肌色吐息

d0000995_21224582.jpg


昨日の日記に色鉛筆画のクラスの事について書きましたが、知り合いの方から今では肌色という色はないと言われました。色にまで人種差別的な事が持ち込まれて、今では肌色とは言わず「うす橙色」なんていうんだそうです。知りませんでした。
人種問題ではうるさいアメリカでは今でも「うす橙色」の事をFleshと言いますけど、、、、、
いろいろな事で今は色の名前さえ変わるんですね。
だったら「赤」も「共産党員」という一時期あった悪いイメージの言葉も変えるべきでは?「うす緋色」とかね。
「黒」も黒星だとかあいつはクロだとかネガティブなイメージがあるのでやめるべき。「白の反対色」とかに??
[PR]
by Marrrsan | 2013-11-21 22:49 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/20007812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]