前回の写真

d0000995_21332557.jpg


前回の謎の黒いバッグの中身はこれでした。フルートです。
尺八をやっていて突然管楽器に興味が湧いて、いろいろな管楽器をみていたら、無性にフルートを吹いてみたいと思うようになりました。なんとなくフルートと言う楽器は興味があったのですが、あの見た目複雑そうなメカでできたキーを見ると、とても手におえるような楽器ではないと思い怖気づいていました。もともとメカには弱いタイプの私です。複雑そうなあのキーを見ただけで吹くとなったら尻込みします。

しかし、今回ネットでフルートについて調べていると、見た目ほどは難しくなさそうでした。そういえば中学校の頃ブラスバンドの子が確かフルートを吹いていました。
もう一つネックになったのはフルートと言うと値段が高いという事。安くても7,8万はする。ところがネットで1万円ちょっとの入門セットと言うのがあり、その値段なら手が届きそうと思いました。買った人のレビューを読むと初心者には十分な楽器みたいな事が書いてあり、それならと思うようになりました。しかし、それは商品のレビューで正確なフルートの評価ではありません。もっと詳しく調べるとほとんどの人がヤマハのエントリーレベルのフルートを推薦しています。外国ではと思いアメリカのサイトを調べると、アメリカ人はヤマハは良い製品としながらも値段を高くつけすぎているというコメントが多くありました。彼らは台湾製のジュピターと言うフルートを薦めていました。この会社の楽器はヤマハと同じくらいの製品を作っていて値段が安いと言う評価でした。
そんな時ネットで新品のヤマハのフルートがかなり安い値段で売られているのを見ました。セットでいろいろ役に立ちそうなものが付いてくるのです。この値段でヤマハのフルートが買えるならお得かもと思い、買おうと思いましたが、よく見るとEメカと言うものが付いていない機種だとわかりました。ではEメカがついているといくらなのだろうと思い調べてみるとやはり1万5千円くらい高いようでした。Eメカと言うのは普通のフルートでは出にくい「ミ」の音を出しやすくするためについているという。
ここで少しでも安い物を買うか、少し高くても演奏が簡単にできる方を買うかで悩んでしまいました。その意見をネットで調べると1長1短あるようです。でも初心者にはやはり演奏しやすいほうがいいと言う結論に賛同してちょっと値が張りましたがついに買ってしまいました。
フルートも尺八と同じようにリードがないので音を出すのは割と難しい楽器です。私は尺八もしているのでこの点は割と楽にクリヤーしました。(まだまともな音ではありませんが)しかしこれからやっていくのにはやはり独学より誰かに習った方がいいようなので、近所のフルート教室を探して、そこでしばらく習おうかと思っています。
d0000995_21574072.jpg


久しぶりにカップリング機能を使い尺八とフルートの二重奏をやっている風の写真を撮ってみました。
[PR]
by Marrrsan | 2013-04-12 22:00 | ・私的周辺雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://marrrsan.exblog.jp/tb/18529577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]