マサコさま参上

d0000995_17162435.jpg


霧の深い朝でした。その中をウォーキングしました。天気予報通りに気温は暖かで、霧のそのためでした。

さて、今日はマサコさまが来る日でした。何のためかって?
では話を先週の金曜日に戻して、「マサコさま登場」の続きから始めましょう。

マサコさまは長々とロンドンでの生活やジョージとの事、はたまたロンドンの日本人の知り合いの話を続けていました。まずジョージですが、彼は何とか仕事が見つかり、マサコさまのフラットからは出て行ったという事です。そして彼はロンドンの自分の家で暮らしているとの事。家がロンドンにあるならそこに始めから行けばいいものを、なんか複雑な理由があったようです。とにかく仕事が見つかるや自分の家に戻っていったようです。ジョージがマサコさまのフラットにいることで彼女はストレスを感じアレルギーの発症の原因の一つになったようです。さらにそこにさしてマサコさまと年齢的には変わらない友達がジョージの誕生祝いの会に現れてから、なんとなくジョージに近づいて行き、マサコさまがいるのに、それを無視して彼女はジョージに直接連絡しているという事を知り憤慨しました。それが更なるストレスとなり、彼女のアレルギーはさらに悪化。70歳を過ぎた女の同士の男の奪い合い??
マサコさまはジョージの事はもうただの知り合いと言う関係と言いながら、やはりこういうことになると穏やかな心境ではいられないようです。とにかく20年近く親しくしてきたので、彼女が死んだらジョージにほとんどの遺産をあげようと考えているらしいですね。私にも迷惑料として少し遺産をくれ~と言いたいけれど、いや下手にもらったら面倒そう。とにかく縁は切れてほうが楽。
とにかく長々とロンドンの出来事などが続き、私は「こんなことでわざわざ私に会うはずはない」と思っていました。
私がそろそろ失礼しますと言うと、マサコさまは甘えるような声で
「ちょっとお願いがあるのよね。」
キタ~~~と思いました。やっぱりね。初めからこれが目的だったのです。
私も薄々そう来るだろうとは思ってました。のこのこと何故私がマサコさまのお誘いに乗ったかと言うと
私もちょっと企みがあったのです。ただ単にマサコさまに利用されるのはもう、ごめんなのでマサコさまがそう出るなら、私はこう出ると交換条件を言いました。マサコさまはその条件を断れるはずもなく、一応承諾したのでした。
そして今日、マサコさまは私との交換条件を満たすためにやってきました。私もこの交換条件のためにマサコさまの要望に応えるつもりです。もう、タダではマサコさまには使われません!

[PR]
by Marrrsan | 2015-04-15 17:46 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/21712678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]