いざこざ?

姉からの知らせでまた一悶着が売った土地に関して持ち上がったらしい。
もう、売ってしまったのだから関係ないだろうと私は思うのだが、そうもいかないような
感じらしい。
そもそもその土地は田んぼだったものを他人に貸して、その借主がそこに家を建てて、その家を
第3者に貸して貸し賃で儲けていたのです。しかし、借主が去り、ほかの借主を探していたのに
なかなか見つからず、ついにこの土地を返すという話になり、返してもらうことになりました。
返すからには契約で現状に戻すという事がうたわれてました。
それで借主は3,4年前に家を壊し、コンクリートの床も壊し、土をかけ現状に戻して返してもらいました(少なくともその時はそう思っていました)。そして返してもらっても使い道に困り土地を売りにだし、やっとの事
売ることができたです。そして土地の買主はそこに家を建てることにしたのです。

本日その作業をしていたのですが、土地を整地にする業者がなんと前の建物の土台の鉄筋コンクリートが
埋まったままだという事を発見したのです。これでは家を建てられないという事で、土地の持ち主の姉のところに電話が入ったという訳。
まったく前の土地の借主には怒り心頭です。現状に戻さなかったばかりに売ったあとになっても
土地の事で物事が片が付かない状態になってます。
誰か法律関係に詳しい人がいたらどうしたらいいのか教えてもらいたいですね。

[PR]
by Marrrsan | 2014-10-11 21:55 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/21199113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]