危機一髪が連発の日本帰国 (中編)

1時間も遅れてルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港を(長すぎるぞ、この名前)飛び立った飛行機は順調にダラスフォートワース空港へ向かいました。しかし飛行は順調でも私の予定はめちゃくちゃになる可能性が大となっていました。しかし、私個人の力ではどうする事も出来ず、もどかしいばかり。1時間遅れでも、何とか奇跡が起きて、次の便に乗れるとかそんな事が起きないかと願っていました。そう、次の便も少し遅れて何とか間に合う、そんな事態を夢想していました。そんな時、パイロットからこの飛行機の飛行状況などを告げるアナウンスが機内に流れました。
「出発が機会の不具合で遅れて済みませんでした。きちんと正常なものと交換しましたので安心してください。・・・・・・・・・・・・・・・(高度とか温度とかの情報)です。」まあ、そんな情報はこんなときはどうでもいいことでした。しかし次のアナウンスが奇跡を!?

d0000995_722713.jpg


「この飛行機はダラスフォートワース空港に午前9時ごろ到着します。」
「えっ!」

私は頭が混乱。私の算数の計算が(1-1=0)あわないではないか。
スケジュールでは6時45分に出発、到着時刻が8時22分ということになっている。1時間の遅れなので、7時45分の出発なら当然到着時刻は9時22分ではないか?
なんだかわからないが22分短縮になるらしい。

「やったー!」
30分あればぎりぎりでも何とか乗り継ぎは可能である。
あー、神はやはり私を見捨てなかった。日ごろの行いがいい人はやはり違いますね。
私はひとまずリラックス。とにかく次のフライトに乗れれば、すべて問題はない。

1時間ちょっとのフライトはあっという間です。飲み物を頂き、空のカップの収集が終わるや、着陸態勢に入りますときた。その後到着ゲートについての案内がアナウンスされました。
そう、この到着ゲートが大事です。なんと言っても、アメリカン航空だけでもターミナルが4つもあって、他のターミナルに移動するには、スカイリンクと言うモノレールに乗ら無くてはならないのである。2,3階分くらいの長いエレベーターに乗ってスカイリンク乗り場に行くだけでも相当の時間のロスになります。私は神に祈るように「どうか同じターミナルでありますように」と願っていました。アナウンスはちょっと聞きずらくゲート番号は聞き取れませんでした。しかし、ゲートはD。この飛行機の到着ゲートもDでした。同じターミナルだと言う事がわかって私は一安心。
やはり、神は見捨てていない。いい子になります。

そして飛行機はなんと予定よりも早くダラスフォートワース空港に到着しました。
「あっ、すごい。これは9時前に飛行場にタッチダウンだ。」こんなときは1分2分がとても大事。
私は不運に起きた幸運に感謝。私は更に更に神に感謝を・・・・・・・・。

d0000995_73096.jpg






と思っていら。飛行機が滑走路で立ち往生。ちょっと走行したら、動かなくなりました。こんな切羽詰っているときに何でだ。やはり神は私を見捨てていたのか!
 
「あ”~~~!!」 

と悲鳴にならない悲鳴を心の中であげました。

すると私の願いが届いたのか、飛行機が動き出しました。
「あ~、やはり神は見捨てていなかった」
後は早くゲートについて飛行機を降り、ロス行きの飛行機に乗るばかり・・・・・。

と思う私の浅はかさ。

このダラスフォートワース空港は非常に大きな飛行場なのです。
ターミナルが恐ろしく遠い。
これが私のターミナルかと思うと素通りしていく。今度こそはと思うとまたしても素通り。
このターミナルではなかったのか。
そんな事でやっとアメリカン航空のターミナルDに着いたのはなんと到着してから13分後!13分は普通ならそれほど気になりませんが、乗り継ぎに乗れるか乗れないかという必死の時には非常に長いものです。ゲートに着いたのが9時10分ごろ。あと20分はある。何とか間に合うか?

ところがここでも神の試練が。
実は私は飛行機の最後尾付近に座っていて、私の後ろには一人の乗客がいるだけと言う状態でした。つまり多くの人が通路をふさぎ、私は最後近くまで飛行機を降りられない!こんな時に限って飛行機のドアが開くのが遅い。乗客の降りる速度が遅い。私はあせる心を落ち着かせながらも時計と睨めっこ。早くさっさと降りてくれ~。

やっと何とか、ゲートの外に出られました。残り時間17分ほど。ここで乗り遅れたら非常に悔しい。乗り継ぎのゲート番号を聞き取れ無かったので、ゲートの外にいる係員の人に聞く。
「ロス行きの便は何番ゲートでしょう」
「え~と、ロスは・・・・・40番ゲートです。」

ひぃえ~!! 40番!


悲鳴のわけは、私の到着したゲートはD16。なんとD40までは24ゲートがあるのです。

つづく
[PR]
by Marrrsan | 2008-01-20 06:01 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/7032510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lanova at 2008-01-21 14:09
ああ、ま~さん!たびたびダラスフォトワース空港を利用している私としては、ま~さんの悲痛な叫び声が聞こえてきそうです。本当に何とかならんかい!って言いたくなるほど遠いですもの。でも、そういう時って飛行機に乗っている間にフライトアテンダンスに状況を説明して、一番先に飛行機から降りるなんてことはできなかったのでしょうか。
Commented by Marrrsan at 2008-01-21 18:12
●lanovaさん
いや~、あせっていてそういうことには頭が回らず、とにかく自力で
早く降りることしか考えつきませんでした。そうか、そういう手があったのか。