<   2007年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

もう日本では、今年も残すところわずかになりましたね。
こちらはまだ31日にもなっていませんが・・・・。

今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

では来年まで!


・・・・でも、明日はこちらはまだ12月31日。来年まではまだ1日以上あります。 002.gif

d0000995_14225234.jpg

[PR]
近所の人が
「バナナは好き?」と訊くので
「ええ」と答える。
「家にバナナがあるの。じゃあ、あげるわね」
と言って、しばらくしてこれをもってきました。

d0000995_8113036.jpg


005.gif  こ、これってそこいらの庭になってるバナナ?
これって食べられるのでしょうか?料理用に使うものだとか聞いたことがあるけど・・・・。
ついでにオレンジだと言ってこの柑橘類ももらいました・・・・。

「ほとんど食べごろよ。おいしいわよ。」
と言って去っていきました。
この人本当に食べた事あるのでしょうか?

不安なので試しにひとつ皮を向いて・・・・・。
皮がむけません!
硬くて、皮と実がくっついていて、ナイフでやっと割りました。

d0000995_8233525.jpg


匂いもバナナというより、なんかキュウリのような・・・・・。
やっぱり、熟していないからなのでしょうか?
ちょっと試しに食べてみましたが、味もしません。
やはりこれは食用のバナナではない?025.gif
[PR]
d0000995_13545625.jpg


ネタが無くて、夕食ネタです。

スパゲッティとミートボールという簡単なメニュー。
スパゲッティソースは出来合いの瓶入りのものを使いました。 
普通スパゲッティは長いまま茹でますが、私は3つに割って短くして茹でます。
こちらでこういう方法で茹でていたのでそれを真似た物。これだと食べるときいちいち
フォークに巻き付けなくても、簡単にフォークに乗せていただけて便利です。

ミートボールというより、ミニハンバーグのようでしょう。球にするより平たくしたほうが
早く焼けるので、平たくつぶします。
これは牛のミンチではなく、ターキーのミンチで作ったものです。肉はこちらでは牛より
このターキーを私は使う事が多いです。
[PR]
クリスマスに訪れた家の人から、帰りがけに「我が家では飲む人がいないから、良かったら持っていってください」と言われこんなにもらいました。

d0000995_12411995.jpg


レモンに、ミントに、ラズベリー、アップルスパイス、そしてオレンジ。
試しにアップルスパイスを飲んでみました。
それほど強烈なフレーバーではなく、案外軽めの味。
d0000995_124713.jpg


でもこれくらいが飽きなくていいかもしれません。しばらくは楽しめそうです。
そうだ、日本にお土産に持ち帰ろう。

Ladyさんへに私信:
これらのお茶は日本に持って帰れますよね。043.gif

だめ?050.gif  大丈夫?049.gif
[PR]
セント・チャールズストリートカーがついにセント・チャールズ通り全線に渡って、復旧、運転再開を始めました。あとはキャロルトン地域の一部開通で完全復旧です。
しばらくストリートカーには乗っていなかったので、本日乗ってみました。
短いですが、動画を撮影しましたのでストリートカーに乗って気分で楽しんでください。003.gif
場所は右手にロヨラ大学、チューレイン大学、左にオーデュボン公園のある辺り。左に門が写っていますね。あれが公園の門です。



まったく、たった20秒近くしかないこの動画をアップロードするのに1時間近くかかってしまいました。(ダイヤルアップは遅い~~~)。
忍耐と意地でアップロードしたので、楽しんでください。
何?面白くない?
007.gif 057.gif

d0000995_13402824.jpg

[PR]
Thanksgiving と同様ミシシッピーの友人の親戚の家に招待されたので、またしても1時間のドライブをして、ベイ・セントルイスへ行って来ました。
d0000995_928869.jpg


今回は娘さんとその相手のニュージーランド人の夫が来てました。iphoneを買ったので
それを自慢げにいろいろな機能を見せてくれました。

今日の食事の一部です。
d0000995_930425.jpg


d0000995_9313984.jpg


私の一皿目。
d0000995_9322448.jpg

同じものをお変わりして、お腹がいっぱいになりました。

このあとニュージーランドのデザートだと言うメレンゲをたっぷり使ったケーキをいただきました。(写真なし)

腹いっぱいのクリスマスでした。
[PR]
d0000995_9432282.jpg


Happy Holiday にしておきますか?
でもクリスマスってもうキリストの誕生を祝うものじゃなくなってるしね~。(相当の信心深い人を除いて)まあ、シーズンを楽しめばいいのでしょうね。

でもついでに、ハッピーハヌカ!ハッピークワンザ!
[PR]
d0000995_1242282.jpg


大学のすべての授業は終わり、しかも今日は(アメリカは23日)日曜日。
版画教室(ここの版画教室を使わせてもらってます)はがらんとして、静かでした。
人っ子一人いない。(当たり前か)
時に警備員がまわって来ただけ。
精神を集中してリトグラフの刷り行えました。
・・・とは言うものの一時は製版した石に思ったとおりにイメージが
現れてこなくて、あせりました。しかし、なんとか無事にエディッションを刷り終りました。

d0000995_12423981.jpg


日本の個展で披露する予定の作品、一部分ですがお見せします。
全体像はぜひ個展会場で。

d0000995_12442317.jpg

[PR]
これは兄弟ブログ「記憶の中の漫画とアニメ」より編集、再録したものです。

d0000995_2542978.jpg
「安寿と厨子王丸」は東映の劇場長編アニメの第2弾として1961年に公開された作品です。
小学校2年生頃でしょうか、町の小さなたった1軒の映画館でこのアニメを見ました。
劇場で見る初めてのアニメだったかもしれません。幼い私はとても感動しました。東映は当時かなりディズニーのアニメを意識して作っていたようです。
ご覧のように、ディズニーアニメを意識したような、かわいらしい動物が主人公を取り巻いています。

d0000995_2562361.jpg


この作品の原作は森鴎外の「山椒大夫」ですが、子供用にかなり脚色が加えられて
仕上がっています。後年原作を読もうとしましたがなんか難しくて、しかし映画と違うような感じで投げ出してしまいました。
姉が弟を救うために犠牲になると言う基本になるテーマは同じものの、死んだ姉が白鳥になって弟を導くというような描写があり、私は原作もそういう話だと思ってました。

d0000995_2565885.jpg

上の写真は感動のクライマックス、青年になった厨子王が母親と再会する場面です。
アニメの動きもディズニーのようにスムーズなフルアニメーションで、小学2年の子には非常に印象が強く感動的なアニメでした。一度TVでの放映を一部見た記憶がありますが、ぜひもう一度DVDで鑑賞してみたいですね。

今回これを描くためにちょっと調べたのですが、声の配役陣のすごいこと。
佐久間良子、平幹二郎、北大路欣也、山田五十鈴といった現在大物俳優となった人たちが多数出ています。当時東映の契約俳優だったのでしょうね。
[PR]
d0000995_14435111.jpg


えっ、どこにエッフェル塔が!
と、問いただしたくなるような写真ですね。
よく見てください。写真奥の右側と上のほうに薄いピンク色した鉄骨の建築物があるでしょう。
以前にも紹介したことありますね。
フランスでシェフの修行をした人がニューオーリンズでレストランを開くときに、エッフェル塔に実際に使われていた鉄骨を輸入してこの建物を建てました。残念ながら、あまり長続きはしなかったようです。現在はパーティとか結婚式の披露宴などに会場を貸す場所になっているようです。

d0000995_14494644.jpg

[PR]