カテゴリ:・私的周辺雑記( 1456 )

d0000995_06205407.jpg
ありゃりゃ、家の前にある切り株の上で布袋様がいました。この家の人はもしかして中国人?
[PR]
d0000995_00164585.jpg
カナダに来て初めてファミリードクターを得て、いろいろな検査をしたわけですが、大腸の内視鏡の検査をしたことがあるかと聞かれ「ない」と答えると「年齢的に考えて、一度はやっておいた方がいいでしょう。」と言われ、「いえ、結構です」とも言えず「はい」と答えてしまいました。

まずファミリードクターから紹介された専門医のところへ行き、あれこれ質問され、何日ごろに実際の検査をしましょうと言う事になりました。その時薬局で買ってくださいと言われたのが下剤3錠とpeglyte Jugと言う代物。このペグライトジャグが問題の曲者です。このジャグに粉末の下剤が入っていて、これに4リットルの水道水を入れて飲むのです。4リットルと言うとかなりの量です。まずは容器を見てひるみました。。確か亡きパートナーがこの検診を受け4リットルを飲むのが辛そうだったことを思い出しました。できることなら受けたくないと思いながらついにその日は近づいてきました。

検査の前日は透明な液体以外の食べ物は食べてはいけませんでした。まだこの時は1日半近く断食をする方がつらいと思っていました。透明なとは言うものの果物味のゼリーは食べてもよく、コーヒー、紅茶はOKでした。許されているのがほとんど甘い感じの物でした。一つだけ野菜や肉のスープ(Broth)は良いと言う事でこれを買いました。

まず当日朝、ジャグに4リットルの水道水を入れ、良く降って完全に粉末を溶かします。それを冷蔵庫に入れ冷やしておきます。これは冷たい方が飲みやすいためです。
お昼に3錠の下剤を飲み、夕方からの苦行が始まります。

午後6時からコップ1杯分のペグライトを10分おきに、3リットル飲まなければなりません。冷たいペグライトを飲むと体が冷え寒くなると聞いていたので、ペグライトを飲んでは温めたスープをちょこっとなめました。さてそのペグライトですが飲んだ感じちょっとぬめっとした感じで甘い味があり柑橘系の香りがしました。これならまあ大丈夫だと私は一安心。快調に10分ごとにコップ1杯のペグライトを飲んでいきました。2リットル飲んだころから、ペグライトの味と香りに嫌悪感が出てきました。でも何とか飲みこみ、あと1杯で3リットルになると言うときグラスを口にもっていくとその時点で、まず臭いで「ウッ」となりました。そこを無理して少し口に含ませると、もう生理的にダメで自分の意志とは関係なく体がこの液体を拒否して吐きそうになりました。もうこれ以上は飲めないと思いました。説明書によれば最後の1リットルは検査の4時間前までに飲み終えればよいとの事で3リットルは終わっていませんでしたが、私は飲むのをやめました。

下剤の効果も現れ、トイレに行くと、昼と夜に食べたクランベリー味のゼリーのためかトイレが真っ赤に染まり、血のようでした。しばらくはそんな状態が続きました。相変わらず口の中にはペグライトの味の感覚が残っていて、とても残りを飲める状態ではないと思いました。しかし、ちょっと寝て午前2時過ぎに目覚めると嘔吐感が薄れていて、なんとかペグライトの残りを飲めそうでした。あと1リットルくらい何とかなりそうでした。
無難に5杯飲み終わりかと思っていたらあと1杯ありました。その1杯も何とか飲み込め私の苦行は終わりました。

さて検査の予約は午前10時から。前に9時50分までに来てくださいと言われていたのでクリニックにその時間に着きました。それでもベッドに連れていかれたのは10時20分頃。ズボンと下着を脱ぎ、よく見る後ろが開いている前掛けのようなものを着て、ベッドでさらに30分ほど待ちました。その間看護婦が来て右でに注射針のあるものを差し込みました。私は麻酔薬かなと思いましたが、眠くならないので違いました。30分ほどすると中国人の先生が来て検査室へ連れて行きました。私は「あれ、この先生はこの前会った先生じゃないけど。」と不審に思いました。彼は私に「日本人か」と尋ねると「こんにちは」と日本語でいい「私の娘は東京に住んでいる。私の家の庭には桜の木があって今年もきれいに咲いていた」と話しタブレットでその時の写真を見せてくれました。この先生はサポートする先生らしく、やがて顔見知りの先生が現れ、「では検査を始めます」と言うとよくテレビで見る鼻の穴に管のあるものを取り付けられ、やがてスーッと音がして気体が鼻から入ってくるようでした。ああ、これが麻酔かと思い2,3回吸い込むとあとは記憶がありませんでした。目が覚めると大部屋のベッドの上でした。検査自体は全く何も感じない楽なものでした。やがて身を整えて待合室で待っていました。そして、医師から特になんの問題もなかった。結果はファミリードクターに連絡しておく。これで次の10年は検査は必要ないと言われ一安心。しかし10年後でも何か簡潔な方法が発明されない限り、あの4リットルの下剤は飲みたくないので検査はお断りしたいと思いました。

[PR]
d0000995_21310432.jpg

[PR]
2日前は30度までになると言う夏本番的な天気だったのdに昨日から10度台。外は肌寒い。
d0000995_21514607.jpg
d0000995_21515825.jpg

[PR]
いつもと違う銀行の支店に行ったら、なんと日本語ペラペラの中国人の行員がいました。彼女は東京と神戸に5年間いたことがあるそうです。何かわからないことがあったら日本語で対応しますからお越しくださいと言われました。彼女も久しぶりに日本語が話せてうれしそうでした。 

d0000995_08281640.jpg



[PR]
何と今日のトロントの最高温度は30度。春を通り越して夏です。新緑と花が咲き乱れてます。

d0000995_08564519.jpg


[PR]
d0000995_11331673.jpg
ふと見回すと英語の看板だらけ。ここ外国?あか抜けない上野の精いっぱいの努力でしょうか。

[PR]
朝気づくと、玄関のドアに蛇!! なぜ逃げないのかとあとで内側から見たらしっぽがドアに挟まってました!そういえば昨夜帰ってきてドアを閉めた時変な音がしたのを思い出しました。蛇嫌いの私には恐ろしくてどうすることもできず助けを求めて退治してもらいました。

写真を載せましたので、蛇を見ても何ともない人はMoreをクリックしてみてください。



More
[PR]
暖かな春の午後の公園です。のどかでゆったりした時間が流れていました。

d0000995_13254961.jpg

d0000995_13255524.jpg


[PR]

d0000995_05321775.jpg

トロントで見つけたのですが、これって桜ですよね。花には自信のない私です。

d0000995_05322299.jpg


[PR]