<   2005年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

d0000995_1134951.jpg


d0000995_1144845.jpg本日発売のニューオーリンズの新聞のエンタメ版にこの新聞の映画担当の記者が選んだ2005年の映画ベスト10と言うのが載っていました。
まだ日本で公開されていない映画もあると思いますが
ここに発表します。この記者は他の批評家とはちょっと
違った選択をしたりしますので、あれっと思う作品や
なぜ、あれが入っていないのかと言った作品もあるでしょう。

では、10位から



10位  SIN CITY
      ブルース・ウィルス主演のグラフィック・ノーベル 
      つまり漫画を映画化した作品。

9位   KING KONG
      CGもさることながらナオミ・ワッツの演技を
      買っているようです。

8位   MATCH POINT
      ウッディ・アレンの作品です。ニューオーリンズでは
      1月に公開予定。

7位   MEMOIRS OF GEISHA (SAYURI )
      あれだけ誉めていたのに年間では7位ですか、、、、。
      チャン・ツィー、コン・リー、ミッシェル・ヨーの3人の女優に
      注目しています。
      撮影とライティングがよいと言っています。
      (ライティングにはサムさんの貢献もあり?)

6位   HARRY POTTER AND THE GOBLET OF
     FIRE
      監督マイク・ニューウェルの功績を誉めています。

5位   BATMAN BEGINS
      今までのバットマンより暗い内容だが、
      主演のクリスチャン・ベール
      複雑な心理表現が良かったようです。

4位   MUNICH
      先週公開されたばかり。このスピルバーグ監督の
      政治的ドラマ。
      1972年のミュンヘン・オリンピックでのテロリストの
      攻撃が題材です。

では3位は、、、、、。

ここをクリック
[PR]
d0000995_1744329.jpgさて本日は大きなものをいくつか発見しました。
まずはこの地球儀。こう上から見ると何だ地球儀か
位のものでしょうが、この地球儀は日本で
一般的に見る地球儀とは違います。
部屋の大きな西洋のことインテリアにもなる地球儀は
下のような形のものです。

d0000995_17445618.jpg
どうです、インテリアとして
なんかいいでしょう。
サイズは高さ 86cm 
 直径 46cm の
インテリア地球儀。アンティークなら
さらにいいのですが、それほど
古いものではありません。
でもソビエト連邦、
ユーゴスラビアも載ってますから
一昔よりは(10年)古いものでしょう。

台湾製です。
[PR]
d0000995_9234753.jpg


d0000995_9291483.jpg12月も末、今年もあと数日というこの時期、
ニューオーリンズは紅葉の季節。
今年は例年に比べ暖かくて、
今日もなんと24度くらいまで温度が上がりました。
しばらくはこの20度台の温度が続くよう。


d0000995_931461.jpg紅葉する木も普段ならもうとっくに枯れ木になっているのですが
今年は少し遅いようです。
住宅街を歩いているとあちこちに赤く色づいた葉をつけえた木をあちこちに見かけます。
いい天気に誘われて、近所を少し歩いて紅葉を撮影してみました。

温度は春、木々は秋、本当は冬のニューオーリンズです。
[PR]
昨日のジャンバラヤが残っていますが、2日続けて同じものでは
さすがに飽きが来ますので、今日はターキーを使ったクリームシチューを
作ることに決めました。

d0000995_12162530.jpg日本ならハウスのクリームシチューミックスでも買ってきて作れば簡単ですが
こちらに来るときに持ってきたミックスはもう使ってしまったので
小麦粉でとろみをつけ、ミルクを入れてクリーミー味を出して
即席クリームシチューの出来上がりとなりました。




美味しい!
私は料理の天才か! ← うましか
[PR]
いったん七面鳥を料理するとしばらくはその肉を使った料理が続いたりします。
飽きないようにいろいろ変化をつけて料理すると、いいでしょう。
私じゃ1年に1度くらいしか食べないので数日続いても、あきるということはありません。
まったく同じものでも全然平気。

d0000995_11592722.jpgしかし、今日もまた、昨日と同じでは芸がないので、違ったものを作ろうと思っていたら
ジャンバラヤミックスがあったので、七面鳥の肉を使ったジャンバラヤにしようと決定。
このザタランというメーカーは南部のメーカーで南部料理のインスタントミックスで
有名です。以前は南部を中心に販売されていましたが、今は全国展開をしているようです。
ほとんどのものがスパイスの効いているものが多いようです。辛いものが好きな人には
口に合うのではないでしょうか?
このほかにガンボーミックスとかレッドビーンズ・アンド・ライスミックスなどが有名です。


d0000995_1255255.jpgまた、盛り付けが下手と言われそうですが、こんな感じで出来上がりました。
これに野菜サラダをつけて今夜の夕食は出来上がり。1箱使ったら3日分くらいの
ジャンパラヤが出来ました。これだとターキー数日、ジャンバラヤ数日と同じような
料理が続きそう。
[PR]
d0000995_502668.jpg今年のクリスマスディナーは七面鳥を料理することにしました。買ってきた冷凍の七面鳥を冷蔵庫で2,3日前より解凍させ、いよいよ本日(25日)料理開始です!今回たまたま仕入れることが出来た新品のロースティングパンにスタッフィングをつめた七面鳥をいれ、オーブンで訳3時間ほど焼くことになります。


d0000995_545978.jpgじっと待つこと3時間。様子を見るとちょうどよく焼きあがったよう。フォークをさしてすんなり中まで簡単にフォークが通れば丁度言い焼きごろ。(温度計がないのでこの方法を使う)オーブンより取り出して、2,30分待つ。この間ただ待っているのでなく、七面鳥の付けあわせとなるカリフラワーとヤムを作る。



d0000995_5104652.jpgそして出来上がったものを盛り合わせるとこんな感じ。見た目なんかそれほどでもありませんが、美味しくいただきました。つい食べ過ぎる癖があるので、なるべく量を減らしました。以前友人の家に招待されたときはあまりにいろいろ美味しいものがあり、食べ過ぎて気分が悪くなって横になるという失態を2,3回しましたので最近はとにかく少しづついろいろなものをと極力食べる量は控えるようにしています。今日も腹八分前にやめました。



d0000995_519127.jpg
ということでデザート用に昨日の夜作っておいた、オープンフェイス・アップルパイ間ではとても食べられなかったので後でスナックとしていただくことになりました。
[PR]
d0000995_12166.jpg Memoires of Geisha (日本語タイトル? SAYURI)がついにニューオーリンズの街でも本日(12・23)から公開です。(天皇記念日を祝ってでもないでしょうが?)
早速新聞を買って、どんなことが新聞に書いてあるか興味しんしんで読んでみました。
ニューオーリンズの映画批評家はそれはもうべた褒めという感じです。
新聞のエンターテーメント版の表紙を飾り、"Gorgeous Geisha" というタイトルがついて4つ星のところ3つ半のかなり良い評価です。これは、映画を見る人の注意を大いに引きそうですね。
さて、表紙を開くと、さらにカラーで謙さんとチャン・ツィーの向き合ったシーンがページの半分を占めているではありませんか。これはもう格別の取り扱いですね。
このシーンは、あの有名なエキストラ俳優のさむさんが登場するというシーンではないでしょうか?残念ながらさむさんは映っていませんが、、、。(右端のチャン・ツィーの後ろにある青い服のようなものがもしかしてさむさんでしょうか?)
d0000995_128784.jpgそしてさらに

次のページを開くと映画の批評が。
まず見出しは "Golden Momoires" そしてその下オスカーの注目を浴びるのは間違いないとまで言ってのける褒めようです。
やはり外国人の目には美しいシネマトグラフィー(撮影)、衣装などがかなり良い印象を与えているようです。
この批評家はチャン・ツィーの英語が「ラッシュ・アワー2」から比べると劇的に進歩していると言っています。謙さんが監督に推薦したという大後寿々花の演技にも注目が行っています。また、桃井かおりにも注目しています。しかしこの批評家はほとんど男性陣には触れていませんね。
謙さんの事については大後を推薦したくらいしか書いてありません。まあ、女性中心の映画ですから仕方ないでしょうか?

ハリウッドの描く日本ということで違和感を感じる人は多いと思いますが、ハリウッドはステレオタイプを強調して描くことが多いので仕方ないでしょう。
たとえば、ニューオーリンズを舞台にした映画でさえ、ニューオーリンズの人が見ると「それは違うだろう」という部分がたくさんあります。南部だからとやたら南部訛りを話す主人公がいたりしますし。(ニューオーリンズの人は南部の割には南部訛りはない)
アメリカ国内のことでさえ正確に描けないハリウッドですから、日本を正確に描けないからと目くじら立ててもこれはもうしょうがないですね。
日本では賛否両論あるでしょうが、日本が舞台の映画がヒットするのは嬉しい気がします。
d0000995_1235685.jpg

[PR]
d0000995_1762574.jpg本日はなんとワインを見つけました。
それもなんと20本も!





d0000995_177262.jpgこれでワインの飲み放題だ!毎日飲んだくれてやる~~!
といいたいところですが、わたしは下戸。
アルコール類はまったく苦手。
誰か買って!
[PR]
d0000995_14373974.jpg

わたしの作品のテーマには窓とか室内風景が多いのですが、静物画もよく描きます。
次回の個展には窓辺の作品を多く描こうかと思っていたのですが、なにかハリケーンの後の
ニューオーリンズに関係したものも描いてみようかと思っていて試行錯誤していました。
単に風景画を描いてもわたしらしくないしと思っていたとき、ハリケーン後捨てられていた物を
いろいろ手に入れたのですが、そういったものを静物画として描いてみようかと思いつきました。

まずは無難な瓶とか陶器類とかの物を並べたものでもと思い、ためしにいくつか写真を撮影してみました。
d0000995_152752.jpg


これから、いろんな風な設定に並び替えたり、品物を入れ替えたりしていい構図のものが出来たらそれらを描いてみるつもりです。
[PR]
d0000995_11324773.jpg
昨日までの雨と寒い天気とはうって変わって、まぶしいほどの青空と一気にぐ~んと上がった温度。まさにフリーマーケット日和でした。

以前、ガレージセールの客から聞いていたこのフリマの場所。道の中央分離帯のような小さな公園のようなスペースに何人かがフリマをここで始めたらしい。誰でも自由にしかもただで参加できるというので、興味はあったのだが、来る機会がなかった。

昨日が雨でガレージセールが出来なかったので、天気もいいことだし本日参加してみることにした。
d0000995_11384066.jpg

お昼ごろより始まるというので11時半ごろでかけてみると、もうすでに多くのといっても6,7人の人たちが店を広げ始めていた。
わたしたちは新顔とあって、珍しがられまずは店を開いている人がどっと押し寄せ、値段も他の人より格安ということであれよあれという間に10分もしないうちに50ドルの売り上げが、、、。

周りの人も親切、客も途切れることなく流れている想像以上の環境の良いフリマでした。
機会があればまた来ようと思いました。
[PR]