カテゴリ:・Thesis( 4 )

自動翻訳の悪さには評判がありますね。
ためにし私の卒論の文章を翻訳機にかけてみました。
これだったら英語のほうがわかりやすいでしょうね。
(これは本日の卒論の部分です。英語と見比べてみましょう)

しかしこの翻訳日本語を読んでいると頭が痛くなる。




写実主義とPHTOGRAPHY は部品1 多くの評論家によって 退去させる写実主義を.... 彼らは現実的に塗ることをその wasn't を何でも残そこに決定した; 従って, それはラインの 端だった。It's ないそのそこにwasn't がペンキにもう 任せた; それはそれらがdidn't たくさんあったことを見る想 像を有すること単にだった。そこのリチャードEstes は時だった 私が罪があると不快な作成の現実的な像に感じた。現代芸術の歴 史の間に, 多くの芸術家は写実主義から抽象的概念へ展開させた 。現実的な仕事を作成することは旧式と反進歩的かったですよう である。この異議に応じて, 私はMFA プログラムを入れる前に抽 象的なと実験仕事を試みた。私が形態を学んだ何とこの経験は私 が私の像を抽出する必要性を感じ, 私のためのそれを懇願しない こと非客観的で抽象的な像を取扱うことがだったことだった。し かし主に抽象的概念はし私がたかったもの実際にでなかった。そ れ芸術家であることは自分自身へ正直で非常に重要である。かか わっている私が実際にしたいものをに私はしかべきでない。私は 現実的な像を作成したい。写実主義が私の仕事で重要なぜである か2 つの理由がある。最初にi 価値技術的な技術及び draftmanship 。私のために, 進歩の技術的な面及び業積は内容と expressiveness のそれら重要である。私芸術を作成する為の文脈 として物理的な世界の価値訓練そして精密な観察。Spontaneity と直観は芸術家のための重要な資産であるが, 基本的な技術及び 概念の支配で基づかせていたときさらにもっと有効である。視聴 者がよく知られた目的及び場所の像に容易に関連できるので現実 的な像が直接viewer's の心を従事させることを二番目に, 私は考える。私によっては芸術家と視聴者間のコミュニケーショ ンが簡単, 容易親密でほしい。現実的な像がこの他のどの画像の 形態もより直接達成できることを私は信じる。私の仕事は知的な レベルでむしろemotinal 1 で伝達し合うように意図されていな い。それは喜び, 慰め, そしてmeditative 感じを促進するべきで ある。これを達成するためには像はすぐ魅力的でなければ, 読む ために, 入手しやすい誘う。視聴者がに関連し, 現実的な像で従 事できるので現実的な像は抽象的な1 つより容易に伝えるこれら の端を缶詰になる私達の物理的な世界の模造である。私が取扱っ ている何を精神状態についての多くであるのでそれ現実的なイメ ージを" sabi " を表現するために使用することが非客観的か意味 深長で抽象的なイメージより挑戦的であることを私はまた考えた 単語かある像で記述しにくい。
[PR]
Rococoさんから卒論で引用したテラオカ マサミと石田敦史についてたずねられました。
石田はそれほど有名な作家ではないので私も詳しい事はわかりません。私は卒論を書く1年程前に銀座のギャラリーで偶然発見し、その時に本人と話もしました。

テラオカは検索すれば出てきますので詳しくは検索で探してみてはどうでしょう。

簡単に彼のことと作品を紹介しておきます。

テラオカは1936年に尾道で生まれ、関西学院大学を卒業、アメリカにわたり
オーティス・アート・インスティチュートを卒業しました。
浮世絵から借りたスタイルを用い、水彩で作品を描いていました。かなり大きなものもあります。
最近は油彩に変り、作品も西洋宗教画をモチーフにした作品へと大きく変っています。
作品はメトロポリタン美術館やロサンゼルス郡立美術館、スミソニアンなどに収蔵されています。
d0000995_131705.jpg

テラオカ マサミ

d0000995_13174810.gif

d0000995_13191696.gif
d0000995_13195775.jpg

d0000995_1321498.gif

作品の前に立つテラオカ。 これで大きさがわかりますね。

d0000995_1324910.jpg
d0000995_13242698.jpg

[PR]
ニューオーリンズ大学の大学院の芸術学部は60単位で3年のコースとなっています。
2年目に入った学期の半ばでMFA (Master of Fine Arts) 候補生再審査というものがあります。この時に卒論のアウトラインを1ページほどにまとめて提出し、このアウトラインと作品を元に学部の全教授との口頭試験が行われます。

ほとんどの学生が言うようにこれが大学院生として一番きついものです。1対8くらいであれこれかなり厳しい質問が次々と出され、教授たちを納得させなければなりません。女性の生徒では泣き出す人もいるくらいのそれまでの批評会とは違う相当厳しいものです。

この試験には3段階の評価が下され、合格者、そして仮合格者とでも言うものそして不合格です。
仮合格者は数週間以内にアウトラインの修正をして生徒の専任の教授が納得すれば合格となります。私はこれでした。そして不合格者は1月以内にまったく新しい複数の作品を作りその作品と合致するしっかりした卒論の新しいアウトラインを提出し、口頭試験を再び受けなくてはなりません。生徒によるとこの段階であきらめドロップアウトする生徒もいます。この段階で再試験して合格した学生は次の学期で挫折したり、進展が見られないと学校側からもう来なくていいといわれたりする生徒もいます。

卒論を書くことは大変ですが、そこにたどり着く為のこのMFA候補生再審査の口頭試験というものが一番厳しい難関です。


SABI: INFLUENCES AND INTENTION

Two Japanese artists influenced my concerns. One is Masami Teraoka and the other is Atsushi Ishida. Teraoka, who lives in the United States, uses " the visual language of the Japanese ukiyo-e print, which serves the dual purpose of expressing his roots and being an aesthetic vehicle for his statement."
The worlds of Utamaro and Sharaku are updated by Teraoka. While Utamaro and Sharaku depict the worlds of decadent Japanese society. Teraoka deals with contemporary issues like the environment and AIDS. he successfully combines Japanese art with occidental and even worldside issues.
Ishida, on other hand, employs a different way to combine East and West in art. In Japan he was trained to paint in a traditional style. However, he gave up traditional painting and now uses contemporary images that seem to be influenced by minimalism. He first covers a sheet of paper with layers of charcoal. The surface of the paper becomes a rich velvery-black. Then a small part of the charcoal is romoved so that the surface of the paper emerges. The drawings have a meditative and calm quality. Despite the contemporary look and western imagery, Ishida's intention is to express the Japanese aesthetics of "wabi" (the pleasing effect of melancholy repose) and "sabi"

A seed of the combination in my art of Japanese origin and my adult western experience started to form through these two artists' works and ideas. Around the spring of 1990 by chance I read an old issue of House Beautiful which especially dealt with Japanese traditions and taste. One article about the tea ceremony interested me most. I was surprised to learn that a great deal of our tradition was derived from the tea ceremony.
In his book Sado no Tetsugaku ( Philosophy of Tea Ceremony) Shinich Hisamatsu, a Japanese philosopher and tea ceremony practitioner, defines the charactaristics of the tea ceremony in four ethics ( harmony, esteem, purity and calmness) and seven philosophies (asymmetry, simplicity, wizened austerity, naturalness, subtle profoundness, unconditioned freedom, and calmness) At first I tried to deal with these ethics and philosophies but gradually I realized that it is hard to render them in a single visual form. I reexamined and reread Hisamatsu's book and clarified my thought. My initial attempt had been confined to expressing merely rule or process and not the underlying significance. The assthetic called "sabi" is the terminal state of mind for the people who practice the tea ceremony. I realized what I should hav deal with was the larger sense of "sabi".

I interpret "sabi" as calmness of mind and meditation. When Juko Murata established the tea ceremony in the end of the fifiteen century, Japan was in the middle of terrible war. The ritual act of tea ceremony provided a "refuge and a haven of tranquility" for the warlord. Much of the contemporay world also offers upheaval nad stress. We really need to have a moment of calmness of mind. In this respect "sabi" is relevant to centemporay life.
[PR]
大学院の卒業の必要科目に卒論がありました。
私が書いたものは20ページほどのものですが、外国語である英語で書くというのは
大変でした。特に絵画にかかわっている人間としては映像的なものをつかさどる脳と文章を書くことをつかさどる脳とは別の部分なので作品の制作と文章を書くことを並行するのはきついことでした。アメリカ人の同級生でさえ四苦八苦していました。
しかし、書き終えると、自分自身が何をしようとしていたのかが自分でもはっきりわかり、他人に上手く説明することができるようになったと思います。
卒論はニューオーリンズ大学の芸術学部と図書館に収蔵されていますが
まず読まれることは無いでしょう。
つたない卒論ですが、まず私が死んでも図書館に私の書いたものが残るというは生きた証を残せたようでなんとなくいい気持ちがします。

今から読むとちょっと不十分でそれほど大手を振って見せられるようなものでもないのですが
せっかく苦労して書いたもの、このブログには英語の達者な人も多く見ているようなので
何回かに分けて私の卒論を掲載してみようと思います。
タイトルは日本語の「光と影と静寂」という言葉を念頭に Light Shadow and Calmness とつけました。

では本日は概括と序の部分を。

Light Shadow and Calmness

ABSTRACT

My work attempts to convey a sense of calmess and meditation which are based on a Japanese aesthetic called "sabi". My intention is to combine my Japanese background and the influence of American life and idea. To realize my intention in a pictorial form, I choose as subject matters the interiores rooms of westeren dwellings furnished with objects. Photo-realism is employed to create images.

The most important elements of my work are light and shadow; they express "sabi". calmness and meditative mood permeating the image.


INTRODUCTION

After a few years ' stay in the United States, I became more conscious of being a Japanese. One of the reasons I came to this country was my objection to a repressive side of Japanese society., an old tradition that will not allow individual freedom. As I observed my country from a distance and more objectively, I began to find its more liberal side and appreciate its traditions. Therefore, I wanted to contribute something to my cultural heritage. When I thought of Japanese culture, the first thing that came to my mind was the tea ceremony. The tea itself was imported from China. When the tea ceremony was established in Japan it greatly influensed Japanese culture in such matters as etiquette. architecture, gardening, pottery and flower arrangement. An aesthetic called "sabi" is the ultimate state of mind that the tea ceremony tries to achieve.
My work attempts a visual interpretation of "sabi". The original meaning of sabi is a "to desolate", later the word acquired the meaning to grow old, to grow rusty". However, when it is used as an artistic term, the meaning of "sabi" becomes more than that. It is very difficult to describe "sabi" in worlds because "sabi" is most profoundly felt in the tea ceremony. Therefore, if one really wants to feel the purest form of "sabi". he may have to attend a tea ceremony.
Consequently, it may seem impossible or absurd to attempt an expression of the pure meaning of "sabi" in visual form. What I try to accomplish is a transformation of the spirit of sabi into visual form through my own understanding of this aesthetic.
The simplest implication of "sabi" might be calmness of mind and meditation. I attempt to communicate the meitative quality of "sabi" through my choice of subject matter, style, and selective use of visual elements. Still life and room interiors are the main subject matter, realism is the style, and light and shadow are the visual elements of my idea.
[PR]