雨のち晴れの13日の金曜日

天気予報が的中で、夜半遅くから雨が降ったりやんだり。
朝目覚める頃は雷の鳴り響き渡り、時々激しい雨。
外に出てみるともう8時過ぎだと言うのく薄暗い。
暗くて外灯もついていました。
13日の金曜日にはふさわしい薄暗く陰鬱な朝。
d0000995_13524578.jpg


と思っていたら、低気圧はものすごいスピードで駆け抜けていきました。
10時過ぎにはもうこれですよ。
空は青空、春のような日差しがあふれていました。
d0000995_1354441.jpg

[PR]
by Marrrsan | 2006-01-14 13:56 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/2527341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yoko at 2006-01-14 23:40 x
あは、日本人でもつい「13日の金曜日」を気にしてしまいますよね。
仏滅が重なったらサイコーってか・・・。本当は気にしなくてもいいのでしょうね。逆に言えば この日に限らずいつも心を引き締めて!ということなのかも?・・・だんだん わけがわからん内容になってきたので また(笑)
Commented by Marrrsan at 2006-01-15 12:23
●yokoさん
キリスト教信者でもないのに気になったりしますね。
まあ、クリスマスと一緒でいいことも悪いことも世界と歩調をあわせるのが好きな日本人と言うことでしょう。

80年代ごろに「13日の金曜日」というテレビシリーズがありましたが(映画版とは関係なし)割と好きでした。突然話が飛びましたが、、、。