<   2015年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

いよいよ今夜、正確に言うなら明日の午前0時5分発のフライトでロスに向かいます。
ロスではほんの数時間ですが、ロス在住の友人の水彩画家兼エキストラ俳優のさむさんと
お会いする予定です。その後再び私は乗り継ぎの飛行機に乗り、ニューオーリンズへと
向かいます。ニューオーリンズには27日の午前5時5分到着予定。時間だけ見るとたった5時間!?
(午前0時5分に出て、ニューオーリンズに午前5時5分なので)
でも私はタイムマシンに乗って日本時間27日の午前0時5分から、26日の午後6時8分のロスに、つまり過去に
行きます。

[PR]
d0000995_17254594.jpg

ついに今回最後にマサコさまとお会いして、交換条件を出して、交渉を終え、6月末の展覧会にお持ちすることを承諾し作品をお預かりしてきました。
こちらの条件も受け入れてもらったので、今までとは違いマサコさまに利用されているという感じではなくて、気持ちはすっきりしています。7月に作品を返却したら、たぶんマサコさまとお会いするのも最後、、、、、、、かな????
お年を召したのでしょう、話がくどくて同じことの繰り返しばかり。最後だと思って辛抱強く話のお付き合いをさせていただきました。

[PR]
どうです腫れているでしょう?
d0000995_2158611.jpg

でこっちが正常な方。比べると違いが分かりますよね。
d0000995_21585612.jpg

別に酷使したわけではないのだけれど・・・・・
[PR]
d0000995_229910.jpg

上の写真はF市のH地区へ行く途中に撮った写真。
この景色が気に入っていて、この木とこの建物にとても魅かれます。
H地区はかなり山の中で桜もまだだいぶ残っていました。ほかの花々も咲いていていい景色でした。

[PR]
d0000995_2341682.jpg


キンキンはこのロバ君で有名になったんだっけ?
すでにこの時子供だった私は愛川欽也という声優(俳優)を知っていましたね。
なんで知っていたんだろう。
残念ながら「ルート66」のマーチン・ミルナーの声をやっていたのは知りませんでした。「ルート66」は再放送でちょこっと見た記憶があります。でもその当時はジョージ・マハリスの声をやっていた納谷悟朗の声の方が好きで記憶に残ってます。


キンキンは2枚目もやれ、3枚目もやれて、「かわいい魔女ジニー」での3枚目や「宇宙エース」でのヤドカリ記者の3枚目もやってました。
d0000995_23265417.jpg


でもキンキンとして名が売れたのはTBSラジオでのパックインミュージックでしょうね。
d0000995_23243335.jpg

それから司会業がぐんと増え、LIVE YOUNG!とか11PMなんかで売れて、「なるほどザワールド」へとつながっていきました。

ご冥福をお祈りします。

[PR]
d0000995_22293272.jpg

気が緩んだのか、寝坊しました。
目が覚めて時計を見たら、午前6時半過ぎ!
これから朝の散歩に出るには遅すぎる。
あきらめて、ベッドで7時までグダグダ過ごす。

それでも朝の散歩をしないのは気分がすっきりしないので、朝飯を食べ、
「まれ」を見て、猫に餌を与えてから、散歩に出ました。
今朝は晴れて暖かで、気分よく朝の散歩ができました。寝坊してもしっかり朝の散歩をして
気分も爽快になりました。

[PR]
d0000995_17162435.jpg


霧の深い朝でした。その中をウォーキングしました。天気予報通りに気温は暖かで、霧のそのためでした。

さて、今日はマサコさまが来る日でした。何のためかって?
では話を先週の金曜日に戻して、「マサコさま登場」の続きから始めましょう。

マサコさまは長々とロンドンでの生活やジョージとの事、はたまたロンドンの日本人の知り合いの話を続けていました。まずジョージですが、彼は何とか仕事が見つかり、マサコさまのフラットからは出て行ったという事です。そして彼はロンドンの自分の家で暮らしているとの事。家がロンドンにあるならそこに始めから行けばいいものを、なんか複雑な理由があったようです。とにかく仕事が見つかるや自分の家に戻っていったようです。ジョージがマサコさまのフラットにいることで彼女はストレスを感じアレルギーの発症の原因の一つになったようです。さらにそこにさしてマサコさまと年齢的には変わらない友達がジョージの誕生祝いの会に現れてから、なんとなくジョージに近づいて行き、マサコさまがいるのに、それを無視して彼女はジョージに直接連絡しているという事を知り憤慨しました。それが更なるストレスとなり、彼女のアレルギーはさらに悪化。70歳を過ぎた女の同士の男の奪い合い??
マサコさまはジョージの事はもうただの知り合いと言う関係と言いながら、やはりこういうことになると穏やかな心境ではいられないようです。とにかく20年近く親しくしてきたので、彼女が死んだらジョージにほとんどの遺産をあげようと考えているらしいですね。私にも迷惑料として少し遺産をくれ~と言いたいけれど、いや下手にもらったら面倒そう。とにかく縁は切れてほうが楽。
とにかく長々とロンドンの出来事などが続き、私は「こんなことでわざわざ私に会うはずはない」と思っていました。
私がそろそろ失礼しますと言うと、マサコさまは甘えるような声で
「ちょっとお願いがあるのよね。」
キタ~~~と思いました。やっぱりね。初めからこれが目的だったのです。
私も薄々そう来るだろうとは思ってました。のこのこと何故私がマサコさまのお誘いに乗ったかと言うと
私もちょっと企みがあったのです。ただ単にマサコさまに利用されるのはもう、ごめんなのでマサコさまがそう出るなら、私はこう出ると交換条件を言いました。マサコさまはその条件を断れるはずもなく、一応承諾したのでした。
そして今日、マサコさまは私との交換条件を満たすためにやってきました。私もこの交換条件のためにマサコさまの要望に応えるつもりです。もう、タダではマサコさまには使われません!

[PR]
d0000995_135241.jpg

昨日はおとなりの町、甘楽町へ行ってきました。 天気も予想よりは良く暖かでした。
ある名誉町民の方が寄付した絵画をもとに町で建設したギャラリーがあると言うのです。町営ギャラリーを建てられるとは大した町です。平成の大合併でも隣の世界遺産がある富岡市とは合併せず、独自の町づくりをしているらしく、財政が潤っている小さな町のようです。
そのギャラリーで町にただひとりの人間国宝の木工作家がいて、その展示と昨日は作家さんのギャラリートークとあるとのことを知りで行ってみました。その人間国宝の方ですが、なんと私と同い年!!見た目はお若い風貌の方でした。こんな若くて人間国宝になれるのですね。人間ごみの私とは段違い。
しかし、ギャラリーがあまりギャラリートークとかに慣れていないのかギャラリートークが行われるというロビーはは人で溢れ、あまり仕切りの良いトークではありませんでした。そして作家が作品のそばに行って説明するのですが人が全員は言ったら身動きできなくなるような感じになりました。どこかにきちんとして場所でやって欲しかったです。1時間以上も立ちっぱなしで聞くというトークでした。ご年配には辛いトークタイムでしたね。あとでフライヤーを見るとちゃんと映像展示室なる椅子もある、大きなスクリーンもある部屋があるではないですか!!そちらでスライドを使ってやって欲しかったですね。田舎なのであまり人が来ないと思っていたのでしょうか?
d0000995_13534437.jpg

d0000995_13541441.jpg

ま、ギャラリーはそんな感じだったのですがそれよりもギャラリーの外にある楽山園という織田氏が築いた陣屋や庭園が良かったです。近くにこんないい場所があるとは私はその日まで知りませんでした。サクラが丁度満開を過ぎた頃でしたがまだ十分毎回に近い感じで、とても雰囲気のいい所でした。そこまで行く道には桜並木が長く続き、昔風の建物もそこに立ち並び、風情のあるところでした。

[PR]
これは今日書きますが、昨日の日記です(4月10日)。


M市でのカルチャー教室に出かける。実は先日電話でマサコさまから授業のあとでお話があるので会いたいと
連絡を受け、行くときは事前に連絡すると聞いていたのですが、何の連絡もなく一安心したような、ちょっとがっかりしたような気分でした。

カルチャー教室はスムーズに進みクラスの人たちも楽しそうでした。
そろそろ授業が終わる頃でした、誰かの携帯が鳴っていました。ふと不安がよぎる。そう、それは私の携帯。そしてその相手の主は、、、、、、。そうです、マサコさまでした。
「今日が金曜だとすっかり忘れていたわ。今急いできたのよ。下のコーヒー店で待ってるから来てね。」
言いたいことだけ言うとさっさと切られました。
今日は会わずに済むかと思っていたのに、、、、。

マサコさまにお会いしてまず驚いたのは、ちょっと御痩せになっていたことです。ふっくらとした姿がちょっと厚着の服を着ていてもかなりスリムになっているのがわかりました。ダイエットした??

そんなはずもありません。
「これでもまたちょっと体重増えたのよ。日本の食事は美味しいからつい食べ過ぎちゃうの」
そう言ってから突然、「これを見て」とマサコさまが差し出す両手。
それを見て思わず「ゲッ」(心の中ではウッ胃から逆流するものを押さえる)
吐き気を催すようなできものができた後のような醜い手。その手はまさに「手のお岩さん」
「もうすごいアレルギーが出ちゃって、手から足からものすごい状態で、死ぬかと思ったわ。見えないけど足なんか包帯巻いているのよ。先週は悪い歯を抜歯したし、もう身体ぼろぼろよ。」
早速愚痴がはじまり、そして得意な他人の悪口がはじまり、なぜこんなひどいアレルギーが起こったかを
滔々とお話し始めたのです。

この続きは次回、、、、でもききたくないでしょうね。

[PR]
d0000995_2323618.jpg

予報では12時から晴れる。

トンでもございませんでした。朝からどんより曇ったまま。でも昼ごろには日差しが出てくるというので、それを信じて洗濯をしました。お昼前の天気予報でもわが県は12時過ぎから晴れるとまだ言ってました。空を見るととても晴れそうにない灰色の空でした。
晴れたのは日が暮れて暗くなってから。予報では夕方また曇るっていた居たけど、、、、。
曇天で震え上がるくらいの冬の寒さでした。なんとか洗濯物は乾きましたけど。

[PR]