<   2013年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

d0000995_21181875.jpg


パスタマシンと言うパスタを家で簡単に作れる機械を売っているとの情報を得ました。
しかも値段は案外安いではありませんか。だいたい1600円から上を見れば数千円くらいで購入できるという。 まさか数千円でパスタマシンが買えるとは思ってもいませんでした。その昔私が子供の頃には実家にもうどんの製麺機があり、母親がそれを使ってうどんは自宅で作ってました。だからうどんは家で作るものと思ってました。店で買うものとは思ってませんでした。そしてその製麺機は3万から4万円くらいはしたのです。
昔家にあった製麺機は下の写真のスタイルの物。近所の家にもだいたいありました。

d0000995_21271491.gif

そのうどんの製麺機に似たパスタマシンと言うものがあり、しかも販売していて手に入るものだとは思いませでした。
これで簡単にできるぞ~!!

d0000995_21274634.jpg


と言っても私はパスタが作りたいわけではありません。もちろんうどんでもそばでもありません。

この機械を使うと版画が簡単に摺れるのです。
パスタマシンにはローラーで麺を平らにのばすものと細かく麺状に切るところがありますが、その麺を平らにのばすところが、プレス機の役割をしてくれるのです。サイズは限られますがここを使うと印刷がとても簡単。これは版画のクラスに使えます。私の買ったのはオークションで1円でした。
パスタマシンは1円でしたが、送料、代引き料で1666円取られました。
上手くできたものです。送料で儲けようとしているんですね。
とにかく試してみたら十分使えます。安いプレス機が買えました。
後でパスタを作ってお腹も満足できるかも(笑)。
[PR]
現在はっちゃっきこいて(どこの人だ!)制作しているのが、リトグラフ、、、、、ではないんですぅ。
怠惰に時間を過ごしていますぅ。、、、、ばかりではなくっ
こんなものを描いてます。

d0000995_2218101.jpg


上の写真のような絵を描いてます。これは色鉛筆画です。今カルチャー教室で色鉛筆画を教えているのでその教材用に描いたものですが 自分で言うのもなんですが、案外よくできたので、これを東京の個展に出す事にしました。
今年の個展は版画(リトグラフ)とドローイングを展示することに決めました。あと1か月あまりなので集中して描きまくります。
[PR]
グループ展の打ち合わせのために、会場となる場所へ集まって会場の様子などを5人で見てきました。(本当は6人のグループなのですが一人は都合で来られませんでした)
去年と同じ場所なのですが、今回は一部会場が改装されて、広くなっていました。しかも会場が明るくなった感じがして去年よりはいい雰囲気になってました。

d0000995_22453290.jpg

外所さんの作品実物はかなり大きいです!


そのあと、今年から新たに参加する花屋さんのトドコロさんの店に行ってみようという事になり、全員で行ってきました。彼自身は奥さんと共に花屋さんのオーナーなのですが、他に彼は彫刻的な変わった花を活ける器を作っています。器と言っても普通の花瓶のようなものではなく、前衛芸術のようなものです。なかなか面白い作品があり、彼が楽しんで作っているのが伝わります。いい展覧会になるのと思い、期待大です。
[PR]
d0000995_22423673.jpg


まずは水曜の一日は10時からの尺八サークルの集まりから始まります。
それに月2回、水曜日には先生が来る日そしてそれが今日。しかもこの集りの後は老人ホームへの
慰労演奏会があるとかで私を除くメンバーと先生は30分ほど早くきりあげて、埼玉にある演奏会会場へと
向かいました。私はまだ曲は弾けないので置いてきぼりです。仕方ないし、正直あまり行きたくはないので
良かったと思いました。

そして夜は英語サークルの日でした。そして今日はデニーズクラブの方ではなく、
町の公民館のサークルの方へ顔を出してきました。
なんと珍しく今日は3人のALTがサークルに来ていました。どうしたんだろうと
思ったら、今日はサークルのメンバーの一人の誕生会をやると言うので3人とも現れたようです。普段はこのメンバーの一人か二人しか来ません。
ちゃんとイチゴのデコレーションケーキを買って来ているではありませんか。
最近このサークルはメンバーの誕生日はこんなふうにその日は誕生パーティーになってしまうようです。
[PR]
d0000995_093411.jpg


実家の庭には白いハナミズキが満開。

今日は午前中、近所のフルート教室に行ってきました。近所とはいっても1キロは離れています。とはいっても車で5分もすれば着く近くの山の中にある住宅地。教えていただくのはまだ若い女性です。30代前半?家に着き、家の中に招き入れられると、教室に使う隣の部屋でPCの前で何やらしている夫らしき男の人がいました。平日に家にいるという事は自宅で仕事?と思いましたが、あとで彼はこの地方の交響楽団の団員でオーボエを担当する音楽家だという事がわかりました。今日は体験レッスンという事で私がどの程度フルートの事を知っているかとか吹けるかを聞いて少し練習をしました。2,3週間だけと言う割にはできる方だと言っていただきました。一応彼女から初歩から少し教えていただこうかと思っています。少し遠いところからも彼女のところには来ている生徒がいるとで埼玉の本庄から通っている人もいると聞き驚きました。

午後は車の車検をしなくてはいけないので、自動車屋に行ってきました。特に大きな問題はなく、1時間ほどで完了しました。
[PR]
d0000995_23525177.jpg


昨日はヤ●ハの音楽教室で生徒となってフルートのレッスンを受けてきました。
そして今日は、カルチャー教室で色鉛筆と版画の先生と言う逆転の立場になりました!
肉体的には楽なのだけれど、先生は精神的に疲れます。ぐったりして
帰ってきました。 なにしろ朝の10時から午後3:30まで時間的に拘束されるので。

でも夜は英会話のサークルに参加してきました。
いつも暇なので今日の忙しさは嬉しいけれど、尺八とフルートの練習時間が
減ってしまいそこが残念。でも練習もちゃんとしました。授業に行く前と英会話のサークルの後で。
[PR]
d0000995_739592.jpg


フルートをやりたいとは思っているのですが、独習だと大変かなと思い
やはり教室に通うべきかと思い、まず思いついたのがヤ●ハの
音楽教室。そこには無料体験レッスンと言うのがあったので
まずそのレッスンを受けようかと2週間前に予約を入れ、昨日
行ってきました。行ってみるとやはり子供のお稽古事として
習う人が多いのか、子供やその迎えに来たお母さんと言う感じの人が
多くて、私のような年寄りはあまりいません。いや全然いません。
ここは子供の英語教室もやっていて、やはり子供が多いところです。
別にそんなことはどうでもいいのですが。

時間になったので受付の人がフルートの先生のいる個室へと案内して
くれました。

まずは簡単に息の出し方を練習してすぐにフルートの頭部管を吹いてみる
事になりました。これは尺八より簡単で音はすぐに出ました。息が出ると
分かるとすぐに譜面を渡され、では吹いてみましょうと言われる。最初のレッスンでもう?
簡単に指の押さえ方を教えてくれて、今回はソ、シ、ラだけを使って吹くという事になるま、レコーダーのような感じでそう難しくはなく、初心者用の
ヤ●ハが作った「アゲハチョウ(Swallowtail)と言う曲を即演奏させられる。
なかなか上手い教授法だと思いました。つまりすぐにその楽器で曲が弾けると
やり続けたいと思います。これからどんな風に指導するのかと聞くと、レッスンごとにまず音階を学びそれを使った曲を弾いてみるらしい。
なかなかいいレッスンの仕方ですが、入会金、施設費、テキスト代がかかり、
30分の個人レッスンで月3回で1万以上するので考えます。個人レッスンは良いけれど30分は短い。あっと言う間に終わりそう。
体験だけにしておこうと思いました。
[PR]
d0000995_22424958.jpg


桜のシーズンが終わって、実家ではモクレンの木にきれいな濃いピンクの花が咲いています。
ニューオーリンズでモクレンは1月中ごろから咲き始めますが、日本だと今頃ですね。今年は
2回モクレンの満開の時期を見られます。
[PR]
今日は晴れのち曇りの天気でした。外はぽかぽか陽気。
なのに家の中はそんなに暖かくならない。
しばらくPCの前に座っていたりすると、足が冷えてくる。もう冬のように寒い。
窓でも開けて暖かい空気を取り入れたい気もするが、花粉が相当飛散しているという事で
窓も開けられず、寒さに耐える今日この頃。レギンス(ももひき)履いて頑張ってます。
[PR]
d0000995_21332557.jpg


前回の謎の黒いバッグの中身はこれでした。フルートです。
尺八をやっていて突然管楽器に興味が湧いて、いろいろな管楽器をみていたら、無性にフルートを吹いてみたいと思うようになりました。なんとなくフルートと言う楽器は興味があったのですが、あの見た目複雑そうなメカでできたキーを見ると、とても手におえるような楽器ではないと思い怖気づいていました。もともとメカには弱いタイプの私です。複雑そうなあのキーを見ただけで吹くとなったら尻込みします。

しかし、今回ネットでフルートについて調べていると、見た目ほどは難しくなさそうでした。そういえば中学校の頃ブラスバンドの子が確かフルートを吹いていました。
もう一つネックになったのはフルートと言うと値段が高いという事。安くても7,8万はする。ところがネットで1万円ちょっとの入門セットと言うのがあり、その値段なら手が届きそうと思いました。買った人のレビューを読むと初心者には十分な楽器みたいな事が書いてあり、それならと思うようになりました。しかし、それは商品のレビューで正確なフルートの評価ではありません。もっと詳しく調べるとほとんどの人がヤマハのエントリーレベルのフルートを推薦しています。外国ではと思いアメリカのサイトを調べると、アメリカ人はヤマハは良い製品としながらも値段を高くつけすぎているというコメントが多くありました。彼らは台湾製のジュピターと言うフルートを薦めていました。この会社の楽器はヤマハと同じくらいの製品を作っていて値段が安いと言う評価でした。
そんな時ネットで新品のヤマハのフルートがかなり安い値段で売られているのを見ました。セットでいろいろ役に立ちそうなものが付いてくるのです。この値段でヤマハのフルートが買えるならお得かもと思い、買おうと思いましたが、よく見るとEメカと言うものが付いていない機種だとわかりました。ではEメカがついているといくらなのだろうと思い調べてみるとやはり1万5千円くらい高いようでした。Eメカと言うのは普通のフルートでは出にくい「ミ」の音を出しやすくするためについているという。
ここで少しでも安い物を買うか、少し高くても演奏が簡単にできる方を買うかで悩んでしまいました。その意見をネットで調べると1長1短あるようです。でも初心者にはやはり演奏しやすいほうがいいと言う結論に賛同してちょっと値が張りましたがついに買ってしまいました。
フルートも尺八と同じようにリードがないので音を出すのは割と難しい楽器です。私は尺八もしているのでこの点は割と楽にクリヤーしました。(まだまともな音ではありませんが)しかしこれからやっていくのにはやはり独学より誰かに習った方がいいようなので、近所のフルート教室を探して、そこでしばらく習おうかと思っています。
d0000995_21574072.jpg


久しぶりにカップリング機能を使い尺八とフルートの二重奏をやっている風の写真を撮ってみました。
[PR]