<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

d0000995_9495652.jpg
 

今日はカルチャー教室で僭越ながら先生として、教壇の上に立ち
偉そうに色鉛筆画とポリエステルリトグラフのクラスを教えてきました。

色鉛筆画では見学者が一人現れ、来週から参加したいという生徒さんが
来られました。
その反面、一人の生徒が私にはちょっと難しいと題材の難しさをそれとなく
指摘する生徒が。やはり私の基準がちょっと高すぎるのでしょうか?
更に程度を下げるか、生徒にもっとオプションをあたえようかと思い始めています。

版画は前回休みだった2人が今回は出席しましたが、前回から参加した生徒が
欠席。なかなか全員そろわないクラスです。でもみんな版画づくりを楽しんでいるようです(と信じている私)。

そして夜には町の公民館での英会話サークルに生徒として参加。今日はM市の方から
大学の同窓生が参加してみるという事で近くのスーパーの駐車所で待ち合わせをして
公民館に行きました。今日は2人のALTが参加していたので、同窓の人には良かったのではと思います。また珍しい人が2人も参加しました。この二人は6か月ぶりと3か月ぶりの人です。一人は仕事が忙しく参加できなかったとの事。出張でタイや中国に行っていたと言うのでいろいろ質問しました。

という事で同窓生も楽しかったと感想を述べていたので安心しました。ただ遠いので毎週は参加できそうにはありませんが、来られるときになるべく参加したいとの事。

水曜日は忙しい一日でした。
[PR]
これは実際に起こった実話です。



d0000995_1654949.jpg
ここ毎日、その時間が来る

と静かに私に襲い掛かってくるものがある。
今日は大丈夫かな、と思っていてもやはりまた襲われて、負けてしまった。
何とか勝てないものかと昨夜から準備していたのにやはり、敵は強い。
私の心の中にも、負けてもいいかと言う弱気なところがありそれで
コテンパンにやられてしまうのかもしてない。

今日は昼食後少しPCを見ていた時それは私に襲い掛かってきた。
ものすごい勢いでもう逆らう気力もでないほど。
このまま負けてしまってもいいとまで思い相手のままに・・・・

そしてどれくらい経っただろう。
長い時間だったようでもあり、ほんの少しの時間だったようでもあり、
私はうっすらと目を開け、壁に掛けてあった時計に焦点を合わせた。
2時間近く意識がなかったようだった。やはり負けてしまった。
少なからず敗北感が私を打ちのめす。





あ~ぁ、また睡魔に襲われ昼寝をしてしまいました。

チャンチャン!
[PR]
d0000995_2151261.jpg


「ザッブ~ン」ではなくて、「ザッフ~ン」です。

音楽に興味のある人は「ザフ~ン」がなんであるかすぐ分かりますよね。
水に飛び込んだ音ではなくて

ザフ~ン とは楽器の名前です。
またの名をポケットサックスと言い、画像のように小さな縦笛、リコーダーのような
形ですが、これでなんとサックスのような音のです笛です。
それに魅かれてつい買ってしまいました。
笛とは言うものの尺八やフルートと異なり、この楽器はリードを使って吹くのです。
尺八やフルートになれていた私は、いくら吹いても音が出ずなんだこれはと思い、しばらく部屋の隅に放っておきました。



しばらくして、一応買ったのだからと思い再び手に取って吹いてみました。でも音は全く出ませんでした。そこで付いてきた小冊子を読んでみると(英語です)、マウスピースを上の歯でしっかり噛んで、下の歯は下唇で覆って状態で吹くと書いてありました。そうして幾度が吹いてみると、突然大きな音がでました。吹いて自分が驚くくらいの音でした。これで曲が吹けたらおもしろそうです。
難点は吹くのが少し難しいのと、9個の穴を抑えるのが、穴が近すぎて正確に抑えるのが難しいことです。楽譜を見てなんとか「メリーさんの羊」がたどたどしいながらも吹けました。

尺八、フルートそしてザフ~ン。次はいったい何を始める気でしょうかね、私?
[PR]

LDR

d0000995_9261096.jpg


ニューオーリンズで住所だけを借りている友人からメールで連絡が入りました。亡きパートナー宛の手紙が2通届いているとの事。そしてその2通はLDRつまり、ルイジアナ州の州税についてとの事。2通の手紙の内容をメールに添付してきました。

税と聞いただけでもう読む気がしなくなりました。しかもDVDをそのメールの前に見ていたので、視力の焦点が合わずPCの画面の文字がぼやけてしかも2重3重にみえたりしました。
とにかく思ったのはもうパートナーの事はすべて終わったと思っていたのにまたもや問題が!?という気持ちでした。本当にネバーエンディングストーリーだなと思いました。
とにかくその時点でなんとなくわかったのは、追加の資料をあれとこれとそれを15日以内に送ってよこせという事だけは大雑把に理解できました。あ~めんどう。州税の申告になにか問題があったのか。確か前年のものを参考にして書いて送ったので間違いはないと思っていたのに・・・。

そして今朝。
あまりやりたくないことだけどやらなくてはと思い、添付の手紙をプリントアウトしました。少しすっきりした頭でその手紙と手紙に添付された書類を読むと、1通目と2通目は全く同じ内容で1通目には添付の書類がついてないだけでした。それに気づいて2通目を送ってきただけのようです。つまり基本的には1通の手紙だけだったという事。

さて、視力もいい今朝、内容をしっかり読んでみると
何のことはない税の返金をしたいので、上記の書類と死亡証明書を送ってほしいと言う内容でした。

ほっ。
[PR]
今年の子猫です。
でも2,3匹同じころ妊娠していたので、どれが親なのか謎?
でも3匹くらいで一緒に面倒みているようです。

d0000995_919509.jpg

[PR]
d0000995_0202355.jpg


フルートの本格的なレッスンの始まりでした。
前回これから使っていこうと言う教則本を本日から始めました。

最初の3曲、「一番星」、「メリーさんの羊」、「かごめかごめ」は家で少し練習もしておいたので難なくクリヤー!幸先がいい。

そして問題の4曲目。
「水車」と言う聞いたことがない曲。ジェンセンさんの作曲。誰?知らない。
そんなことは良いとして、どんな曲か先生に一応吹いてもらう。そう難しそうではないがやはり聞いたことがない曲でした。最初の頃にこういう知らない曲は使ってもらいたくないですね。
そしてこの4曲目の練習曲から新たにC(ド)とD(レ)の音が出てくるのです。
フルートのドとレのほかは1オクターブ上がっても指の使い方は同じなのですがドとレだけ微妙に変わります。それだけならいいのですが、この曲「水車」には1オクターブ上のドとレが続けて出てきます。もう指がついていかない。ドは、ああなってレは、こうなってと指の形を思い浮かべながらキーを抑えようとするともう、頭と指がパニック。全然変なところを抑えたり、指が引きつりそうになったりします。ただでさえ1オクターブ上のドを抑える時は支える指が2本だけになり、フルートが支えきれずに手から落ちてゆきそうになると言うのに次にレを抑えなくてはならないと言うと、指が全然追いついて行きません。
ド、レ、ド、レ、ド、レこればっかりを練習しなければこの曲を吹けません。
2週間後のレッスンまでになんとかできるように頑張るしかありません。
[PR]
あるとは思ってもいませんでした。

d0000995_215875.jpg


甥が高くなりすぎた松の木の上の部分を伐採するために、買ってきた物です。
3メートル近くあるそうです。これなら比較的大きな木も上の方の伐採や刈取りに
使えて便利そうです。

でもしまう場所にちょっと大きすぎて不便です。
[PR]
d0000995_10192244.jpg


久しぶりの懐古的有名人。
この画像からこの人がわかるでしょうか。私もこれだけではピンときませんでした。
昔の面影はあることはありますね。
調べたら私と同じ年生まれ。という事はもう還暦がそう遠くない!

ついでにヒントも
この人を見てピンとくれば、あなたは「テレビっ子」←この表現も古い?

d0000995_10193645.jpg

[PR]
d0000995_13423195.jpg


6月の東京個展のDM(案内状)が完成して、11時過ぎに届きました。個展まで半月ちょっとで、いつもより遅い出来上がりです。いつもなら1カ月前にはとうに出来上がり、届けられているんですけどね。ゴールデンウィークが影響したのでしょうか。

今までリトグラフの作品をDMに使う事が多かったのですが、モノクロでもフルカラーでもおなじ料金ならカラーを使った方が得と思い、今回は色鉛筆画を使う事にしました。なかなかいい仕上がりだと思います。

そしてもう一つ、こちらは「ぐれいにゅうす」と言う月1回発行されるものに掲載されたリトグラフ作品です。
こうしてみると写真のようですね。

d0000995_13485294.jpg

[PR]
昨日やっとメールの返事が・・・・。

d0000995_96569.jpg


そう月曜日の尺八愛好会の先生から届きました。
先週の金曜頃、送ったメールの返事でした。
というか、返事としては遅すぎて何の役にも立たなかった返事。

実は今週の月曜日に見学に伺ってもいいかとたずねたメールだったのですが、
月曜までに返事をいただけませんでした。でもとにかく行ってみようと、出かけたわけです。
特に問題はなかったものの、連絡先としてメールのアドレスを記載しているなら、もうちょっと
こまめにチェックしていてほしかったですね。
[PR]