なつかしい顔

また出かける用事があったので車をアパートの前の道路に止め、門を開けアパートの敷地内にはいっていく。
イースターということでアパート住人がパーティーをやっている。バーベキューのグリルで2、3人の人が戯れている。
その一人が私を見ると親しげな微笑みを浮かべながら近づいて来る。
でぶとはいわないが肉付きの良い中年のオッさん。野球帽を被って不精髭を生やしている。
見覚えの無い顔。
私に何の用があるのだろう。
「久しぶり、ここに住んでいるのか」と話し掛けて来る。
誰だかわからずでもこちらも知っている振りをして受け答える。
そう言えば良く見ると何処かで見たような顔。
声に特徴があり、その声を聞いているうちに誰だかわかって来た。

彼、クレイグは私が留学していたコミュニティカレッジの先生だった。
もう20年近くも前のこと。
私と同年代くらいの彼はその頃若くてスリムないい男だった。
自分のことは棚に上げて、いや~ずいぶん変わったもんだと思った。

肉付きが良くなってお腹も出ている、帽子を取ると禿げ。昔のクレイグとは
すぐには気がつかない。昔を知らなければそれはそれでまあ悪くはない中年男だろう。

アパート住人のパーティーの主催者と友人で招かれて来ているという。
奥さんも来ていてはじめて紹介された。

しかし彼は直ぐに私に気づいたということは私は変わっていないということなのか。
2月から髭を生やしているのに認識できたということは髭があってもそんなに違いはないということ?

とにかく久しぶりで、しばらく立ち話。
小さな学校だったので教師との距離も近くあたたかい雰囲気の中で学んだのでいい思い出がある。その彼も来年にはリタイアするという。絵に専念するようだ。
なつかしい顔にあえてうれしい日だった。
[PR]
by Marrrsan | 2005-03-27 15:29 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/74432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lanova at 2005-03-29 15:59
20年前の先生に偶然会えるなんて、とってもいいEasterだったんですね。20年経っても変わらない人もいれば、2,3年ですっかり様相の変わる人もいますよね。しかし、ま~さんはアメリカ生活はとっても永いということなんですね。
Commented by Marrrsan at 2005-03-30 00:06
最初に来てからは21年くらい経ちますね、こちら。
今は行ったり来たりですが。
Commented by lanova at 2005-03-30 14:58
ずっとルイジアナですか?日本にもアトリエを持って活動していらっしゃるんでしょうか?
Commented by Marrrsan at 2005-03-30 15:55
そうなんです、ずうっとルイジアナ。
96年頃から日本と半々という感じでやっていますs。