甘くて楽しい町?

d0000995_135241.jpg

昨日はおとなりの町、甘楽町へ行ってきました。 天気も予想よりは良く暖かでした。
ある名誉町民の方が寄付した絵画をもとに町で建設したギャラリーがあると言うのです。町営ギャラリーを建てられるとは大した町です。平成の大合併でも隣の世界遺産がある富岡市とは合併せず、独自の町づくりをしているらしく、財政が潤っている小さな町のようです。
そのギャラリーで町にただひとりの人間国宝の木工作家がいて、その展示と昨日は作家さんのギャラリートークとあるとのことを知りで行ってみました。その人間国宝の方ですが、なんと私と同い年!!見た目はお若い風貌の方でした。こんな若くて人間国宝になれるのですね。人間ごみの私とは段違い。
しかし、ギャラリーがあまりギャラリートークとかに慣れていないのかギャラリートークが行われるというロビーはは人で溢れ、あまり仕切りの良いトークではありませんでした。そして作家が作品のそばに行って説明するのですが人が全員は言ったら身動きできなくなるような感じになりました。どこかにきちんとして場所でやって欲しかったです。1時間以上も立ちっぱなしで聞くというトークでした。ご年配には辛いトークタイムでしたね。あとでフライヤーを見るとちゃんと映像展示室なる椅子もある、大きなスクリーンもある部屋があるではないですか!!そちらでスライドを使ってやって欲しかったですね。田舎なのであまり人が来ないと思っていたのでしょうか?
d0000995_13534437.jpg

d0000995_13541441.jpg

ま、ギャラリーはそんな感じだったのですがそれよりもギャラリーの外にある楽山園という織田氏が築いた陣屋や庭園が良かったです。近くにこんないい場所があるとは私はその日まで知りませんでした。サクラが丁度満開を過ぎた頃でしたがまだ十分毎回に近い感じで、とても雰囲気のいい所でした。そこまで行く道には桜並木が長く続き、昔風の建物もそこに立ち並び、風情のあるところでした。

[PR]
by Marrrsan | 2015-04-11 09:28 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/21703804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by genova1991 at 2015-04-12 14:48
質問!町の名前は何と読むのでしょうか?
かんらくまち?かんらまち?あまがくまち?かんがくちょう?
立ちっぱなしでお疲れさまでした。

↓ まさこさま、大変なのですね。笑い事じゃないようで、、、痛い苦しい痒いはつらいから(>_<)
Commented by Marrrsan at 2015-04-12 22:55
●genovaさん
甘楽町は「かんらまち」と読みます。甘楽町の中で小幡(おばた)と言う地域が織田家と関係があり、いろいろ歴史的なものがあったりします。毎年時代祭と言うのがあり武将の衣装で馬に乗り行列があり、有名人もゲストとして来るようです。

はい、マサコさま本当に大変だったし、今もちょっと大変の様。