<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

さて今日でニューオリンズともお別れです。
次の更新はいつになるでしょうか?ネットの環境が整い次第の更新となりますね。

最後に私のニューオリンズに対する心境にとても近い歌の詩を書いておきます。


ずっと 楽しかったね、 まわりの全ての事が
やさしく僕等を包んでいるようにみえた
語り合って 語りつくして あてもなく 探してた
その道は 果てしなく どこまでも どこまでも

悲しみは やがて 消えることを知った
喜びはいつまでも 輝き続けることも

戦い続けたわけじゃない 流されてきたとも思わない
追いかけた夢のいくつかは 今この手の中にある
晴れ渡った こんな日は いつでも思い出す
飛ぶように かけ抜けた 遠い日の僕らのことを

こころは今もあの時のまま
思い出に そして君に
だから さよならは言わない 
決してさよならは言わない

ずっと ずっと楽しかったね
晴れ渡った こんな日は いつでも思い出す
飛ぶように かけ抜けた 遠い日の僕らのことを

たとえこのまま 会えないとしても
思い出に そして君に
きっとさよならは言わない
決してさよならは言わない

(詩 小田和正)



新しい年、新しい地からの「どっこいSHOW」をお楽しみに。何も変わらないかもしれないけど・・・。
[PR]
あ~~~~~~、
時間が足りな~~~~~い。
鞄も足りな~~~~い。



ん?

鞄が足りないとは?
[PR]
さあ、いよいよ押しに押し詰まってきました。

今朝はまず衣類の整理に精をだしました。
しかしまぁなんと長い間着ていない服があることか。そして昔過ぎて体型的に着れない物も大量にある。
もう、思い切ってどんどん捨てることにしました。
いままでお拾い物をしていたのに、今回はお捨てものをする方になりました。
半分ほど整理がついたところで、アトリエに向かいました。

アトリエには大きな油彩画が待っていました。
乾いているか確かめると、何とか乾いているようなのでリタッチ バーニッシュを塗って一応の仕上げと
しました。これをギャラリーに持っていこうとしたら大きすぎて車の中に入らない!
仕方がないので車の上に乗っける事にしました。
ギャラリーでは作品に満足そうでした。

さてそれが済むと、知人の店に用足しに伺うと、忙しそうにしていてしばらく待たされました。
簡単に用を済ますと、ふたたびアトリエに戻り、アトリエを大掃除。
掃除機をかけ、床をアンモニア水できれいに拭いてさっぱりしました。

アパートに戻り今度は台所の整理をしました。持っていても使わない物はこの際やはり思い切って
捨てました。あぁ、これがお拾い物をする者のすることかと嘆かわしかったです。

そして自動車保険の会社にあれこれ相談事をして一息ついたところで、いまこのブログを書いています。
あとは夕食を作り休憩。

と思っていたら、忘れるところでした。
簡単なパーティーに招かれていました。
予定の時間に着くと大体全員がそろっていました。
簡単なパーティーですが親しい人たちなので気楽に飲み食いし
会話を楽しみました。

アパートに帰ってきてざっと部屋に掃除機をかけ
今日の仕事は終わり。疲れました。
でも若いので疲れはすぐに回復。(見栄を張りました)
[PR]
いよいよ今年も残すところあと少し。
あ~~、どうしよう。
こころだけあせって、やるべきことが全然出来ていない。
本当にこれで無事に今年が終わるのか?
あ~忙しい、忙しい。

と言いながらネットを見たりしています。(馬鹿ぁ)

で、今回も別れと言うか旅立ちを歌った歌の詩を。
ある意味今の私にあっているのですが、青春という言葉はなんかずれてます。
でも、この歌好きですね。
これはオフコースのオリジナルメンバーの鈴木康博が作った歌で、
「秋行く街で」というライブコンサートのために作られた物ですが、
一部詩を変えて、「Song is Love」というアルバムに収録されてます。


 
青春


さよなら若者
知らず知らずのうちに君は
いくつもの季節を過ごし
いくつかの夢も叶わず
この住みなれた街に
青春を刻んで出て行く

さよなら若者
めぐり会った人とのふれあいに
喜びは孤独を忘れさせ
悔しさに涙を流し
この住みなれた街に
思い出を残して出て行く
ふるさとを捨ててきたように
この街も捨ててゆくのか

夢多き時よ さようなら
生きる道に 夢はひとつでいい
ひとつの夢が君の道を教える

ふるさとを捨ててきたように
この街も捨ててゆくのか

さよなら若者よ さよなら
さよなら青春よ さよなら


(詩 鈴木康博) 
[PR]
d0000995_13145719.jpg


すごく豪勢な食事でしょう。


えっ、


だって、3品も一皿に載っているしぃ。

貧乏人にとっては3品もなかなか一皿に載ることはないのです。

右から 
グリーンピー(缶詰)
スタッフドミラートン(2日前の残り)
そしてインスタントのマッシュトポテト(賞味期限の切れていたもの、もったいないので食べちゃいました。お腹の雷はまだなってません)
久しぶりに満腹感を得た夕食でした。

だってこんな寒い日に朝から今年最後のカレー時セールに出たんだもの。
d0000995_13234222.jpg


温度は低いし風は冷たいし、6ドル50セントしか稼ぎなかったんだもの。
少しは贅沢をしなくっちゃ。貧乏人のささやかな贅沢。
寒くて人通りないマガジン通り↓
d0000995_1325130.jpg

[PR]
友人のクリスマスパーティに誘われて、行ってきました~。
道路がすいていたのが最高!スピード違反にならない程度にすっ飛ばして行きました。
時間よりちょっと早く着いたのですが、もう他の友人たちもほとんどがそろっていて私が最後みたいな感じでた。

まず、全員でプレゼントの交換。
私は貧乏なので大した物をプレゼントしませんでしたが、クリスマスプレゼントは気持ちの問題と割り切り
堂々としていました。
画家と言うことでもらった物は、絵の具とか絵筆とかそういったもの。ヘタなものよりこういったものの方が
私としては嬉しいので、大喜び。

メインの食事はターキーでした。感謝祭でもターキーでしたが、私はターキー大好物。特に白身のパサパサした肉が大好き。他にもいろいろ食べ物があり、この時ばかりと片っ端から少しづつとっては食べました。ついつい4回もお変わりをしてしまい、1回の量が少ないとはいえ回数が多すぎて満腹。このあいだの小太りおじさんの写真が本当になりそうなくらい食べました。WWW

私はもう動くのも面倒なくらい満腹だったのでソファーに横たわってました。





↑想像力がなく大した妄想が出来ませんでした。
そうこれはUSO日記。

本当は雨風の吹き荒れる中、暖房のきれたスタジオに行って寒さに凍えながら、さみしく絵の制作に
時間を過ごしました。クリスマスなんて関係ない!
と言うか、現実はきびしいものです。
[PR]
ぎゃ~~~~!!!

あ~あ、またやっちゃった~。

d0000995_1395226.jpg


今度は右の人差し指です。テレビの位置を高くするために使っていた木箱が要らなくなったので
手早く壊してゴミ捨て場に持っていて投げ捨てようとした時、壊した板の隅から釘が出ていてそれが
人指し指を縦に引き裂きました。頭の傷から比べたらそれ程のものではないですが、人差し指って
案外日常使うので不便。この日記をキーボードでうつのにも使うしね。

最近本当に怪我や事故が多くて、注意はしているのですが、ちょっと気を抜くとすぐこんな目に
あいます。誰かの呪いか?
[PR]
d0000995_916887.jpg


クリスマスだし、アップルソースがいっぱいあったので、なにかこのアップルソースを使ってクッキーが
作れないだろうかと調べたら、アップルソースをバターやマーガリンの代わりに使ってクッキーが出来ると
言うことなので、試しに作ってみました。一番単純なシュガークッキーと言う物でまずは実験。

焼きあがって食べてみたら、う~~んこんな物かと思いました。

しかし、時間がたって食べると、これがなぜかなかなかあとを引く美味しいクッキーとなりました。
ほのかなりんごの香りが後味に残り癖になります。
りんごにはシナモンが合うので少しシナモンを入れたらなおのこと美味しかっただろうなと
思いました。またバターを使わないので、ヘルシーでもあるんです。
どうぞお試しを。
日本にはアップルソースってないかな~。
[PR]
一時寒くなりましたが、もう暖かくなってます、ニューオリンズ。
おかげで木蓮は咲くはつつじは咲くは・・・・・
ん、つつじが!!!

d0000995_1219521.jpg


もう春か、ニューオリンズ!
おととい暦の上で冬になったばかりじゃないのか?

という事で、花にとってはいつ咲いていいのか本当に迷うところです、ニューオリンズの天気は。

d0000995_12223043.jpg

[PR]
アトリエから戻り、夕食前の休息を取ってると上の階のアパートでかなり重そうな家具を移動させる音がしました。最初は家具を引きずるような音でしたが、

ドスン、バタン、ガタン、ダダダダダン

ものすごい音と振動が下のアパートまで響いてきました。
どんな家具をどんな風に扱っているのか?!

狭いアパートなのでそれ程動かしようがないとは思ったのですが、長い時間ものすごい物音が
響き続けました。
これは私への何かのあてつけがと思うほどでした。
しかしアレだけ引きずり回し、ものすごい音だと床は傷だらけ壁は穴だらけになりそう。
いったいどんな事になっているか見に行きたいと思いました。

とにかく30分ぐらいはそんな物音に悩まされました。
[PR]