<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ライム風味のカップラーメン食べました。
やっぱり酸味の効いたスープとライムのほんのりとした風味がうまい!
日本でも出して欲しいなぁ。

[PR]
エキサイトのブログから「つぶやき」がなくなったので、日記でつぶやかせてもらいます。(あった時はほとんど使ってなかったけどね)

その1

あ”~~~~~~っ、ジコッ*ちゃった~~~~!!

*ジコル  交通事故を起こす。名詞に「る」をつけて動詞にしたもの。俗語。

その2

あ、そうか今日は(アメリカ時間 29日)従弟の誕生日だったんだ!
これで同じ年齢になれました。 私のほうが19日お兄さんなんです。 白樺湖~~~~!!(謎)

[PR]
1月25日です。そう1年前の今日、私はポートランドのセイント・ヴィンセント・メディカルセンターから脱出しました。

去年の1月23日から1月25日までそこに滞在し70万くらいの請求をされました。治りかけた症状もふっかつするような額にこれはさっさと出て行かないとまずいと思い、担当の医者に相談するとあっさりと「いいですよ」と言われ、退院できました。

もうアメリカの病院には絶対入院はしたくないし、医者にもかかりたくないです。
あとで治療費とかは日本の国民保険が使えるとは聞きましたが、もう結構ですね。
[PR]
d0000995_9343787.jpg


果たして今回はどうしようかと迷ってました。それほど時間的にも余裕がないと思っていたので・・・・。
でも決断しました。6月に予定している日本での個展のためのリトグラフも製作しておかなければいけないし、特に案内状用のイメージを作っておかないとまずいかなと思い、それが心を決めた大きな理由です。

1年ぶりにロヨラ大学の版画教室に行きました。今学期が始まる前だったので、教室は整理、整頓され、とてもきれいになってました。全体としてみた感じでは、版画の道具より、ブックメーキングの方が多くなって、いろいろと備品も整っている感じです。

教授のビルはオレゴンに行くと私が言った時、またいつでもニューオーリンズに来ることがあったら、知らせてくれ、この教室はいつでも君のために開いているよと言ってくれました。そして、今回その言葉に甘えさせてもらいました。ビルは私が戻ってきたことを大歓迎しているようでした。さあ、リトグラフもしっかり始めようっと。
[PR]
なつかしのポートランドとは言うものの、去年の9月の半ばまではいたんですよね。(笑)
でも、なんとなくオレゴンが懐かしくて、恋しい今日この頃です。

実は今シーズンから「Grimm」という怪奇刑事ドラマ(?)がNBCではじまったのですが、なんとこのドラマがポートランドが舞台で、しかもしっかりとポートランド近辺で撮影が行われているドラマなんです。よく舞台がニューヨークとかボストンとかに設定されていても、実際はロサンゼルス近辺で撮影されていたり、カナダだったりすることがあるのですが、珍しく本当にポートランドで撮影されている作品です。なので、懐かしいポートランドが見たくて見ている番組です。

d0000995_3495878.jpg


ドラマはグリム兄弟の末裔がグリム童話に出てくる生き物が実際にいて、犯罪を起こしているという話で末裔の刑事が(彼だけが本当の姿を見ることができる)そういった怪物たちを葬っていく話です。ちょっと目先が変わっている刑事ドラマですね。
[PR]
こう言う短い英語のジョークを聞きました。  
 
A: " Tchoupitoulas* is a difficult word to spell. Can you spell it?"

B: "It."

*Tchoupitoulas と言うのはニューオリンズに実際にある通りの名前です。


どうです腹を抱えて、笑い転げたでしょう。


私は聞いてもどこがおかしいのかわからず ????でした。
何度聞いてもなにがジョークなのか不明でした。
皆さんは文字として見てるので、頭の良い読者ならすぐにわかるでしょうね。自分の無知をさらしただけかもしれませんね。
こんな単純な英語がわからないなんて!

正解は英語の得意なさむさんか、genovaさんか(あ、得意なのはフランス語かな)、Ladyさんか、gionbayashiさんか、ピーちゃんか、ジェントさんか、和美さんか、バンビさんか、taishihoさんか、 rococoさんか、yokoさんかオガチさんか(あ、最後の4人は得意なのは版画だったかな)誰かが笑い転げながら解説してくれることでしょう・・・・たぶん。
 







さて、ジョークの解説です。ジョークの説明はやぼなのですが・・・・。


A の質問をよく読んでください。 A はItをスペルできるかどうか質問しています。
最初のAのステートメントに多くの人はそれ(It)をスペルできるかと聞いているのを
Tchoupitoulasのスペルと思いますよね。
[PR]
私が昨年オレゴンに引っ越して行った理由のひとつに、ニューオーリンズの犯罪の多さと言うのがありました。まあ、犯罪なんてどこへ行ってあるだろうけれど、ニューオーリンズよりはましな土地は多々あり、オレゴン州はそんなところだろうと思って引っ越しました。

オレゴンでテレビのニュースを見ると、あれ、銃の打ち合いが!あれ、殺人が!あれ、暴力が!となんかここでも犯罪がやたらあるように思えました。しかしちょっと違いもありました。殺人があるとその同じ話題が何度も幾日も伝えられて、やはり殺人は大変な犯罪なんだとかんじさせられました。
またポートランドへ出て、街を歩いていても(特に夜)、ニューオーリンズの時のような危なげな感じはなく、少しは気を緩めて街を闊歩できました。

ニューオーリンズを出て行く前にニューオーリンズの新しい市長が就任する事になっていて、ニューオーリンズも少しは良い方向へ変わっていくのだろうとかすかな希望が見えていました。
そして、1年後この街に帰って来ました。
街は活気付いて、以前よりきれいになったような感じもして、安全な雰囲気もあり、ああ、この街も少しは良い方向に変化してきているのだと思いました。

しかし、それは完全な勘違いだと思い知らされました。
今日のニュースを見ているとすべての局で、ニューオーリンズの犯罪の高さを憂うリポートが流されてました。
なんと今年は今日、18日までに殺人の数が18人と言う物凄いペースで伸びていると言うのです。これは昨年のペースより早いものです。

私は果たして生きて日本に帰れるでしょうか?

[PR]
d0000995_11534464.jpg


オレゴン州に行く前から現れていた現象なのですが、車を走らせていると、Check Gaugeというランプがついては消えると言うことがありました。最初ははてどこか悪いのかと思い、すべてのメーターを見てみましたが、これと言って悪いところはなく、メーターのすべてが正常の位置にありました。と言う事はこのランプがつくと言う事事態がある意味故障なのだろうと思いました。とにかく運転中にこのランプがしょっちゅう点いたり消えたりします。煩わしいくらいに頻繁に点等するときもあれば、忘れた頃ぱっと点いたかと思うと消えると言う状況でした。とにもかくにもメーターを確認した限りでは何の異常なしで、車もとても気持ちよく走ってくれているので、もう、これは無視するしかないと思い、ああ、また点いたかと軽く考えていました。

ふたたびニューオリンズに戻り、運転を始めるとやはりこのランプは点灯しました。でもこのランプが壊れていると信じ、ほとんど無視の状態が続いていました。
ところが昨日また点いたかと思いながら、ふとエンジンオイルのメーターを見ると、
げげげげっ、オイルがほとんどない、、、。かと思うとそのメーターが跳ね上がり真ん中ほどまで行った。ナ、なんなんだこのメーターは。そうして例のランプが点く時はこのメーターがゼロ以下まで行った時に起こるのだと初めて知りました。しかしそれにしてもエンジンオイルの量が少なくなっていることは確か。以前よりランプの点く回数も増えて、ランプの点く周期も短くなってきている。これはオイルチェンジをしないと危ないかもしれないと思い、近くのオイルチェンジの場所へ行ってきました。1年近く乗っているけど、初めてです。
朝早かったせいか、着くとすぐやってくれて、短時間で完了。運転席の回りも掃除してくれ、タイヤの空気も入れてくれて車の調子も俄然良くなった感じです。もっと早く気づくべきでしたね。
[PR]

MLK

今日は(16日)MLK(『ミルク』の略でなく)の誕生日の振り替え休日です。MLKとはMartin Luther King Jr.のことです。彼の誕生日はアメリカ国内では休日になってない州もあるようです。
それで、私のいるアパートから道を挟んで向こう側にあるコインランドリーでこれを記念してフリーマーケットをやると言うチラシを見たので、売るほどお拾い物があるので、参加することにしました。参加費はただで、売り上げは全部こちらの物になるし、道の向こう側という非常に近いところなのが気に入りました。

午後12時から4時までで、午前11時30分位から品物を持って準備にきてくださいと言われ、その時間にようすを見に行くと・・・・・・もうすでにディーラーたちで駐車場はいっばい!

と思っていたら、誰もいないし駐車場は車で埋まってました。あれほんとにフリーマーケットがあるのかな。不安になってコインランドリーの人に聞くと確かに今日の12時からやります。12時にきてくださいという。

さて12時に行くと一人すでに先客が品物を並べてました。この後どどっとディーラーが来たらと思うと急いで準備と場所を確保。この近辺なら売れそうな感じの物をたくさん持ってきました。

ところが人が来ません。
コインランドリーの客が洗濯物を洗濯している間暇だから外に出てきて品物を物色でもするかと思って居たのに、コインランドリーの客は一人も出てきませんでした。こうして誰も来ないディーラーもたった二人と言う惨めなフリーマーケットになり全然盛り上がらない。1時間ほどして若い女の子が自転車で物を運んで来て、それらを並べていました。可愛そうに。全然人が来ないマーケットなのに。さらに1時間がたち、もう待っても無駄だろう。引き上げようと思っていたら若い女の子が5,6人やってきました。
でも売れたのは$1!

もう絶対に引き上げる!
引き上げ始めると、コインランドリーで働いている女の子が2点買ってくれました。$2ドルも。
おかげで総売上が$3ドルという巨額な売り上げになったとさ~。(泣)
[PR]
今日は(1月15日)ゴールデングローブ賞の発表の日でした。セントラルの時間帯に属するここでは午後6時からゴールデングローブの授賞式の放送をNBCが独占放送をしていました。
ゴールデングローブと言うとアカデミー賞の前哨戦とも言われる大きな賞です。ただこちらの賞はアカデミー賞とは異なり、ハリウッドにいる海外特派員によって選ばれるのです。それで受賞作品などアカデミー賞とはちょっと違った作品が選ばれる事も多々あります。さらに、ゴールデングローブは映画だけではなく、テレビ番組も対象とされています。

d0000995_15174464.jpg


年をとってくると、こういった賞の番組ってどうって事無いのだけれど、つい見始めると 辞められなくて、終わりまで見てしまう事になってしまいます。
ゴールデングローブはテレビと映画の作品に対して贈る賞なんですが、最近はあまりテレビも映画も見る機会がすくなく、ほとんど知らない作品ばかり。 特にテレビ作品とは言うものの、ノミネート作品のほとんどが
ケーブルテレビの作品でケーブルテレビを視聴していない私には その題名さえ初耳の作品ばかりで、面白い作品かどうかも実を言うとわかりません。しかも若い俳優たちも知らない人ばかり。初めて聞く名前や顔で、時代の移り変わりを思い知らされます。 賞のプレゼンターをやる俳優たちが、かろうじて知っている世代の人たちです。 それにしても司会をはじめ今年はイギリス人が多いですね。アメリカの番組かと疑いたくなるくらい。

d0000995_15241169.jpg


ちなみにゴールデングローブとカタカナで書くとグローブって手袋のことかな~と日本に居たときは思ってました。しかしVではなくBで英語で書くとGolden Globeであって「黄金の手袋」ではなく、「黄金の球体」なんですね。トロフィーが球体(地球)であり意味がこちらに来てわかりました。
[PR]