<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブログの新しいエントリーがなくて、ついにMarrrsanも亡くなったのかと思いの方も多いでしょうが
(えっ、思わない?)、ま、とにかく、その理由を申しますと、
最近、またログインが難しくなってます。何回もトライしているのですが、なかなかできずあきらめています。これはサイトの問題ではなく
こちらのダイアルアップの状況のようです。ほかのサイトでも書き込みが
難しかったり、非常に重くなってます。このような状況のため、
こちらのエントリーは日本に帰るまでは、運良くログインできた時にだけ
になると思ってください。決してこのブログをあきらめたわけでは
ないのでご辛抱を。今回は運良くログインが成功しました。
今まで何回ログインをしようとしましたが、こんながめんになってしまってました。
d0000995_12102536.jpg

[PR]
こんなものを手に入れました。

d0000995_1056191.jpg


1日30分これを歯に貼り付けるだけで、3日で白い歯になるそうです。
実験台になります。3日後のレポートをお楽しみに!!

[PR]
今日はセイントパトリックデーなのでパレードがありました。
アパートから1ブロック先にパレードが通ると言う好条件の場所です。
パレードが始まる数時間前から、緑の人々が集まってました。
d0000995_14351481.jpg

このパレードではキャベツを投げるというのは数年前からの読者ならご存知ですね。
キャベツのほかにいろいろな食物も投げてくれます。貧乏人には助かります。

さて本題。
今日は不快な経験をしました。
フロートからいろいろなものが投げられたのですが、あるフロートからプリングルの筒に入ったポテトチップスが数個飛んできました。私は取れなかったのですが、ふと横を見ると誰も受け取らなかったプリングルがひとつ落ちていました。私は急いでそれを拾い、そばにいたシニアの友人に渡しました。
するとどこからともなく声をかけてくる中年女。
女は「それは私になげてよこした物だから返して」と言うのです。投げられたものは拾った者がちで誰のものでもないはず。しかし女は「私に投げてよこしたもの」と言うことを強調して、シニアからプリングルのポテトチップスを取り上げました。私は憤慨しました。
普通こういうときはどうぞと譲ってくれる人が殆どです。それも取り合いになった時で、今回のように落ちていたものを拾ったあとで「わたしの物」と主張する人は初めてでした。そのときはあっけにとられて言われるままでした。あとで考えたら、どこにあなたに投げたと言う証拠があると言いたかったですね。それに落ちていたものを拾ったものなのに。さらに足の悪い年寄りから取り上げるとは性悪女です。楽しいはずのパレードがこの出来事でちょっと不愉快になりました。

あとでニュースを見ていたらマルディグラのときパレードを見に来ていた知恵遅れの女の子を大学生たちがからかい朝笑っていたという出来事があったと言っていましたがそれに匹敵する出来事だと思いました。

ぷんぷん!
[PR]
今朝、午前9時ごろスーパーに買い物に行こうとアパートのドアを開け外を見ると

げっ、!

ものすごい煙が立ち込めていました。
え~~~~っ、また近くで火事? しかしこの煙の状態だと相当な大火事ではないでしょうか。

急いで通りへと出て、右を見て、左を見て煙がどちらから来ているのか確認しようとしました。

右も左もものすごい煙で先が見えません。これはこの近辺いったいが燃えているのか?

と、思ったとき気づきました。


あっ、これは煙でなくて、  霧だ

てへっ、あわてん坊ですね私。
でも最近火事で煙に巻かれたからしかたありません、霧を煙と勘違いするのは。

そして思い出しました。昨夜の天気予報で明日の午前10頃まで濃霧注意報が出ていると言うことを。
しかしとにかくものすごい霧でした。この霧だとサンフランシスコに勝てそうでした。
[PR]
昨日の火事ですが、隣の住んでいる知人から、写真がメールで送られて来ました。
私の載せた写真より、やはり火の手の上がった写真を見ると火事は恐ろしいと思います。

d0000995_1148775.jpg
d0000995_1149278.jpg
d0000995_11501399.jpg
d0000995_11514342.jpg
d0000995_1153868.jpg
d0000995_11541212.jpg

[PR]
同じ通りの2ブロック半先で火事がありました。
そこはなんと知人の家のまさに隣でした。

d0000995_10252469.jpg


左の白っぽい家が知人宅、右のレンガ仕様の家が火事になった家です。この写真だと火事だと言うのが
よく分かりませんね。火事発生からこのときまでに5時間はたっているのに、完全に鎮火はしていません。煙があたりに広がったりして消防も苦労しているようでした。ただ炎は見えません。

d0000995_10284336.jpg


話によると午前4時ごろに爆発音があり、火の手が上がったとのこと。隣人は燃え移ったらとしんぱいだったそうです。
この家改装中で、誰も住んでいません。
では、なぜ火事に?それも午前4時に爆発音?なぞの火事です。

d0000995_10323616.jpg

[PR]
d0000995_11135188.jpg


今日のお拾い物。スニーカー30数ペアー。
歩道に段ボール箱2つとおおきなビニール袋2つに入って捨てられてました。
いろいろなサイズあり。まだまだ十分はけるもの、新品に近いものいろいろあります。
[PR]
ドアを押し開け、その建物に入っていくと空調の音だけが静けさを強調するかのように、低い音をその建物の空間を満たしていた。人の気配は全くなく不思議な感覚であった。
私は迷うことなく薄暗いホールをエレベーターのある場所へとゆっくり歩いていった。エレベーターのボタンを押すと、エレベーターが上から降りてくるかすかな音が聞こえた。しばらくすると、エレベーターが止まったかと思うと音もなくスーッと扉が開いた。私はエレベーターに吸い込まれるように、中へ入り、2階のボタンを押した。すると扉はまた音もなく閉じたかと思うと、エレベーターは奇妙な音を立てて上り始めた。何かその音に不安を掻き立てる響きがあった。何事も起こらなければいいがと私は思った。
チンと音がして2階に到着したことを知らせ、エレベーターの扉が開いた。
私が1歩エレベーターから出したときであった。_

「あっ!」

私は突然襲い掛かる衝撃に思わず声をあげた。

な、な、なんと・・・・・

エレベーターは正確に2階のフロアーと平行にとまっては居らず、フロアーより5,6センチも上に止まっていて
フロアーを見ずエレベーターを降りようとした私は最初の一歩ががっくんとなってしまい、自分でも驚くような声を上げてしまったのであった。


それだけのことで~~す。
今日は日曜日、大学へ版画作りに行ったら誰もいなくて集中して出来ました。毎回こんなだといいな~。

d0000995_12412798.jpg

[PR]
毎年起こる不思議な現象。
今年も今日発生しました。

これはどうも連邦政府の陰謀だと噂が広まっていますが、そのようです。
この現象にもう誰も文句を言わなくなり、この現象を当然のことのように受け入れています。


はい、今日からサマータイムです。ってサマーじゃないけど。まだカレンダーでは冬で~~す。
ま、アメリカではサマータイムとは言わないですけど。正確にはDaylighy Saving Timeです。
しかし、ある議員の一言でこの制度が以前より長くなりました。前は4月の初めに始まって、10月の末に終わったのですが、今は3月に始まり、11月に終わるようになりました。
北の方の州に住んでいる人は秋になると日が昇るのが遅く、朝の7時でも暗くて電気をつけて生活しなくてはいけないので、本当に節約になるのかは疑問です。でもアメリカっていったん決まったことを変えるがだめなようですね。とにかくデイライト・セービング・タイムの方が1年では長いので11月から3月までをウィンタータイムと呼ぶようにするといいと思います。

[PR]
d0000995_9124668.jpg


昨日の失敗を繰り返さないように今日はしっかり日にちを確かめて・・・・げっ、10日じゃん!
あ、そうかまだ腕時計の日にちは変えてなかった・・・・ てへへ

今日は早めに教会まで行きました。やはりバザーのある日は混んでいて、教会のすぐ近くには駐車する場所が見つかりませんでした。とにかく遠くに車を止めて、そこから歩いて教会へ。でもまだ開始の時間まで5分くらいあるので余裕のゆうちゃん・・・・と思っていたら何か変。

いつもなら数十人の人が並んで会場に入るのを待っているというのが普通なのに、入り口付近には列はありません。「あれ?またなにか間違った?」
でも入り口は開いているので、進んでいくと、まだ会場の時間ではないのにもう開いてます。それどころがもう買い物を済ませて、大きな段ボール箱にいっぱいつまったものを引きずって出てくる人がいるではないですか。時間より早く開いていたのか。

で、さらに中に入ってちょっとびっくり。きょうが初日の割には閑散としてました。いつもならごった返すような人で会場は混みあい、品物のとりっこが行われていると言うのにそんな景色は見られず、品物の数もあまりなくて、2日目に来たような気がしました。
世の中不景気で、教会に寄付する人の数も少なくなってしまったのでしょうか。この教会のセールはいつも混んでいていいものがあったのですが、どうしたんでしょう?こんなことは初めてでした。
もうこの教会のセールもこれでお仕舞いか・・・・・
[PR]