早朝の散歩とbyについて

d0000995_108323.jpg

今まで夕方に散歩していたのを早朝に変えて1週間以上が経ちました。
寒い中をおきるのは大変だけれど、薄暗く冷えた空気の中を歩くのはある意味気持ちがいいものです。
歩き始めたころは6時はまさによるという感じでしたが、はや、薄明るくなり陽が延びてきたことを実感できます。
また歩くコースを夕方とはかなり変えていて、そんな新鮮さもあります。

さて、この「朝歩く」と言う習慣を思った時、むかし読んだ横溝正史のミステリー「夜歩く」と言うタイトルの小説を思い出しました。これを読んでいるときふと、アガサ・クリスティのある有名なポアロのでてくるミステリーを思い出しました。そうしたら、まさにこの「夜歩く」はアガサ・クリスティのミステリーのある部分のトリックをそのまま使っていることがわかりました。こんなことしていいのかとミステリーファンとしてはちょっと思いました。横溝正史がアガサ・クリスティのファンだったので敬意を表してそのトリックを使ったという事なのでしょうか?

d0000995_10182431.jpg

ここで話題にしたいのはその事ではなくて、実はタイトルの「夜歩く」という事についてです。
実はこのタイトルはジョン・ディクスン・カーのミステリーの日本語題にもなっています。カーの密室のミステリーは好きでよく読んでいました。この作品は偶然見つけ、横溝作品と同じ題名だと思いました。
20代半ばに、この小説を読んだのですが、この小説の表紙には英語のタイトルも書いてあり、
IT WALKS BY NIGHT となっていました。 私は普通に夜歩くだと WALK AT NIGHT だと思っていたので当時の私は違和感を覚えました。英語の前置詞に関してはいくつもの意味があったりして、学校で習うのはそのうちの基本的なものだけなので、当時の私にはこのBYの意味が辞書で調べるまでわかりませんでした。
さて皆さんはどうでしょうか?このBYとATの違が辞書を見ずにわかりますか?
[PR]
by Marrrsan | 2015-02-10 10:34 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/21545817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]