胃カメラ体験記

d0000995_1719951.jpg


今日ついに胃カメラを初体験しました。ネットで体験談を読むと、口からの胃カメラはかなり辛く、苦しいという
様なことが書かれてあって、もう絶対に胃カメラの検査などには行かないと決めていました。
調べると鼻から胃カメラを入れる経鼻内視鏡という方法もあると知り、これなら受けてもいいかなと少し心が
動きました。その体験談を読むとおおむね全然楽だったという事が書いてあり、これならと思うものの中には、
鼻血が出た、薬が苦かった、口からの方が楽だったというような意見も少ないですがあり、これは体験した人の個人的な意見でしかないと思うと、鼻からの胃カメラも躊躇してしまいました。
しかし、いろいろな人に聞くとやはり、鼻からはかなり楽なようなので、したくないけどやろうかと思い始め、近くの医院で鼻からの胃カメラをやっているところが無いか調べてみると、近くにあったので、さっそく電話して見たところ予約させられてしまいました。そうなると覚悟を決めました。

胃カメラのやり方もいろいろあるようで、体験談の話とは自分の体験とはすこし異なっていると思いました。
まず胃カメラのある部屋に通され、最初に胃の中をきれいにする薬を紙コップ一杯飲まされると体験談には書いてあるのですが、私は助手の方からスプーン一杯のシロップの様な薬をいただきました。それは甘くておいしかったです。それから横になり、鼻の中にシュッと血管を収縮させる薬をいれられました。あとあまり記憶にないのですが、麻酔の薬もいただいたのでしょうか?それが苦いと噂のある薬らしいですが、私は別ににがさはまったく感じませんでした。そして鼻の通りを試すチューブを左の鼻の穴に通され、先生を待ちました。このチューブはまったく入れられたことすら感じませんでした。ほかの人の話によるとこれを抜いてさらにちょっと太めの管を入れられ、そのあと胃カメラの管をいれると言っていた人もいたのですが、私の場合は先生が来る鼻にあるチューブを抜くと「では胃カメラのチューブを入れます」と言って即、胃カメラのチューブを鼻から入れてきました。喉を通るチューブの感覚はよくわかりました。ちょっと気持ちの悪くなる人もいるようですが、私は軽い違和感を感じるくらいでした。どんどん中に入って言っている気がしましたが、「今食道を通っています」と戦線が言いました。「えっ、まだ食道?」と私は思いました。気分的にはトウに胃に達していると思ってました。胃を通って十二指腸まで行きました。そして戻ってもう一度良く見て、町の検診で問題があると言われたこところを見るのですが、ちょっと見にくいところにあり、そこに到達するのに時間がかかりました。私はいい加減に終わってほしいと思いました。見たところ特に問題はないという事でしたが、念のためにサンプルを採取すると言われ、ドキッとしました。なぜなら鼻の管は細くてサンプルを取る機能がないので口からのカメラに変えるのかと思われたからでした。しかし、今は鼻からのカメラでもサンプルは取れるのでした。私は一安心。
しかし、サンプルも2か所とると言っていたのに、「もう一か所サンプル取ります」と言われ、早く抜いてほしいのに余分な時間がかかり、しかも3か所目は前の2か所より時間がかかり、私は腹に入れられた空気のせいか次第に苦しい感じになってきてとにかく早く終わらせてほしいと思ってました。
ようやくサンプル採取が終わり、チューブは気持ちの良いくらいするっと抜けました。
全体としては思っていたほどの苦痛はなく、楽と言えば楽でしたが、またやりたいかと言えばやりたくない検査だと思いました。
私は検査より検査後2時間くらいは胃の中にまだ胃カメラの管が入っていて動き回っているような感覚があり、その違和感が検査よりいやな気がしました。
とにかく検査も終わり、特に問題も無いようなので一安心です。

[PR]
by Marrrsan | 2014-10-16 17:52 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/21214124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]