カテゴリ:・New York( 10 )

早くもニューヨークを去る日です。
出発前にもう一度フライトの確認をしようと知人のPCを借りて、自分のフライトを見ると、
あれっと思いました。予定ではダラス・フォートワース空港に行き、乗り換えてニューオーリンズという
行程が一転変わってシカゴのオヘア空港になっていました。よく見ると、昨日の段階で変更されていたようです。変更があるときはメールで知らせるはずなのにまったくなしです。ま、時間的には大した問題のある
変更ではなかったので、知らなかったとしても大丈夫でした。フライト時間もダラス経由とはほとんど同じですが、シカゴでの待ち時間が2時間強あるのでニューオーリンズ到着が1時間ほど当初の予定より遅れました。
d0000995_7295120.jpg

行きと帰りはほとんど飛行機で過ごしたという感じで、NYの滞在は2日だけだったですね。
[PR]
d0000995_76737.jpg

ニューヨークに来たからには、やはり一つくらいはブロードウェイのショーを見ておきたいと思いました。
水曜日はマチネの公演があるので、半額チケットを買いにタイムズスクウェアーのディスカウントチケット売り場に行きました。長い列ができているのだろうなと思っていたら、列は全然できていませんでした。私の前に2組ほどいただけで、あっさり買えました。やはりこの不況が影響しているのでしょうか。ショーも閉鎖したものが多数あるとは聞いていました。しかし、半額とはいっても60ドルちょっとですから、安いとは思いませんでした。

正直あまり見たいと思うミュージカルもなかったのですが、知人が「メリー・ポピンズ」がよかったと薦めたので
それにすることにしました。
劇場は42丁目のアムステルダム劇場で、私は以前この劇場で「ライオン・キング」を鑑賞したことがあります。この劇場はディズニーが持っているのですね。
d0000995_7112812.jpg

私の席は前から3番目で一番左の席から3番目であまり見やすい場所とは言いがたいところでした。俳優ははっきり見えましたが。裏方の様子が見えました。
ディズニーのプロダクションだけあって、舞台装置とかよくできていました。しかし、このところディズニーのアニメがミュージカルとなってブロードウェイを占領しているような気もします。新たに今は「リトル・マーメード」がミュージカル化されていました。
[PR]
d0000995_1058466.jpg

ニューヨーク最後のエントリーはロックフェラーセンターです。
この金色の輝く彫刻が有名ですね。
クリスマスにはここに大きなクリスマスツリーが飾られます。まだ見たことがないので
クリスマス時期に訪れてみたいものです。
ここに広場は冬はスケートリンクになります。まだ早いかと思ったら、もうスケートリンクが出来ていました。
d0000995_1165992.jpg

この近くにNBCのスタジオがあり、朝のTODAYショーが1階のスタジオから放送されて外からも覗けます。昼過ぎにこの近くへ行ったのですが、TODAYのお天気おじさんのアル・ロッカーとすれ違いました!
[PR]
d0000995_10354225.jpg

非常に写真映りの良い美術館ですね。
この入場口へと続く階段がとても印象的です。
この美術館で思い出すのが、ブライアン・デ・パルマ監督の映画「殺しのドレス(Dress to Kill)」です。アンジー・ディキンソンがここで男と出会い、殺人の犠牲者になるという事件の発端になりました。Dress to Kill というのは2重の意味があり「殺しのドレス」という日本題だともう一つの意味が含まれません。もうひとつの意味は「うっとりさせるほど着飾る」です。
アンジー・ディキンソンと謎の男の出会いのシーンはサスペンスがありますね。

メトロポリタン非常に大きく展覧会場がいくつにも分かれていて、とても一日では見て回れない感じです。わたしは1時間くらいで頭が痛くなったことがあります。それからは見るところを絞っていくようにしています。それにしても今回入場料が20ドルだったのには驚き。それだけの価値がある美術館ですが、やはり高い!入場者が多い美術館なのでもう少し安くして欲しい。

美術館の近くではこういった複製画やオリジナルの水彩画などを売っている人がズラ~っと並んでいました。
d0000995_10275245.jpg

[PR]
秋の午後のひと時をセントラルパークを散策して過ごしました。
広い公園でわたしは東側を77丁目あたりから下っていきました。
d0000995_148527.jpg

d0000995_1492623.jpg

d0000995_141057.jpg

d0000995_14103662.jpg

[PR]
これはワールドトレードセンタ近くの公園。
d0000995_8211995.jpg

SOHOの近くを歩いてみました。ご存知かと思いますがSOHOとは South of Houston の略です。North of Houston はNOHOです。 ”Houston” ヒューストンではなくハウストンと発音するとか。あるいていたらこんな日本語ののぼり旗がありました。日本食品を売っている店のようでした。
d0000995_82955.jpg


SOHOはギャラリーなどが以前はたくさんあったのですが、レントの値上がりとともにギャラリーは出て行ってしまいました。いまはファッション関係の店に取って代わっているみたいです。わたしの世話になったことのあるギャラリーもなくなっていました。
d0000995_8333631.jpg

[PR]
d0000995_12553290.jpg
ニューヨークには新しいビルに混じって古いものがあります。このグランドセントラル駅の建物もニューヨークの建物の中では古いものでしょうね。デコレーションの彫刻が建物の上に付いていますが、こういった装飾はいまは周りの高い建物に埋もれあまり注目が行かず、私も最初の頃あまり気づきませんでした。しかし改めてみると大したものです。
d0000995_1333060.jpg

中もご覧のように3階ぶんくらいが吹き抜けでかなりのオープンなスペースが広がっています。
いまは改築されて地下にレストランなどがあり、前より雰囲気は良いですね。
d0000995_136551.jpg

[PR]
d0000995_11422595.jpg

d0000995_11502552.jpg9・11以後ニューヨークには何回か行きましたが、ワールドトレードセンターの跡地に行くのは今回が初めてでした。さすがに6年経つとワールドトレードセンターの周りは整理されています。しかし跡地はビルの工事現場のようになっていてまだ再開発はなされていないようです。私が行った1日前くらいにマンホールの中なら人骨が出てきたというニュースもあり、まだ悲惨な事件は続いているといったところです。
跡地はフェンスが建てられていて、そのフェンスには写真がディスプレイされていました。また何でも商売にする人がいるもので、燃え盛るWTCを絵葉書にして売っていたりします。被害にあった人の親族が見たらどう思うのでしょうね。
いまだここに訪れる人は多いようです。
2010年ごろには新たな建物などが完成するようですね。
[PR]
リクエストに答えて昼間のブロードウェイ。
d0000995_1513420.jpg

NOVAさんのコメントにあるように確かにこのあたりは新宿、渋谷の風景に似ていなくもないですね。

さてブロードウェイというとミュージカルや演劇の本場ということでいろいろなショーがいつでもやっていますね。人気のあるものは相当前に買わないとちけっとが手にはいらないようです。このチケットもだいぶ高くなってきていますね。節約家のわたしは(単なるどケチといううわさも){←噂は本当です}正規の値段でチケットを買うことはしません。夜の部ならばその日の午後3時から半額のチケットが売り出されるのでそれを買います。しかし希望のチケットが手に入るとは限りません。

こんかいブロードウェイに来て気づいたことがあります。
それはディズニー映画のミュージカルバージョンがやたら多いということ。
商売上手のディズニーですから、そのうちブロードウェイを乗っ取るかもしれません。
最近ではオリジナルのミュージカルヒットが少ないのは残念ですね。
リバイバルや映画などから題材を得たものが多くなっていますね。

以下がいまブロードウェイでやっているディズニーミュージカルです。
d0000995_27187.jpg

「メリー・ポピンズ」は始まったばかりで、チケットを手に入れるのは難しい状態でした。この作品は映画も実写だったので舞台化は容易に可能だったでしょうね。
d0000995_2102439.jpg

「ライオン・キング」はディズニーミュージカルの第1弾。わたしは日本とアメリカ両方見ました。
d0000995_2115469.jpg

「美女と野獣」これは興味なく、見ていません。
d0000995_2175813.jpg

そしてこれが最新の作品「ターザン」。アニメを元にアクロバティックな舞台が見ごたえあります。今回はこれを見ました。
いまは、やっていませんがこのほかにディズニーの「アイーダ」というミュージカルもありましたね。
[PR]
d0000995_1473521.jpg

ニューヨークというときらびやかなネオンサインが思い浮かびます。
商品などの広告や劇場のショーの広告など目のくらむ様なものがたくさんあります。
d0000995_1315059.jpg
d0000995_13154840.jpg

今回はまずミュージカルの「プロデューサーズ」を見ました。もう2,3年やっているせいか
半額のチケットでも簡単に買うことが出来ました。この前にニューヨークに来たときには、
なかなかチケットが手に入らない状態でした。
d0000995_13204155.jpg

[PR]