カテゴリ:・ニューオーリンズ( 211 )

かつては何気ない風景。今は特別な思い出の場所。

d0000995_11455812.jpg
d0000995_11461998.jpg
d0000995_11464016.jpg
d0000995_1147362.jpg

[PR]

LDR

d0000995_9261096.jpg


ニューオーリンズで住所だけを借りている友人からメールで連絡が入りました。亡きパートナー宛の手紙が2通届いているとの事。そしてその2通はLDRつまり、ルイジアナ州の州税についてとの事。2通の手紙の内容をメールに添付してきました。

税と聞いただけでもう読む気がしなくなりました。しかもDVDをそのメールの前に見ていたので、視力の焦点が合わずPCの画面の文字がぼやけてしかも2重3重にみえたりしました。
とにかく思ったのはもうパートナーの事はすべて終わったと思っていたのにまたもや問題が!?という気持ちでした。本当にネバーエンディングストーリーだなと思いました。
とにかくその時点でなんとなくわかったのは、追加の資料をあれとこれとそれを15日以内に送ってよこせという事だけは大雑把に理解できました。あ~めんどう。州税の申告になにか問題があったのか。確か前年のものを参考にして書いて送ったので間違いはないと思っていたのに・・・。

そして今朝。
あまりやりたくないことだけどやらなくてはと思い、添付の手紙をプリントアウトしました。少しすっきりした頭でその手紙と手紙に添付された書類を読むと、1通目と2通目は全く同じ内容で1通目には添付の書類がついてないだけでした。それに気づいて2通目を送ってきただけのようです。つまり基本的には1通の手紙だけだったという事。

さて、視力もいい今朝、内容をしっかり読んでみると
何のことはない税の返金をしたいので、上記の書類と死亡証明書を送ってほしいと言う内容でした。

ほっ。
[PR]
この日記のエントリーが、ニューオーリンズからの最後です。
まだここにいますが明日にはこれを書いているコンピューターを返さなくてはならないのです。いろいろあったこの街ともお別れが、、、、
でもここに来るのは最後ではなくまた訪れる予定です。でもその時はこれまでとは違った気持ちでしょうね。次にこの街を見る時はどんな気持ちで街を眺めるのでしょうか。

ニューオーリンズの街よ、また会う時まで。
[PR]
d0000995_13514742.jpg


ソーシャルセキュリティに関して聞く事があったのでオフィスに行かなければなりませんでした。だいたいニューオーリンズにソーシャルセキュリティのオフィスがあるのかも知りませんでした。本部に電話して所在地を確認して今朝早速行ってきました。
オフィスはダウンタウンのビジネス街の高層ビルの中にありました。このビルにはロビーに私の出た大学の教授のでかい絵が正面に飾ってあるので以前から知っていましたが、まさかこのビルの中に年金事務所があるとは思いもよりませんでした。

案内係の人に5階だと教えてもらい、早速5階へ。オフィスは9時からで、9時を少し回っているだけだったので、そんなに事務所に待っている人は居ないだろうと高をくくっていた私はなんと愚か者!!エレベーターを下りて事務所に向かって行くと、な、な、な、なんだ〜〜っ!入り口付近までくると事務所の中が見えたのです。驚くべき事に50人近くの人がびっしりと置いてあった椅子にしっかり座って待っている姿が見えたのです。私の考えは甘かった。

それから、こういう連邦政府関係の事務所に入るには、空港での検査のような金属探知機の機械を通り抜けて武器を持ってないか調べられます。私は武器は隠し持っていなかったのですっと通れると思ったら、携帯をポケットに入れたままだったのでブザーが鳴り、止められました。でもなんとか無事にそこを抜けて、順番の番号を発券してくれるコンピューターを操作し番号のカードを受け取りました。その番号を見ると「L32」でした。32番と言う事は私の前に31人先客が居るのか?でもここにはそれ以上の人が居るけど? 座って待っているとその訳がわかりました。いろんな番号があるのです。R35とか456とか名前を呼ばれる人も居ました。私はおとなしくパイプ椅子に座って入り口の方を見ていました。入場してくる人が金属探知機のところで戸惑ったりしているのをみていて、ふとある事に気づきました。事務所には入る前に待っている人を見た時から感じていたある違和感の理由がわかったのです。確認するように周りを見回してみました。思った通りです。

私はそこで待っている人々が全員黒人いやアフリカン アメリカンだとはっきり気づきました。もちろん2人居るガードもアフリカン アメリカン。白人は一人も居ませんでした。そして黄色人種の私が一人!ニューオーリンズは白人の方が少数民族だと言う事を改めて感じられました。しかし、ひとり、ふたりくらい白人が居ても良さそうなのに、見事に黒人,おっとアフリカンアメリカンだけでした。
こういう経験ニューオーリンズでも私は初めての経験でした。
私の番号が呼ばれる頃、初めて白人が3、4人入ってきました。彼らもどこかしら居心地悪そうでした。

写真の黒いビルが年金事務所の入っているビル。う〜んビルまで黒だったんですね。
[PR]
d0000995_953577.jpg


きょうは天気ももの凄く良いし、湿度も低く暖かでさわやかなとってもスーパーな日になりました。
ん? スーパーな日!

そう、アメリカでは今日2月3日にスーパーボウルがあるんです。アメリカの年中行事のようなものですね。ハーフタイムショートかスーパーボウルで流れるCMの話題でニュース番組もその話題でもりあがっています。たかがアメリカンフットボウルの試合なんだけどね。
さらに言うとこのスーパーボウルが今年はなんとニューオーリンズで行われるのです。もう街は大盛り上がりですね。盛り上がってマルディグラを1週間休むくらい。カトリーナから7年、街が復興している事をアピールしています。

私は全く関係なく、朝からロヨラでリトグラフの摺りでした。なんとかうまく行って私にとってもスーパーな日になりました。
[PR]
d0000995_14511471.jpg


昨日の夜から天気予報通り雨が降り始め、時々激しく窓ガラスにもあたる本格的な雨でした。
暗く憂鬱になるような日で、特に何もする事も無く、ゆうつべなどでテレビ映画を見たりして
午前中は過ごしました。午後になると次第に雲も薄くなり3時を過ぎる頃には西の方に青空が見え始め、4時には雨だった事が嘘のように晴れて気持ちのよい日になりました。昨日売れたプリンターの
買い手がアパートまでとりにきて、現金受け取りました。話すアクセントから思った通りインド系の人でした。
[PR]
d0000995_23402271.jpg


先週の土曜日にアパートの前で歩道でセールを行いました。ひとりでやるのは心細かったのですが、別に盗まれても大したものはないのでいいかと、実行しました。ネットに広告を載せただけだったのですが、思った以上の人が来てくれて、それなりに盛況でした。一時は何人かの人がこれはいくらか、これを欲しいと同時に来て、お金の計算を間違えたかも。記録をノートにつけていたのだけれど、次から次からと買う人が来て、かなりの書き落としもあった感じです。値段も相当安くつけたので、売れました。

2月の末に最後のセールをするつもり。それでも売れ残ったものは寄付します。
[PR]
d0000995_11131160.jpg


今日は午前中はロヨラ大学ではクラスがあるので、午後から行こうと決めてました。それで、病院などに提出する書類の整理や手紙を書いていたら、あっと言う間に時間がたちもうお昼の時間です。
昼のニュースで天気予報を確認すると、曇りですが、雨が降る事は無いと言っていたので一安心。なにせ今は車がないので、自転車でロヨラ大学まで行かなければならないからです。

昨日の失敗をしないように忘れ物がないように、もって行くものを確認してから、いざ、出発!

家を出て2,3分すると、

あれ、雨が!今日は夕方までは降らないと言っていたのに。

仕方なくアパートに引き返しました。
[PR]
昨日と違い、晴れて空気もスカッとしていて気持ちのいい朝になりました。ちょっとだけ寒いけれど寒さが気にならないくらい気持ちのいい天気でした。

d0000995_13422278.jpg


いつもこちらに来ている時には使わしてもらっているロヨラ大学の版画教室をこれから2ヶ月また使わせてもらう事になりました。
さっそく大学に行き、ビルに会い、使用料と契約書にサインを済ませ、教室に行きさっそく2つのリトの石を選んで研磨しました。久しぶりの研磨に疲れました。でも心地よい疲れ。今まであった哀しい気持ちも少し楽になりました。
[PR]
d0000995_1524238.jpg


子供の頃「奥様は魔女」とか「可愛い魔女ジニー」とか好きでよく見てました。
しかしその記念すべき第1回のエピソードと言うのはこの2つの番組を本放送はもとより、再放送でも日本で見たことはありませんでした。もちろんアメリカでもこれらの放送をやってはいましたが、第1回のエピソードは今まで見たことがありませんでした。
 
今年の初めからMeTVという、一昔前の番組を専門に放送するチャンネルがあるのですが、ここで偶然にもこの2つの番組の第1回のエピソードを見ることができました。MeTVではこの番組を7時台に続けて放送しています。見たことのなかった第1回のエピソードを見れて満足でした。

d0000995_1594336.jpg


d0000995_151284.jpg


写真はすべて第1回の「奥様は魔女」からです。
当然ですが両番組ともモノクロ放送でした。
[PR]