PC修理の顛末

昨日の留守電に修理を頼んであったPCがやっとメーカーの修理工場から電器店に戻ってきたので取りに来てくださいとの連絡が入りました。
昨日は上京していたので取りに行けなかったので、今日は尺八の練習の後で早速取りに行きました。

ハードディスクに入れてあったソフトやファイルなどはハードディスクをいじったので当然ですが一切消えていました。その話はしていたので仕方ないと思ったし、もともと大したソフトもファイルもなかったのでそれほど不便さは感じませんでした。ところがふとスクリーンの上についているWEBカメラを見て不安が。以前はカメラの眼にレンズらしきものがついていたのにそれがないのです。スカイプをダウンロードしてカメラをつけても何の映像も映りません。ノートパソコンのカバーにひびが入っているとかで、カバーも取り替えたらしくその時カメラをいじったらしく、それを取り除き再び取り付けなかったらしいのです。

早速電器店に苦情を入れました。電器店はでは済みませんがまた店の方へもってきてください。と!!
せっかく2週間かけて戻ってきたと思ったらまた修理に持っていく!
私は憤慨しましたが、仕方がないようなので明日持っていくと告げると電話を切りました。

しばらくすると電器屋から電話で、修理工場の方に連絡しましたのでそちらから折り返り電話がありますという知らせ。それからしばらくするとメーカーの修理工場から謝罪と修理人を直接私の家にお邪魔させますと知らせる
電話が来ました。その修理は無料でしますと恩着せがましい言い方。むしろこちらがお金をいただきたい。
[PR]
by Marrrsan | 2014-04-09 22:26 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/20560487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]