カテゴリ:・懐古的有名人( 9 )

d0000995_9583365.jpg

私はやくざ映画とか任侠映画と言うのは嫌いで見たことはありません。
なので、高倉健や菅原文太のその手のジャンルの映画は見たことがありません。
ゆえに、彼らとの接点は私の人生においてはほとんどないに等しいです。
昨日から菅原文太のお悔みのニュースをなにげなく見ていて、ふと遠い記憶がゆっくりと
そしてぼんやりと戻ってきました。

なんと実は私の人生において菅原文太との接点があったのです。
まあ、接点と言っていいのかが問題ですが、、、、、、
直接会ったことはありません。

70年代の終わりに私は再び東京に出てきて英会話の学校に通ってました。しかしその専門学校は午前中だけの授業だったので私はアルバイトをしていました。
そのアルバイトは新宿の伊勢丹の斜め裏にあった(ある?)伊勢丹会館のなかにあった一般人向けのK楽園サウナでした。私はここで、ホール係と言う、お出迎えの下足、ロッカーまでの案内および休憩室の調理人(?)、ウェイター係などをつまり雑用係のようなことを順番でやっていました。

d0000995_9551581.jpg

    この写真は東京ドームにあったサウナの入口ですが、新宿もこんな雰囲気だったですね

K楽園サウナとは名のとおり、本社はK楽園球場を経営する立派な会社でした。
このサウナには一般の人が入館する入り口と、お偉方や著名人が入館する特別な入口があり、私は一般人の入口の方を担当していました。なのでお偉方の方に来る客とは全く顔をあわせることはありませんでした。しかし、ここには新宿にシマをもつヤクザさまの偉い親分さんも来るという話でした。やさしい雰囲気のおじさんの常連客がいましたが、のちにそれがヤクザのお偉方だと知りちょっとビビりました。ある時この人に対して、ある失態をしてしまいました。その時は彼がどんな人か知っていたので、バイト仲間が「ただではすまないぞ」などと脅かすので、指でもつめさせられるかと恐怖におののいていましたが、何事もなく一安心したものです。

ある時遅番で出ると、なんとなくバイト仲間がざわついていて何事かと思っていたら、なんとお偉方の方に、俳優の菅原文太が来ているというのです。菅原文太というとヤクザ映画で有名だったので、やっぱりここはやくざ関係の人が来るとこなのかと思ったりしました(菅原文太はやくざではないけど、イメージで)。
でも俳優は近くで見たいという気持ちもあったので、すきを見てはお偉方の入り口や通路の方を見ていましたが、結局実際に見かけたことはなかったですね。それからも何回か菅原文太はこのサウナに来たようです。

[PR]
d0000995_10192244.jpg


久しぶりの懐古的有名人。
この画像からこの人がわかるでしょうか。私もこれだけではピンときませんでした。
昔の面影はあることはありますね。
調べたら私と同じ年生まれ。という事はもう還暦がそう遠くない!

ついでにヒントも
この人を見てピンとくれば、あなたは「テレビっ子」←この表現も古い?

d0000995_10193645.jpg

[PR]
d0000995_005814.jpg


中野良子は好きな女優さんでした。
昔は(70年代)よくテレビドラマで見かけたのですが、最近ではあまり見かけないのでどうしているのかとおもっていました。
女優業を引退したのかと思ってググってみたら、女優としての仕事は最近はあまりしていないようですが、
活動はしているのですね。
国際交流の団体WILLと言うものを立ち上げたりしているようです。ホームページがあるのですが、国際交流をしている人らしくまずは英語のページが出てきました。語学も堪能(英語)らしいですね。
d0000995_063359.jpg

[PR]
先日他界した山城新伍は、子供のころのあこがれの俳優でした。
かなり2枚目で、初めて名前を覚えた俳優だったかもしれません。
彼の名前を覚えたのはテレビ番組の風小僧を演じていたからです。
d0000995_0152369.jpg

だだ、風子僧が放送されていたころは家にはテレビはなく、この番組を見られたのは
たまに近所の家に行ったときだけ。ストーリーは覚えがなく、ただ風小僧が空を飛んでいるイメージが
強く残っています。

次に山城新伍の名前を見たのは映画の「黄金孔雀城」でした。
d0000995_0204231.jpg


何部作かの映画で、続きを見るのが楽しみで、近くの映画館へ通った記憶があります。テレビとは違い総天然色(今のカラー、笑)で、華やかな画面で繰り広げられる冒険時代劇に胸を躍らせたモノです。

この頃でしょうか、白馬童子でも知られていたのは。
d0000995_0215190.jpg

私はのちに沢村清四郎の「白鳥の騎士」と「白馬童子」をなんとなく混乱して覚えています。
どちらも似たような白装束で、一見似ていました。

さらに同時期くらいに伊賀の影丸が映画化されて、山城新伍も出ていました。
d0000995_025495.jpg

ただ主役の影丸ではなく、(影丸は松方弘樹)敵役の阿魔野邪鬼でした。でもこの邪鬼はマンガでも人気のあった悪役キャラクターで、私は山城新伍にはふさわしい役だと思いました。残念ながら、この映画は未だ見たことがありません。
[PR]
久しぶりに「懐古的TV番組」のカテゴリーを書こうと思って、いろいろ検索していたらこの画像を見つけました。
若い頃のイメージを持っているとちょっとこの写真からは思いつかないかもしれませんね。
しかし、よく見ると面影はありますね。
ま、この人は本人より家族の人たちが有名だったですね。←ヒント
わかる人はいるでしょうか。
d0000995_1404079.jpg


わかった人は非公開でコメントください。
わからない人はわからないと公開でコメントしてください。(笑)
正解は2,3日後で。
[PR]
さて、ロゴ写真のこの人は
d0000995_23384490.jpg

1973年ごろ活躍?したアイドル歌手の結城大でした。
とは言うものの「ああ、あの人かぁ~」と思う人は少ないのでは。私も多分妹がファンでレコードを持っていなければ記憶のかなたに忘れ去っていたことでしょう。
「花屋の上のカフェテラス」という歌が少しヒットしたくらいで、後は消えていきました。
70ン年代は色々なアイドルがたくさん出ましたね。他のブログで直木純が・・・とか書いてあり、
そう、そう直木純というアイドルもいたっけと思い出しました。
d0000995_23443947.jpg

「銀座NOW」とかあったし、70年代から80年代はアイドル全盛でしたね。
[PR]
d0000995_910566.jpgプチクイズ2段の回答は「草川祐馬」でした。前回より正解者大幅アップ。・・・・かな?一人正解者がいました。(笑)覚えていない人もいたでしょうね。70年代中ごろのアイドルに詳しくないと知らない人も多いでしょう。4つしたの妹がアイドルに夢中になっていた頃で、妹の雑誌など見たりしていて私も案外この頃のアイドルは名前などは覚えたりしています。

Wikipediaによると
「パクパクコンテスト」(通称・パクコン)で、西城秀樹の物真似をして優勝。
これがきっかけで芸能界にスカウトされ、 1975年にポリドールからシングル『若者時代』で歌手デビュー。以降、1978年までにシングルを8枚、アルバムを1枚リリースし、ワイルドな雰囲気が漂う男性アイドルとして高い人気を誇った。また、テレビドラマ『青春ド真中』、『ゆうひが丘の総理大臣』にレギュラー出演するなど、俳優としても人気を獲得しつつあったが、『ゆうひが丘~』出演中の1978年に結核を患い、長期の休業を余儀なくされる。
1981年の復帰後は、俳優としての活動が中心となり、現在もテレビ・舞台などで精力的に活動中。」

だそうです。

西城秀樹のものまねでスカウトされたとはうなずけますね。同じ路線での売り出し方だったように思います。俳優になったのは知っていましたが、しばらく出ていなかったのは結核を患っていたんですね。そのあと復帰しても、写真のような顔になっていたのでは誰だかわかりませんね。
ちなみにこれが昔の草川祐馬です。

d0000995_9251239.jpgd0000995_9252819.jpg
[PR]
d0000995_0433766.jpg


これは主に60年代後半から70年代に活躍した女優の梓英子さんです。
もしかしたら、誰それ?なんていう人もいるかもしれませんね。大きな脚光を浴びた人ではないので覚えている人もあまりいないのかもしれません。

なぜこの女優が気にかかる人になったかは自分でも定かではありません。しかし、気になりだすと、案外いろんなTV番組にも出ていました。
記憶に強く残っているのは、森光子主演の日本テレビのドラマ「恋しかるらん」です。題名もちょっと変わっていたので記憶に残りました。森光子と親子で梓英子は女高生の役でした。物語に興味があるというより、梓英子を見るために見ていたドラマで内容は覚えていません。最近知ったのはこれはなんと倉本聡が脚本を書いていたそうです。
 
この頃赤玉ワインのコマーシャルもやっていました。

68年から69年は数多くのTVドラマに出ていたようです。記憶にあるのは東京ぼん太との共演の「百年目の田舎っぺ」、主演をやった「水密桃は青かった」、伊東ゆかり、布施明主演の「SHは恋のイニシャル」などがあります。

70年代の初めにはNHKで北杜夫原作の「楡家の人々」に出演し、龍子と徹吉の長女藍子を演じました。私は北杜夫のファンですが、正直言ってこのドラマ化はちょっと気に入りませんでした。しかし、見てましたけどね。

しかし、なんと言っても有名なのは西郷輝彦主演の「どてらい男(やつ)」で西郷輝彦演じる「モーやん」の妻の役ではないでしょうか。これは高視聴率を得て、長いシリーズ物になりました。

d0000995_119797.jpg


その後NHKのテレビ小説「風見鶏」を最後に結婚をして芸能界を去ってしまったようです。
 
彼女の声が特徴的でとても好きな声質でした。賀来千賀子の声の質が似ていて、画面を見ていないと梓英子だと思ってしまったことがあります。
[PR]
左のロゴ写真の女優さん。
この写真が悪いのかもしれませんが、
今のところ誰だかわかった人がいませんね。

何でこの人を知るようになったのか覚えていませんが、
大好きな女優さんでした。
私の中で記憶に強く残っているのは赤玉ポートワインのCMと
東京ぼん太と共演したTVドラマと森光子と親子を演じた倉本聡脚本のドラマ。
それから、NHK版の「楡家の人々」にも出ていたなぁ。

これだけ言えばわかる人もいるでしょうか?
[PR]