カテゴリ:・TV番組( 33 )

NHKの大河のナレーターを池田秀一がやるというので、見てみました。
今日の縁貯めニュースを見ると、やはり池田秀一がナレーターと言うので大河を見ない人も見たようですね。
でも、そういう人たちは池田秀一と言うとガンダムのシャアとかのイメージが強い若い人なんでしょうね。

私のような昭和生まれの人は池田秀一と言うとまず思い浮かべるのはNHKテレビの「次郎物語」です。
d0000995_12474311.jpg

この番組で子役として名をはせたんですよね。その後このイメージから似たような作品に子役としてテレビや映画に出ました。とくにNHKの子供番組に良く出ていたと思います。調べると「次郎物語」以前に単発で「路傍の石」にも出ていたようです。この作品は映画化されました。
d0000995_12533111.jpg

他に「がしんたれ」とか私にとっては似たような話のドラマに出ていました。
主役として最後に見たのはTBSの朝ドラ、ポーラテレビ小説の第1弾「三人の母」でした。
その後は子役のイメージを払しょくしようとしていたみたいですね。
しかしその後声優として活躍していると知り驚きました。
[PR]
d0000995_2333841.jpg


日本テレビでクリント・イーストウッドの監督した映画「硫黄島からの手紙」が終戦記念日の今日放送されました。
映画の放映時間は141分なのでテレビ版ではカットされたと思います。
別にこの映画の内容に興味があってみたのではなく、友人がエキストラでこの映画に出ているので見てみました。かなりわかりずらいと言われていましたが、見慣れた顔がす~っと画面を横切る姿を確認しました。
それで満足でした。(笑)
[PR]
d0000995_9303925.jpg

NHKの朝ドラはこのところアンつながりになってますね。
ごちそうさんで主役は杏でした。そして今度は花子とアン!
d0000995_9311437.jpg

そしてさかのぼれば朝ドラと言えば大人気になった「おはなはん」!
花子とアンの主人公も本名は「はな」ですから、ある意味「おはなはん」ですね。NHK朝ドラは
d0000995_9314366.jpg

「はな」が受けるというゲンをかついたのか、、、どうか?

閑話休題。
私は高校からまともな本を読むようになったのですが、その記念すべき?最初の本が角川版の
「赤毛のアン」でした。それは姉の読んだ文庫本でした。小さな字ばっかりの本で(当たり前)読みだすには気合が必要でした。何せ漫画少年だったので。少女ものという感じはしたのですが角川文庫の本なので、それなりの本かと思いました。
そしたら、奥さんこれがおもしろかったのですね~。
小さな字も気にならないほどのおもしろさ。本を読むことの楽しさを知りました。
で、赤毛のアンとその訳者村岡花子はセットで知られていたと思います。私は誰が訳したのかすっかり忘れていました。そして赤毛のアンだから当然村岡花子が翻訳者だと思ってました。

実はこの文庫本ちゃんと本棚にあります。すごいでしょう45年前のいや47,8年前の文庫本があるんですよ。久しぶりにその文庫本を手に取ってみました。そしてびっくり、がっかり。
なんと角川文庫版の赤毛のアンの翻訳者は村岡花子ではなかったのです。
村岡花子は新潮社版の文庫本に入っているのでした。
角川版は中村佐喜子というひとでした。
でも調べたら実はこの人の訳したモームの「作家の手帳」という本を文庫本で読んでました。
その文庫本は新潮社から出ています。

でもなんか赤毛のアンは村岡花子で読んでみたかったな~。

で、花子とアンですがかなり脚色されて、実際の村岡花子の生涯とは違っていたりするんですね。
ドラマである以上はドラマチックにするために仕方ないのでしょうが、知らない人はこれが花子の生涯かと思ったりしますね。実際には一家は花子が5歳の時東京に移り住んでいたらしいです。
[PR]
NHKは3日、2015年放送の大河ドラマを、幕末の志士吉田松陰の妹・文の生涯を描く「花燃ゆ」に決めたと発表した。主演は女優の井上真央さん。
 文は松陰が主宰した松下村塾の門弟の久坂玄瑞と結婚。久坂が死去した後、群馬県令の楫取素彦(かとりもとひこ)と再婚し、教育や産業の振興に尽くした楫取を支えた。ドラマは、松陰ら志士たちの活躍と、彼らを陰で支えた女性たちの姿を描く。

d0000995_021035.jpg


現在の「八重の桜」の登場の新島襄に続いて、再来年の大河ドラマにも群馬県ゆかりの人物が登場するという事で県はちょっと盛り上がってますね。地元新聞もこの記事が第1面に登場しました。
現在の知事の前に知事の時代から、群馬県ゆかりの人物を主人公にした大河ドラマを制作してほしいと県はNHKに嘆願していました。いまだこの願いはかなえられていませんが、近年群馬ゆかりの人物が主人公とかなり近い関係で登場している事には喜んでいるようです。県内にある「新島学園」はドラマを利用して名を売っているようです。群馬では同志社より新島学園ですね。
「花燃ゆ」では主人公の2度目の夫が群馬県令、つまり群馬県の初代知事という事で、新島襄より知名度は低いですが、県の教育に大きくかかわった人のモデルが登場という事でさらに盛り上がるかもしれません。

ちなみに前知事がNHKにドラマ化を嘆願していた群馬ゆかりの人物とは小栗上野之介です。と言ってもこれまたあまり一般には知られていませんよね。でも端役で大河ドラマの「竜馬が行く」「勝海舟」「龍馬伝」に
この人が出ていたようです。
[PR]
我々の世代だと「アイアンサイド」と言えば、レーモン・バーの「鬼警部アイアンサイド」です。
d0000995_0492142.jpg

この秋NBCがこの番組をリメークしたそうです。
でも前評判は惨憺たるもの。そして、視聴率は100倍返しされた半沢直樹の上司のよう。

今回のリメークでは舞台をニューヨークに変え、アイアンサイド役には黒人俳優のブレア・アンダーウッドが
演じることになりました。
d0000995_0521953.jpg


ブレア・アンダーウッドと言えば LA LAWでブレイクし、これから成功する若い黒人俳優かと思われたのですが、City of Angeles, LAX, Event と次々とテレビ番組の主役を獲得したもののすべて低視聴率でぽしゃりました。私も今度の「アイアンサイド」でなんとかなるかと思っていたらまた低視聴率ですぐにもキャンセルされること間違いなしとなったようです。それにしてもこれほど次々とキャンセルされる俳優ながら主役を何度もオファーされるとは運があるのかないのか。
[PR]

今朝の「あまちゃん」の後、朝イチを見ていたら渡辺徹がゲストコメンテーターでした。番組が始まる前スタッフなども真剣に朝ドラを見ていてびっくりしたとコメントしていましたが、どんな心境だったのかな~本当のところ・・・。

と言うのも、知っている人は知っていると思うのですが、渡辺徹の奥様、そうあの
榊原郁恵というもとアイドル歌手、今女優兼バラエティ番組ゲストの方が実は
「あまちゃん」東京編に出演する予定だったようなのです。それもマイナーな役では無くです。

「あまちゃん」ファンならすぐに気付いたと思うのですが、主役の名前がアキ、母親の名前が春子、おばあさんの名前が夏。そう、季節が名前になっているのです。でもこれでは冬が抜けています。四季が完成しません。クドカンとしたことが四季を名前の中に入れて完成できなかったのか。

d0000995_12191155.jpg

実は始まったころ、NHKの「あまちゃん」のホームページで東京編の登場人物と言うところ天野冬実というキャラクターが出演するという事が書いてあったのです!!そしてその配役として榊原郁恵が写真入りで載っていました。「天野冬実」という事はキャラクターと親族関係にある役、おそらく春子の異母姉妹の役だろうかと思ってました。ところがいつの間にか榊原郁恵の写真と名前は東京編の登場人物から消えていました。あれと不思議に思いました。ネットで調べたら幾人かの人も榊原郁恵の名前が出演予定者から消えていると言う事を言ってました。これだけ人気の番組なら出演予定者がホームページでも紹介されていたのに消えたとなれば大きな話題になるかと思っていたのにまったく初めから何もなかったような事に・・・・・

クドカンも最初は天野冬実と言うキャラクターを考えたのでしょうが、話が複雑になりすぎると思い天野冬実のエピソードは削ったという事でしょうか。
数日前春子のセリフで「あなたもひとりっこ、私もひとりっこ」と言うのがありましたが、まさかそれが伏線で終わりの方に出てきて実は春子には姉がいたなんてことはないでしょうね?いやホームページから榊原郁恵の名前が消えた以上もうないでしょう。

渡辺徹は夫として妻が「あまちゃん」に出演予定があったという事は知っていたでしょうから、今朝の朝イチの出演は複雑な心境だったのかな~?? ところで渡辺徹は群馬が舞台の朝ドラ「ファイト」に出ていましたね。

もしかして「あまちゃん2」が作られたときにそのキャラクターは取っておいたとかなんでしょうか。
[PR]
またまた暑い日になり、今日は誘惑に負けてエアコンをつけてしまいました。
でも温度設定は29度でした・・・。

実をいうと最初は28度でした。でも28度の設定でも案外涼しいので思い切って29度にあげました。29度もエアコンはしっかり聞いていました。でもさすがに30度の設定にはする勇気がありませんでした。(笑)

エアコンを使ったのにはわけがあり、午後1時半からテレビ東京で「ヒドラ」(ヒトラーではない)と言う映画が放送されると言うので、見る気になったので、それにはやはり部屋は少しは涼しくしてみたいと思ったからでした。

d0000995_948209.jpg


さすが出ている俳優とかストリーなどでこれはテレビ映画だなと思いました。あとで確認するとやはりテレビ用に作品で、同じところでのシーンがやたら出てきたり、安物せっとだったり、俳優の素晴らしい大根ぶりが見られる作品でした。ただヒドラと言う怪獣のコンピューターグラフィックスはそれなりによく出来ていました。たぶんほとんどのお金はここにかけたのでしょうね。ヒドラと言う言葉が気にかかったので調べたら、神話に出てくる怪獣の名前だったのですね。日本では「ヒュードラ」とか訳されることがあるようです。でも英語では「ハイドラ」で登場人物もそう言ってました。それにしても話の飛躍や時間経過のつながりがご都合主義過ぎますね。神話とのつながりの魔法の剣がでてきたり、よくこんな脚本にゴーサインがでてものだと感心しました。でも熱い昼下がりの時間つぶしにはちょうど良いのかも。
[PR]
d0000995_9353116.jpg


さむさんが自分のブログでも書いていますが、出演したコマーシャルが上の写真の物で、彼は僧侶を演じています。

あつ、左の人ではなくて右の人です。

d0000995_9372467.jpg

[PR]
この「イベント」と言うドラマは2010年から2011年にかけて放送されたSFサスペンスドラマです。
この番組が始まる前にテレビで予告編を何回かみて、これは見てみたいドラマだと思いました。しかし勘違いしてその第1回は見逃してしまいました。それで話のつながりがよくわからないまま数回見たところで、帰国しなければならず、後半は見逃してしまいました。

d0000995_19332438.jpg


ところがこの「イベント」がDVDになってレンタルしをしていたのです。
私は4,5回は見ていますが第1回は見逃しているので、ぜひ初めから見てみたいと思いレンタルすることにしました。最初から続けてみると、話のつながりがよくわかり、なかなかよくできたドラマだと思いました。

このドラマは「ロスト」のように幾シーズンかにわたり続いていくことを想定して始まったドラマのようでしてた。謎が謎を呼んで壮大なドラマが展開されていくように前半では感じられました。しかし、視聴率が思わしくないせいか打ち切られそうなためか、ストーリーの展開が後半かなり早くなり、一応ストーリーの結末をつけようという感じが私には感じられました。見ている人にとっては一応完結するのはありがたいことですが、最初と同じテンポで進めてほしかったですね。そして、できたらシーズン2も作ってほしかった。

簡単に最初のストーリーを言うと、フロリダで新しいアメリカの大統領が長い間国民に秘密にしていたことを発表しようとしていたところに、大きな旅客機が突っ込んで来るのです。あわやというところで突然旅客機は消えてしまいます。飛行機はかなり離れた広い荒地地帯に突然現れ、不時着します。
この出来事の裏には60数年前にアラスカに起こったある出来事に起因していたのです。

ではここである重大な「イベント」の話をさせてもらいましょう。

11月1日から10日まで高崎市の画廊オブジェで斎藤おさむ氏と新井正博氏のダブル個展が開催されます。11月3日には斎藤氏の水彩画のデモンストレーションが行われ、4日は新井正博氏の石版画の講習が開かれます。どうぞこの素晴らしい「イベント」にご参加ください。この「イベント」はともに午後1時30分より
開催されます。

画廊オブジェ  高崎市福島町742-6
027-373-3922

関東近県からの人はJRの「休日おでかけパス」をご利用するとお得です。高崎駅からは画廊の近くを走るバスが出ています。
[PR]
なつかしのポートランドとは言うものの、去年の9月の半ばまではいたんですよね。(笑)
でも、なんとなくオレゴンが懐かしくて、恋しい今日この頃です。

実は今シーズンから「Grimm」という怪奇刑事ドラマ(?)がNBCではじまったのですが、なんとこのドラマがポートランドが舞台で、しかもしっかりとポートランド近辺で撮影が行われているドラマなんです。よく舞台がニューヨークとかボストンとかに設定されていても、実際はロサンゼルス近辺で撮影されていたり、カナダだったりすることがあるのですが、珍しく本当にポートランドで撮影されている作品です。なので、懐かしいポートランドが見たくて見ている番組です。

d0000995_3495878.jpg


ドラマはグリム兄弟の末裔がグリム童話に出てくる生き物が実際にいて、犯罪を起こしているという話で末裔の刑事が(彼だけが本当の姿を見ることができる)そういった怪物たちを葬っていく話です。ちょっと目先が変わっている刑事ドラマですね。
[PR]