2か月そして7日

d0000995_23422628.jpg

もう忘れていました。なんと2か月もかかりました。

それは地下鉄でトークンを自動販売機で買おうとしたことから始まりました。20ドル札を販売機に入れたのにトークンが出てきませんでした。そこで駅員にそのことを告げると
「私はあの販売機には無関係です。販売機に書いてある電話番号に連絡してください」
同じTTC(トロント公共交通局)の人なのになんと不親切なと心で怒りながらも電話しました。
電話の相手は「では、何時ごろ、どこの販売機で問題になったかお知らせください。調査の結果あなたのクレームに間違いがなければトークンを送ります。1週間以内に連絡します。」という事でした。でも連絡ないまま時は過ぎ、私もそんなこと忘れていた昨日、返事とトークンが送られてきました。送られてきたのは嬉しいけど、2か月もかかる事かと思いました。

もっと驚いたのは封筒の消印は何と7日前でした!!
トロント市内からトロント市内までなんと7日もかかっていたという事です。普通なら7日あればアメリカから日本に郵便物は届きます。この期間天気が悪くて、配達事情に問題があったとかなら少しはわかるのですが、天気も良くそんなに時間がかかる理由がわかりません。単なるカナダ郵便局の怠慢でしょうか。

[PR]
by Marrrsan | 2016-04-01 23:56 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/23031078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shinia62 at 2016-04-03 02:14
カナダも住んでみれば不都合が出て来ますね。
Commented by Marrrsan at 2016-04-03 02:57
●さむさん 夢のパラダイスとはいきませんね。いい所もあれば悪いところもある。世界どこに行ってもそうなんでしょうね。その中で比較的住みやすいところに住むそれが良いのかも。あるいは行ったり、来たりを繰り返す。