竹と風

d0000995_16412086.jpg


ネットで調べたら隣の市の公民館でも尺八愛好会の集まりが毎週あるのを発見。
わが町の尺八サークルにはちょっとというところもあり、そちらの愛好会の集まりに
顔を出してみることにしてみました。

まず行ってみて驚いたのはこちらの会では伝統的な琴古流の尺八独特の楽譜を
使っているという事でした。五線譜は全く使用していないようです。お経が書いてあるような
楽譜を見てこれは違うな~と言う感想を持ちました。
そして参加者が全員60代後半から70代と言った老人の会!

しかし、会の進んでいく様子を見ていると、こちらの会の方が授業のように師範と生徒の
対話のように進んで行き、細かいところを師範の先生がその都度説明しやって見せてくれて
分かりやすく初心者が入会するには良い感じでした。
わが街のは先生も2週間に1回程度集まりに来るだけで、あとは個人の練習。来ても次に行う
老人ホームなどでの曲の全員での練習ばかりです。私はまだそういう曲は吹けるところまで
行っていないので、まったく無視されている感じです。
五線譜を使っていると言うのはいいのです。また男女の比がほとんど同じと言うのもいいですね。

どちらのグループも一長一短がありますが、こちらにもちょっと通ってみようかと心が動きました。
[PR]
by Marrrsan | 2013-05-13 16:52 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/18750489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]