Dedicated to the memory of my mother

今日は私の個展のオープニングナイト。
天気は朝から土砂降り。
と思っていたら、お昼過ぎから晴れて上天気となりました。

この個展は先月他界した母親に捧げる個展にしようと思ってました。
それをどう表現しようかと思ったのですが、たまたま母親の着物を持ってきていたので
それを会場に展示して、母親がこの個展を見守っているような風にしようと思いました。
またいくつかの偶然が重なり、まさに母親に捧げる個展にふさわしいものと思いました。

その偶然とは、個展の最終日が5月31日でこれは母親の49日になります。葬儀の日にお坊さんの話で49日の意味を実は初めて知りました。49日とは人が亡くなっても魂は49日間はこの世にまだ残っていて、49日経ってはじめてあの世に行くのだと聞きました。つまり母親の魂は私の個展を最後まで見守ってからあの世に旅立っていくのだと気づいたのでした。

もう一つの偶然は私はこの個展に蓮の花を珍しく描いていました。
これもお坊さんの話で人の魂は蓮の花に乗ってあの世に行くという話しを聞いて、私は母親があの世に乗っていく蓮の花を描いていたのだろうかと思ったりしました。

では、個展会場の模様をご覧ください。すべてをカバーしていませんが・・・。

ギャラリーの奥の壁面を使い母の着物と蓮の花の絵を飾りました。
d0000995_1234252.jpg
d0000995_12354792.jpg
d0000995_1238542.jpg

d0000995_12395533.jpg

d0000995_1241760.jpg


ちらほらギャラリーに人が訪れ始めました。
d0000995_12421212.jpg


作品の前で記念写真を撮る物好きな日本人はどこのドイツだい!アタシだよー!
d0000995_12454443.jpg

[PR]
by Marrrsan | 2008-05-04 12:51 | ・アート | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/7833810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by toshikodryart at 2008-05-04 22:14
個展開催おめでとうございます!
お母様も着物を飾ってもらい喜んでいると思います。
蓮の花の作品とても素敵ですね☆ ご盛会をお祈りしています。
Commented by non_troppo88 at 2008-05-04 22:25
NOでの個展開催、おめでとうございます。
素晴しいオープニングになりましたね。
まーさんの油はまだ拝見していませんが、リトとは全く違う世界ですね。
また拝見する機会を作って下さい。
遠くから個展の御成功をお祈りしています。
きっとお母様も見守ってくださってますよ。
Commented by lanova at 2008-05-05 01:53
おめでとうございます!ま~さん、ごめんなさいね。レセプションにはgenovaさんの真似っこをして大きな花束を抱えてお邪魔したかったのに…気持ちだけ送ります。でも、あっという間にSoldのタグが貼り付けられそうですね。やっぱ、いいなあ、ま~さんの絵!!
Commented by taishiho at 2008-05-05 05:30 x
個展開催おめでとうございます!
きっと一生忘れることのない印象に残る個展になることでしょう。
日本での個展とは、一味違う雰囲気を感じます。
作品を真剣に見詰める表情から、お客さんの気持ちが伝わってきます。
感動的な素晴らしい個展になりましたね。

Commented by Marrrsan at 2008-05-05 11:07
●toshikoさん
ありがとうございます。
この母の着物棺に入れる第1候補でした。
蓮の花の絵、実は近代的なビルが背景にあったのですが
急遽空と雲で塗りつぶしました。
Commented by Marrrsan at 2008-05-05 11:10
●non-troppoさん
どうも、ありがとうございます。
そうですね、日本でも今度は油絵の個展をと考えてます。
時間がかかるので、小品展になるかもしれませんが。
楽しみにしていてください。
Commented by Marrrsan at 2008-05-05 11:14
●lanovaさん
これないと言いながら、実は突然現れたり・・・とか想像していたのですが本当にこれなかったのですねぇ。(笑)
しっかり気持ちだけ受け取りました。
次に機会にはこれますよう。待ってます
Commented by Marrrsan at 2008-05-05 11:22
●taishihoさん
個展をすると必ず来てくれるコレクターたちがいてありがたいですね。
なかなか私は顔を覚えられなかったのですが、この前の個展から
だいたい覚えました。とにかく作品を本当に気に入って買っていただけるのでありがたいですね。コレクターも私も作品を所有していることに
誇りを持っているようです。

Commented by fuku3priyou at 2008-05-06 07:01
RAITA王子です。
おはようございます。
個展を催したそうで素晴らしい絵画じゃないですか!
こう言うのを実際に裸眼で観てみたいです。
それと初めてですがMarrrsanのお顔を拝見いたしました。
中々、個性の塊みたいに映ります。
Commented by Marrrsan at 2008-05-06 09:48
●RAITA王子様
ぜひいつか半田市で個展を・・・・。
恥ずかしがり屋のくせに、出たがりのところがあって
顔出ししてしまいました。
Commented by rococo at 2008-05-09 00:12 x
すばらしい展覧会ですね!
気になる5番目の画像について質問が・・・(^_^;)
右の作品の窓辺に人が見えますが・・・どなたですか?
キャンバスの中に入ってしまった人?もしかして江戸時代の人・・・?
Commented by Marrrsan at 2008-05-09 11:24
●rococoさん
ありがとうございます。オープニングを終えて一安心してます。
例のものは実は彫刻です。あれはこのギャラリーの窓辺を描いたもので
ギャラリーのアーティストの作品の一つです。
ものすごく変わっていたので作品に描いてみました。
Commented by yoko at 2008-05-09 11:58 x
いろんな意味で素晴らしい個展であり
奥が深い個展・・・鮮明に脳裏に刻み込まれる個展ですね。
こころから開催をお祝い致します。
蓮の花の絵の雲が気になりましたけれど、
Marrrsanの解説で謎が解けました。そういう事情があったのですね。
いつの日か ふらっとそちらの個展へ伺える様になったら
楽しいだろうなぁ~と 日記に書いておきます(笑)
Commented by Marrrsan at 2008-05-10 11:39
●yokoさん
お褒めの言葉を頂いてありがとうございます。
ある意味個展の前に亡くなった母は、幸いだったと思います。
(自分で言うのもなんですが・・・)

ぜひ、ふらッと来て欲しいですね。富岡製糸に行くような気持ちで。