カテゴリ:・日本カップ麺食べ比べ( 7 )

d0000995_8454982.jpg普通そばと言うとどんぶりの形をしたカップが多いが、こういったカップに入ったそばは一寸珍しい。最近は日清も色々な種類の麺類を出しているものだと感心。値段が80円くらいだったので、これは新製品のキャンペーンで安売りをしているのだろうと思った。事実しばらくするとあまり見かけなくなった。
さてふたを開けると、驚くほどの小海老が上のほうに入っていた。お湯を注いで、3分後あけるとまさに海老でカップの表面がいっぱいであった。これは凄いと思った。しかしよく考えとみるとこういったカップに入っているからカップの中にいっぱい海老が入っているように見えるのであって、どんぶり型のカップなら面積が広いから海老で溢れんばかりにはならない。そういう効果も狙っd0000995_963722.jpgてこの形にしたのかと思う。さすがカップ麺の王者。
麺はカップのものとしてはまあまあ。
評価は一見の豪華さにまどわされ

★★★★1/2 になりました。
[PR]
d0000995_927234.jpggenovaさんがカップヌードルの辛辛カップラーメンのレポートをやっていたので
私も大分前に食べたもののレポートしていなかった日清の「激辛 プルコギ」をレポートしてみましょうか。
といったもののちょっと前過ぎて記憶が薄れてきています。
確かに辛いことは辛かったようです。でも辛い物は好きなので、個人的には口にあったカップ麺でした。

d0000995_9261441.jpggenovaさんの食べたものと比べて、どちらかより辛いのでしょうかね?
こちらはとうがらし麺といって、麺にも唐辛子がすり込まれているようで
スープと麺という辛さの二重奏なのでしょうか。
genovaさんぜひこの激辛プルコギもお試しください。

評価は ★★★ ということに。
[PR]
d0000995_9473514.jpgチーズカレーがあったと思ったら、今度はこんなカップヌードル見つけました。CHINA!やはりgenovaさんの言うようにワールドカップがらみで世界の国をテーマにカップヌードル出したのでしょうか?
韓国を代表する?「カップヌードル キムチ」もでていますしね。
さて、中国と言うからにはどんな特徴があるのだろう?oyster sauce 「旨味オイスター醤油」となっています。聞いたことはあっても実際はオイスター醤油と言われても分からないのでこれは試食しようと思いました。

d0000995_9543893.jpgふたを開けてまず気付いたのは具の多さです。特にお湯を入れて3分待つとその多さに更に驚かされます。見てくださいこの具で埋まった表面。海老、イカ、きくらげ、キャベツ、ねぎ、レッドペパー、コーンと魚介類、野菜が小さいながらもぎっしり入っている感じ。この具の多さに嬉しくなります。売りのオイスター醤油はあまりこれと言って特徴を感じられませんでした。
オーイスター醤油より具だくさんで売った方が良いのではないかと思ったり・・・。

具の頑張りで評価は ★★★★ ということにします。
[PR]
d0000995_061690.jpgカップヌードルにはカレー風味は以前からあッたように思います。カップスターのカレー風味は食べたことはありますが、カップヌードルのものはまだ未経験だったと思います。そのうち買って食べようと思っていたら、「チーズカレー」などと言うものがでていました。チーズとカレーの組み合わせ!ウ~ンどんなものなのだろう?なんとなくそそるものがあります。さらに日本語で「欧風チーズカレー」と書いてある。「欧風」か、なんかさらにそそります。売り出しで100円だったの買って見ました。
チーズとカレーと言う組み合わせ、なんとなく想像がつくようなつかないような。味に期待が募り早速いただいてみました。

d0000995_0205011.jpgスープはとろみがあり、小さなチーズのかけらが入っているようです。すするとカレーの味にチーズの風味が感じられます。それを美味いと感じるかどうかは私には微妙でした。
カレーの持つ辛さとチーズの塩辛さでしょっぱすぎと言う感覚がありました。
個人的にはカレーはカレー風味が一番良いかなと。
チーズの好きな人には良いのでは。
ちょっと期待感が大きすぎたのかもしれませんね。もう一度食べたら感想も変るかもしれません。しかし今回の評価は、

★★1/2 と言うところでしょか、わたしには。
[PR]
d0000995_073944.jpg味噌、醤油、塩では飽き足らず、ほんといろいろなものとのラーメンの組み合わせを考えますね。このエースコックの商品は麻婆豆腐などのたれをラーメンに組み合わせたという代物。麻婆なすは個人的に好きなメニューです。これとラーメンの組み合わせ、どんのものだろう?カップに写っている写真を見るとスープも見るからに美味しそう。これはぜひ一度食べなくてはと思いました。

ふたを開けると「うまさのひと工夫」と謳われた豆板醤の液体スープが別に付いていて、お湯を入れ、3分後食べる前にこのスープを入れてかき混ぜて食べるとこくと深みが増すとの事。
茄子麺というだけあって、ちゃんと小さな茄子も入っています。

d0000995_08894.jpg液体スープを入れてかき混ぜると、スープ全体に少しとろみが出てくる感じです。
程よいぴり辛のスープは悪くは無いのですが、ちょっと味が強すぎます。塩分が利きすぎで私は更にお湯を足しましたがそれでもまだ味が強い。麺の量がもう少し多いとこの濃い味も薄くなるのかもしれません。またご飯でもいっしょに食べると良いかもしれませんね。
濃いスープのおかげで麺の味が良くわかりませんが、他のカップ麺から比べると一歩味が落ちる感じがします。

評価は★★1/2
[PR]
d0000995_16581027.jpg麺ものかと思い買ったのですが、ラベルにはビリ辛キムチスープとあるようにスープと言った方が良いですねこれは。アメリカではカップヌードルもスープと思われているのでこのカテゴリーに入れてもいいでしょう。とにかく春雨が入っているので麺のようなものだろうと納得させる。

さてお湯を入れ、じっと3分待ってふたを開けると、真赤ないかにも辛そうなスープが・・・・。いつもなら麺が上まで膨れて見えるのですが、さすが春雨はやわらかくなるだけで膨張はしないので、箸で掬わないと見当たらず、まさにこれはスープと実感。

d0000995_16583492.jpgさてその濃い色にちょっとひきながらもすすってみました。
思ったほどの辛さではなく、私には丁度良い辛さで食欲が湧く辛さ。
春雨は・・・・春雨ですね。

まあ。スープとしては可もなく不可もないといったところでしょうか。
キムチ好きの人にはいいでしょう。
[PR]
ニューオーリンズではアメリカのインスタントラーメンの事を書いていましたので、日本ではスーパーなどで見かけるカップ麺について書いてみます。 d0000995_17341210.jpg まずはこのカップうどんから。どこのメーカーか目立つところに書いてなくて、あまり有名でないメーカーの商品かと思っていたら、サッポロ一番のサンヨー食品のものでした。日本ではカップのうどんと言うとこういった縦に細長い容器よりどんぶり型のほうが普通は多いので最初まいたけと言う文字だけにとらわれて、私はラーメンだと思っていました。
とにかく「まいたけ」という文字に惹かれて買う気になりました。またナトリウム(塩分)が他のものと比べると低めだったと言うことも買う要因となりました。

d0000995_1734433.jpgさて、お味は?
スープは鰹節のだしがよくきいていて、3分経ってふたをあけたとき、そしてスープをすすった時かつおの良い香りが広がります。スープは薄味でしたが、濃い味が好きな私なのですが、気にはならず、美味しいと思いました。

麺はこういったインスタントのものとしては合格点を取れるものですね。特に上手いとかまずいとかは無く問題なしと言った感じでした。

むしろ問題は具でしょうね。
「まいたけ天うどん」といいながらどこにまいたけが? というくらいふたを開けたとき目に付くのは青ねぎと卵です。「青ねぎ卵うどん」と改名した方がよさそうなくらい。もうちょっと大きなまいたけの天婦羅が入っていればいいのですが、小さ目の衣のついたまいたけがなん片か入っていると言った感じ。まいたけ自体はちょっと歯ごたえもありいいのですが、何せ量が少ない。

総合評価で5つ★で ★★★1/2 と言うところにしておきます。
[PR]