失敗は成功の、、、、、、??

d0000995_15231565.jpg


カナダのアパートはネットで探し、条件や部屋の状態を文章や写真そしてスカイプで見せてもらい、
なかなかいいアパートを格安で借りられたと狂喜しました。安い家賃に光熱費、インターネット代が込と言うのも魅力でした。アパートの周りの環境も素晴らしく、交通の便も良し。文句なしでした。

初めてオーナーに部屋を見せてもらい、びっくり。確かに写真で見た通り、スカイプ動画の通りでしたが、、、、、、、。
実際の部屋の大きさが写真やスカイプでは実感できず、やはりアパートの物件は実物を見ないと判断できないと思いました。

実際の部屋は日本の4畳半よりちょっと広い程度。天井は低く、アパートの部屋と言うより物置部屋?あるいはウォーキングクローゼット程度でした。バス、トイレは自分専用ですが部屋の外にありその廊下は共同通路!共同の冷蔵庫はもう一杯。

まさに貧乏学生が住むアパートと言った感じ。貧乏画家なので仕方ないのですが、さすがにこんなアパートにはとても長く住んではいられない気がしました。本当に狭く息苦しくなるような部屋です。それでついているのはA4紙3枚程度の窓!

近いうちに「日本人カナダ移住者アパートで窒息死」のニュースがヤフーニュースで話題になるかも。

[PR]
by Marrrsan | 2015-11-11 15:25 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/22491171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by genova1991 at 2015-11-11 18:18
うう~む、画面の二次元画像、動画と現実の三次元では、違いがあるのですね。
落ち着かれたらもう少し広くて、深呼吸のできるお部屋をお探し下さいませ。
あまり無理なさらず、スローペースでどうぞ!
Commented by Marrrsan at 2015-11-11 22:33
●genovaさん
とにかく、住むところを獲得しなくてはと思い広告にあった
光熱費、インターネット代込に強く惹かれ、写真の部屋も
良く見えたので、即決。やはり不動産は実物を見るのが大事と今さらながらおもいしらさえました。不動産さがし、経験あまりないので、、、、。