ばりうむ

d0000995_2353863.jpg


私の町で行われる胃がん検査の日でした。今日は私の住む地区の順番なので町の保健センターに行ってきました。 ここは昔私が通った中学校があった場所。中学校は統合されて、他の場所に移ってしましました。

朝の7時30から受付という事だったので、ちょっと早めの7時15分に朝飯抜きで行ったら、すでに受け付け始まってました。早く来た人のために、早く受付を始めたのでしょうか?私は順番のカードがわ94番。早く来る人は6時半くらいから来ているんでしょうか。ご苦労な事ですね。
何年か前はもっと混んで、相当な時間待たなければならない状態でしたが、最近はかなり改善されては居ます。やるほうもやり方を学んだのでしょう。

さて、胃がんの検査というのは、バリウムを飲んで、胃部のレントゲン撮影を行う検査です。検査器具の上で横になったりうつ伏せになったり、機械が上にいったりしたに向いたりしてぐるぐる回される感じの検査。
長く待たされ、ようやく私の順番が来て移動レントゲン車に乗り込みます。バリウムの前に粉末のソーダのようなものを水を飲むようにいわれます。そしてゲップを我慢して、バリウムを紙コップいっぱい飲まされます。そしていよいよレントゲンの機械へ。

撮影が終わると、外へ出てそこにあるペットボトルの麦茶を下剤と共に最低3倍は飲むようにいわれます。
飲んだバリウムはなるべく早く体内から排出した方がいいからです。
バリウムのせいか胃が重くあまり空腹感はありませんでした。

渡された注意書きの最後の文字がちょっときになります。
「・・・・そのままにしておくと、消化管に穴が開いたり、消化管が詰まったりする恐れがあります。」
消化管に穴が開いては大変と私は出来る限り水を飲みました。
[PR]
by Marrrsan | 2008-09-11 23:06 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/8595364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ladyinjp at 2008-09-12 00:06 x
何回飲んでもバリウムは慣れませんね。
コップ一杯飲むのが苦痛です。
もっと簡単に飲めるものを開発して欲しいです。
Commented by lanova at 2008-09-12 07:12
もし消化管に穴が開いたら、検査機関が治療してくれるんでしょうかねえ。きっとそんなことはないと思うけど…バリウムがいやでぞれなら胃カメラの方がましだと言う友人がいました。検査の結果はいつ出るのでしょう?何事もないことを祈っております。
Commented by Marrrsan at 2008-09-12 09:15
●ladyさん
それでもバリウムは昔よりは飲みやすくなったといいますね、昔を知らない私ですけど。
それほど苦痛ではありませんでしたが、一杯飲むのはちょっとね。ゲップを出さないようにという指示を守るのが苦しかったですね。
Commented by Marrrsan at 2008-09-12 09:17
●lanovaさん
胃カメラもかなり細くなり、楽になったようですね。
今は何かカプセルにカメラが仕込んであってリモコンで
操作できるというもの開発中か使われているという事を
聞いた事があります。こういう技術はどんどん進歩して欲しいですね。