2017年 08月 04日 ( 1 )

d0000995_12591132.jpg
朝は涼しくて気持ちの良い天気だったのですが、昼前から湿度が増して、蒸し暑くなってきました。そんな今日ですが、本日からフルートの練習の再開と言う事で、知り合いのT氏のところへ行くことになってました。彼は私の今のアパートの歩いて10分くらいのところに住んでいたのですが、私がここに越してきて1週間したらちょっと離れたところへ引っ越してしまいました。まだそれほど年寄りと言うほどでもないのですが、シニアのアパートに空きが出来たと言う事でコンドミニアムを売ってそちらのアパートに越していったのでした。今私の居るアパートからだと地下鉄で2駅南に下りそこで東に向かう4番線に乗り換え終点に行きます。そこから今度はバスに乗って10数分。バスは幸いそのアパートの真ん前で止まります。
d0000995_13012254.jpg
アパートの玄関を入ると右に受付がありますが、私は無視して教わったように左に曲がって進んでいこうとすると、「ちょっと、待って」と呼び止められました。アパートのゲストとして記名帳に名前、アパートに入った時間、何号室の誰かを記入しなければいけないと言われました。それを済まして、左の廊下を進むと突き当りにエレベーターがありました。このエレベーターを6階まで登り、6階の突き当りの部屋がT氏の部屋でした。改装したてのためでしょうかかなりきれいな、新しい部屋と言う感じがしました。入るとそこはキッチンと十分な広さのリビングがあり、右手には2部屋同じ大きさの部屋があり、突き当りがバスルームになっていて、バスルームは明るくて清潔感がありました。2つの部屋の反対側の壁はドアの付いた物置になっていて、部屋にもクローゼットがあり、収納スペースは十分ありました。ある意味このアパートの方がコンドミニアムよりいいかもなどと思いました。

2時間ほどフルートの練習を一緒にしてから、アパートを後にしました。

[PR]