  
 d0000995_23375463.jpg アナスターシャは帝政ロシア最後の皇帝ニコライ・ロマノフ2世の娘でした。ロマノフ一家は革命軍によって一家全員が殺害されました。死体は埋められ、混乱の中それがどこに埋められたかは忘れ去られました。
  その事件から1年後ほどしてドイツのベルリンででひとりの若い娘が橋から身を投げて自殺を図るという事件がおきました。幸い彼女は目撃者により助けられて、命は取り留めました。しかし、彼女は記憶を失っていて自分が誰だかわからなかったのです。そして、彼女の身元を知るものもでてきませんでした。
 
  ところがしばらくして、彼女は突然自分はロシア皇帝ニコライ・ロマノフの娘のアナスターシャだと言い出したのです。ロマノフ一家は惨殺されたということは知られていたので最初は彼女の言うことを信ずるものはいませんでした。しかし彼女はかなりロマノフ家のことに詳しい情報を知っていて、あることに関してはアナスターシャでなければ知らないであろうということも話したりしたのでした。やがて真偽を調べるためにロマノフ家で働いていた人たちがこのアナスターシャと名乗る娘に面会に来ました。ある人たちはその娘がアナスターシャに間違いないと証言しましたが、ある人は偽者だと証言。結局決着はつきませんでした。
   
  その後いろいろあり、イギリス皇室とロマノフ家は血縁関係があり、イギリスのロマノフ家に近い親族がこのアナスターシャと面会し、最終判断として彼女はアナスターシャではないと結論を出しました。しかしこの娘はアナスターシャであるということを主張しつづけました。ロイヤルファミリーの無いアメリカではかなり歓迎されたこともあり、彼女はアメリカに渡り、そこで大学教授と結婚し、アンナ・アンダーソンとなり、アメリカ、バージニア州で亡くなりました。彼女は最後まで自分がアナスターシャであると主張しつづけていたそうです。
  
  彼女の遺体は火葬されたためDNAによる検査は不可能となり、彼女が本当のアナスターシャかどうかの決定は永遠に謎のままになると思われていました。
  
  そんな時ロシアでロマノフ一家の死体が発見されるという事態も発生しました。これでアナスターシャの謎も解けると思っていたところ、白骨化した遺体の中にはアナスターシャにあたる白骨が発見されませんでした。これによってあのアナスターシャを名乗る女性の信憑性が出てきました。
 
  それから数年後、アンナ・アンダーソン(アメリカでの名前)の髪の毛か歯かが発見されました。これによりはじめてDNAの検査が可能となりました。これでやっとアンナ・アンダーソンがアナスターシャ・ロマノフかどうかが決定できることになったのでした。
  
  そして、、、
結果を知りたい方は下の「アンナ・アンダーソンの秘密」をクリック。ミステリーのままで終わりたい方はココでおやめください。

アンナ・アンダーソンの秘密
[PR]
d0000995_0181998.jpg
  映画「卒業」の中で使われたサイモンとガーファンクルによる「スカーボロー・フェア―」は有名ですが、私は実はこちらのセルジオメンデスとブラジル’66のバージョンのほうを先に知った次第です。セルジオ・メンデスとブラジル’66はあるラジオの洋楽情報番組のテーマとして使われていた "Constant Rain" を聞いてから好きになりました。レコードジャケットにも大きく映画「卒業」のことが書いてあり、ジャケット裏には映画のスティル、アン・バンクロフトとダスティ・ホフマンの写真も載っています。日本のレコード会社は彼らのカバーを映画に便乗して出したのではないでしょうか。

ボサノバ風のアレンジのこの「スカーボロー・フェア―」はサイモンとガーファンクルのオリジナルとは全く違った曲のように聞こえます。詩もボーカルを女性が担当していたためでしょうか、She once was a true love of mine のところが He と変えられています。
[PR]
d0000995_1831637.jpg  1965年4月からNHKで1年間放送された子供番組です。なんと言っても目新しかったのは、多分テレビ番組としては初の実写とアニメを合成した作品ということ。その合成技術はあまり誉められたものではありませんでしたが、意欲的な作品でした。
  今回これを書くのにちょっと調べてみたらなんと原作はあのSFの大家小松左京さんだったのですね。しかも脚本が小松左京さんとこれまた今では有名なSF作家平井和正(エイトマンの作者でもある)さんが担当していたということ。
  正直ストーリーはほとんど覚えていません。しかし子供として、実写とアニメの主人公が活躍する楽しい作品だとわたしには強い印象があります。
  ピピは非常に簡単に子供でもすぐ真似して描けるようなキャラクターデザインでした。最作側にはそういった狙いもあって、ああいう姿だったのでしょう。
  ピピの声は中村メイ子さんが演じていました。
  子供と宇宙人の友情のような話し、ETの先輩でしたね、ピピは。

PS おまけに動くピピを貼り付けてみました。
d0000995_22583290.gif

[PR]
d0000995_14113317.jpg  これも「中1時代」の予約プレゼントの内の一つ。
なんと言う名前だったのかは覚えていませんが、
何かを暗記する時に使うものです。
上と下に細長い厚手の紙が入っていて、
その紙に上のほうに問題、下に答えを書きます。
例えば英単語の勉強の場合、上に英語下に意味、
あるいはその逆を書きます。
この手のひらサイズの機械に入れると、上の窓に
上に書いた問題の部分が見えます。
答えを自問自答したあとこの小さな機械を下へ押します。
すると、質問が書いてあったカードは下へ送られて、質問の答えの部分が下の窓からみられます。こうして数十枚入っているカードが次々と出てきて、これを反復して暗記していくというものです。
d0000995_1422442.jpg
d0000995_14253089.jpg


英単語の記憶、歴史の年代の暗記などには特に役に立っていたと思います。
[PR]
d0000995_11563770.jpgWaiting Room リトグラフ

現在ニューオリンズでスタジオ(アトリエ)として使わせて頂いている建物の部屋ですが、
この頃はある医者に貸していて、その医者はこの部屋を患者の待合室として使っていました。
後にこの医者は出てゆき、しばらくテナントが入らず空き部屋となっていました。
それまでの光と影を黒と白とで強調した描き方からほとんどの部分を利と鉛筆による描画で
ソフトな光と影のコントラストを描きはじめたきっかけとなった作品。
[PR]
d0000995_23121624.jpgカーリー・サイモンのだんな様ということで(その当時興味を持って買ったのがこのアルバム「ゴリラ」題名からするとなんだか冴えない感じでしたが、シンプルなジャケットの写真と何をやっているのかよくわからない、謎めいた格好に惑わされ(?)、それでも日本版は高いし、まだどんな感じの歌を歌うのかよく知らなかったのでちょっと安めの輸入版を買いました。

曲を聞いたらこれが大当たり。即座に好きになりました。声の質はカーリーより私は彼のほうが好みでした。
収録されている曲の大部分を気に入りました。軽快なカーリーとデュエットしている曲
How Sweat it is (To Be Loved By You) は中でも1番好きになりました。Marvin Gayeも歌っています。ネットで調べたら作詞がジェームス・テーラーとなっていました。マービン・ゲイのサイトだと作詞がマービン・ゲイになっていました。しかしアルバムのクレジットでは
Holland, Dozier, Holland となっています。 いくつかのサイトではこの名前が歌詞の一部のように1番最初のラインに出てくる。とにかくこれはジェームス・テーラーのカバー曲であることは確か。
 
アルバム最後にSarah Maria という曲がありますが、のちにこの名前はジェームスとカーリーの間に出来た娘の名前だということを知りました。娘も自分のことを歌った歌があるなんて(実名で)いいですね。

このアルバム以降何枚かジェームステーラーのアルバムを買いつづけました。

収録曲
MEXICO
MUSIC
HOW SWEET IT IS (TO BE LOVED BY YOU)
WANDERING
GORILLA
YOU MAKE IT EASY
I WAS FOOL TO CARE
LIGHTHOUSE
ANGRY BLUES
LOVE SONGS
SARAH MARIA

発売元:Warner Bros. Records Inc. 1975
[PR]
d0000995_9483511.jpg本格的に本を読み始めたのは高校に入ってから。でも、日本文学というとなぜか内容が暗いというイメージがあって(おそらく芥川とか太宰のように自殺した人が多いというイメージ)あまり読む気がせず、もっぱら西洋文学を中心に読んでいました。

その私の気を変えさせたのが北杜夫の作品でした。特に「どくとるマンボウ航海記」などは声を出した笑ってしまうところが多々あります。以来、北杜夫の作品をかなりの数読破しました。
 
ここで紹介する「少年」という作品は彼がまだ大学生だった20代前半に書かれた作品で、かなり稚拙な部分もあるのですが、そこがまた魅力にもなっています。
彼の初期の代表作である「幽霊」の習作的な作品でもあり、どくとるマンボウシリーズに通ずるユーモアのある表現もあちらこちらに現れています。主人公の旧制中学生生活の描写は
「どくとるマンボウ青春記」にも通じます。一番最後の部分はまさに「幽霊」の最終部分とかなり類似しています。

「幽霊」と「青春記」をあわせて読むとさらに楽しめる本だと思いました。

「青春記」と「少年」を読み、舞台となった松本に憧れたものでした。
[PR]
d0000995_16152616.jpg

  石川セリの曲を初めて聴いたのはやはりラジオのリクエスト番組でした。その時にかかった曲は「フワフワ・WOW・ WOW」という曲でした。。みなみらんぼうの作詞による曲で軽快でアップビートな元気が出てくる感じの曲で、アレンジ、石川セリの声に惹かれました。レコード店でこのアルバムを見つけ、当時一番のファンであった荒井由実が何曲か曲を提供しているということもあり、迷わず買いました。
 
 「フワフワ・WOW・WOW」も収録されていて、早速聴いたところ私がラジオで聞いたものとは曲のアレンジが全然違いショックでした。おそらくラジオで流されたものはシングル用にアレンジが変えられていたものだったと思います。シングル版を探しましたが当時見つけられませんでした。ラジオから録音したものを持っていて、今でもそのシングル・バージョンのほうが断然好きです。

  アルバムには荒井由実の曲は3曲あり「朝焼けが消える前に」と「霧の桟橋」は作詞・作曲を手がけ、「ひとり芝居」では曲だけを提供しています。この3曲とも好きですが「霧の桟橋」が1番好きな曲です。詩のイメージが聞きながら目の前に浮かんでくるような上手い状況描写の詩です。(ちょっとクリシェといえばクリシェなのですが)
  
  「優しい関係」という曲は昔、浅丘ルリ子が歌った「愛の化石」を彷彿とさせる曲で、ほとんどの部分が歌というより詩を読んでいるという曲です。詩と詩の間に「ララーラー・・・」と歌うほかは詩の一番最後の部分になるまで詩を読んでいるだけです。最後の部分だけメロディに合わせ歌っています。

  アルバム最後に収録されている曲が「遠い海の記憶」という曲です。私は全く記憶になかったのですが、この曲はあのNHKの少年ドラマシリーズの「つぶやき岩の秘密」というドラマの主題歌だったということです。
 
  当時、3年の沈黙を破って発表されたというこのアルバム、私としてはほとんどの曲が気に入っているアルバムです。(「フワフワ・WOW・WOW」がシングルバージョンだったら完璧)

  なおご存知の方も多いと思いますが石川セリは井上陽水と結婚しました。

A面                       B面
   朝焼けが消える前に             ひとり芝居
   霧の桟橋                    SEXY
   ときどき私は・・・                TABACOはやめるわ
   虹のひと部屋                  優しい関係
   なんとなく・・・                  フワフワ・WOW・WOW
   さよならの季節                 遠い海の記憶 

発売元:日本フォノグラム株式会社/ フィリップスレコード    1976
[PR]