<   2009年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ふうん、家庭菜園ってKitchen Gardenというんだぁ・・・・・・・。

と、言うことは置いといて。

d0000995_16145822.jpg


私の家の前の畑です。
最近、トマトや茄子、キュウリなどを植えました。
って私が植えたわけではありませんが。
姉が家庭菜園をしていて、自分の家で食べる分くらいは、野菜を栽培しています。

今日はまた、農協の野菜の苗売り場に行ってきたらしく、普通の葱と下仁田ネギの2種類を買ってきました。
私が庭で草むしりをしていたので、これ幸いと手伝わされました。
といってもただ、ネギの苗をばらして、すでに準備されていた畝に5、6cm間隔でネギ苗を置いていくという簡単な作業でした。そのあと白根のあたりに土をかけて行きました。こうしておくとネギはしだいに立って行くということです。

d0000995_1622156.jpg

[PR]
アラン・ドロンとダリダのデュエット曲として、私の記憶にあるこの曲。
カセットテープに不完全な形で録音されて残ってます。
最近はいろんな曲もYouTubeを探すとあると思いついて、早速検索してみました。
日本語訳付きのものがありました。



日本語バージョンを歌っていた中村晃子、細川俊之バージョンもありました。



しかし、この曲のオリジナルはイタリアの曲だと初めて知りました。


[PR]

d0000995_10165965.gif

この雨の中、秩父郡東秩父村という山の中へ行ってまいりました。
なんか、ここに行くときはいつも雨と言う感じ。
去年もここを訪れた時は雨でした。

何しに行ったかは常連の方はご存知ですね。
ここで開催される「版画フォーラム」と言う展示会のために作品の搬入に行ってきたのです。
昨年は距離が短そうだと思い山の中を通って行ったのですが、今年は小川町方面を通って行きました。
全然こちらのルートの方が簡単でした。
[PR]
d0000995_20475135.jpg

風がちょっと強かったですが、いいお天気になりました。家の窓から見える牛伏山も新緑でくっきりと鮮やかに見えました。「青い山脈」の作曲者服部良一先生がこの山に訪れたとき、ここは私の書いた青い山脈という歌を思い浮かばせますね、見たいなことを言ったとか。それが縁で山の頂上付近に「青い山脈」の歌詞の石碑があります・・・・・。ほんとは「青い山脈」とは全然関係ない山なんですけどね~。

今日はさすがに個展の後で精神的に疲れていたんでしょうね。いつもは5時とか6時に目が一応覚めるのですが、気がついたら今日はすでに7時半近くになっていました。
ま、今日はゆっくり、のんびりと過ごすことにしました。
雑用をしている間に、一日は終わりました。
[PR]
d0000995_23484060.jpg 愚怜での今年度の個展は今日が最終日で、これで東京通いは終わりです。うれしいような、さびしいような個展の最後はいつも複雑な感情を感じます。来ていただいた方々にはお礼を申し上げ、作品を購入していただいた方々には心からの感謝をこの場を借りて述べさせていただきます。なぜか個展開催中はブログの閲覧者の数も普段より多くて、関心を持つ人が多いのかと思ったりしています。

また来年も・・・と画廊から依頼もされていますので、今回来れなかった人はぜひ次回のお越しをお待ちしています。今回ご来場した方も続けてご来場いただければ幸いと思っています。
明日一日くらいはゆっくりしたいと思います。

ありがとうございました。
d0000995_23563633.jpg

[PR]
昨日は、群馬に帰らずに「ガンボ」の作者の(このページのライフログ参照)泉けいさんのお宅に泊まらせていただきました。夕食も頂きまったくお世話になりっぱなしです。

と言う事で、午前中は時間があったのでお茶の水方面へ散歩してきました。
文房堂では版画用品売り場でリトグラフの用品をつい、買ってしまいました。また、すぐそばの三茶書房では北杜夫の本が300円で5、6冊あり、所有していなかった歌集「寂光」と「或る青春の日記」を買ってしまいました。近くを散策しているとガストがありました。しかしこういうスタイルのガストは初めて見ました。
d0000995_22382330.jpg

写真ではわかりずらいかもしれませんが、中は吉野家風にできています。東京の人にはもしかしたらこういうガストは珍しくないのかもしれませんが、私には珍しいものでした。

さて本日画廊に2番手にご来場くださったのは、genovaさんや, non_troppoさんのお友達の「F&F嫁のFree World」というブログを書かれているFさんとF嫁さんが今年は二人揃っておいでくださいました。
ご希望にお応えして、心霊写真バージョンで(笑)。お美しい奥様の顔を消すのはもったいないですが・・・。
d0000995_22535735.jpg


手彩の作品かセピアの作品がだいぶ迷われ、一旦決めたもののまた迷い、最終的に手彩の作品になりました。モノクロのオリジナルバージョンも見たいとおしゃられたので、ここに載せておきます。さて、どうでしょう?
d0000995_2257497.jpg


夕方になり、本格的に雨が降り出してきました。
昨年、お世話になった調布にあるリトグラフ工房のマスタープリンターの板津悟氏に、今年も来ていただきました。5月に調布の市の展示場で板津氏の刷り上げた作品の展覧会があるそうで、その時に私の作品も含めていただけるとのこと。去年は工房に伺うことができなかったので、今年こそは展示会のついでにぜひ工房も拝見したいと思っています。

今日は本当に充実した一日となりました。
[PR]
一寸遅れて、きのうは12時20分頃画廊につくと」、もうすでに2人も」お客様が・・・・・。
最初の方はさっと展示作品を見て、さっとお買い上げしたそうで、そういう人がたくさんいるとうれしいですね。
もう一人、体格のいい大男が背をこちらに向けて座っていました。挨拶しようとその大男に面と向かうと、
なんと彼は皇室の護衛艦をしている同級生でした。勤務地が近くなので、夜勤明けにきてくれました。10年位前の展覧会にも来ていただきました。積る話をして楽しいときをすごしました。

そのあとにはブログ仲間のrococoさんがお見えになりました。製作中のリトグラフの問題とか話題は同じ画家同士、やはり作品製作などの話になりますね。

今日は画廊近くの知人宅に画廊の方と夕食に誘われました。私はそのまま知人宅にお泊りです。
群馬まで帰らなくていいので気楽でした。
[PR]
6日間通い詰めて、やっと1日の休みです。やはり、前半は体の不調もあり、ちょっときつい毎日でした。
とにかく1週間が終わり、何人かのブログつながりの人たちや、前回のお客様にも再び会えたりして
うれしい1週間でもありました。
いよいよ後3日間です。
まだおいででない方や、もう一度見たい人、どうぞこの機会に足を運んでください。
ちょっとだけ動画を撮影しましたので、まだ見ていない人で興味のある方は画廊までどうぞ。



ギャラリー愚怜
文京区本郷5丁目28番1号
03 5800 0806
正午より夜8時まで。最終日(水)は5時まで。

[PR]
d0000995_084449.jpg

今日は土曜日。
すごい来場者の数に画廊は人であふれんばかりに・・・・・

と言うことを勝手に夢想して、たまにはかっこよく決めていこうとちょっとフォーマルに。
こんな恰好で出かけました。
d0000995_09759.jpg


ブログ仲間の方が2組ほどいらしてくださいました。
お会いするのが今回が3回目となるNon-troppoさんが友人と立ち寄り、作品をお買い上げくださいました。
顔は出してほしくないというので、こんな写真では大丈夫かと勝手に思いだしちゃいます。
おこられるかな~?

d0000995_2146396.jpg


そして、画廊の営業時間の終りに近い頃、novaさんのつながりで知り合ったYoshi(tsurumannnen)さんが密かに現われました。Yoshiさんとは今回が初めての出会い。丁度画廊が閉まる時だったので、お帰りになった後、急いで追いかけて、時間があるならちょっと一緒に食事でもとお誘いしました。
が、・・・・私のほうが逆に食事に招待されてしまいました。
[PR]
先日生まれた、4匹の子猫が1匹を残し、う、う、う~~~。
母親猫のすきをねらわれ、惨殺されました。
どこかのオス猫の仕業でしょうか。
私は見ませんでしたが、実家のものが首の所を無残にも食いちぎられたようになった
遺体を庭で発見したそうです。

親猫はさすがにすぐさま最後の1匹をほかの場所へと移動しましたが、
再度発見されなければいいのですが。
残された子猫は元気に育ってほしいのですが・・・。
[PR]